Movie Walker Top > 映画ランキング > 日本映画興行成績ランキング

1位の映画

先週1位

星4つ
STAND BY ME ドラえもん

STAND BY ME ドラえもん

藤子・F・不二雄が生んだ国民的ヒーローである未来からやってきたネコ型ロボット、ドラえもん。そんなドラえもんと小学生ののび太や仲間たちとの日常が初めて3DCGで描かれる劇場版。ドラえもんとのび太との出会いから別れまでがつづられる。『永遠の0』の山崎貴と『フレンズ もののけ島のナキ』の八木竜一が監督を務める。

2位の映画

初登場

星3つ
ホットロード

ホットロード

80年代に「別冊マーガレット」に連載され、人気を博した紡木たくの同名少女コミックを能年玲奈主演で実写映画化した青春ドラマ。不幸な生い立ちから、行き場を失った少女が暴走族の少年と出会い、恋に落ちる姿がつづられる。三代目J Soul Brothersの登坂広臣がヒロインの相手役・春山を演じ、映画初出演を果たす。

3位の映画

先週2位

星4つ
るろうに剣心 京都大火編

るろうに剣心 京都大火編

週刊少年ジャンプに連載され、後にテレビアニメにもなった和月伸宏の同名コミックを佐藤健主演で実写映画化し、大ヒットを記録したアクション作の続編となる2部作の前編。原作ファンの間でも人気の高い「京都編」を基に、日本制圧を目論む新たな敵に、かつて“人斬り抜刀斎”と呼ばれ恐れられた男、緋村剣心が立ち向かう。

4

先週3位

星3つ
トランスフォーマー ロストエイジ

トランスフォーマー ロストエイジ

日本のおもちゃをモチーフに、様々な姿・形に変形できる金属生命体トランスフォーマーの活躍を描くSFアクションのシリーズ第4弾。恐竜のような新たな形態に変身できるトランスフォーマーも登場する。アクション作に定評のあるマイケル・ベイが前3作に引き続きメガホンを握り、『テッド』のマーク・ウォールバーグが主演を務める。

5

先週4位

星4つ
マレフィセント

マレフィセント

不朽の名作「眠れる森の美女」に登場し、オーロラ姫に永遠の眠りの呪いをかける邪悪な妖精マレフィセント。彼女の視点から物語が描かれ、その知られざるエピソードがつづられるファンタジー。アンジェリーナ・ジョリーがアニメの中から出てきたかのようなマレフィセントに扮し、魅力的な悪役を熱演する。

6

先週5位

星4つ
思い出のマーニー

思い出のマーニー

イギリス人作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学を、スタジオジブリが舞台を北海道に移してアニメ映画化したファンタジー。海辺の村に住む夫婦に預けられた少女・杏奈と、不思議な雰囲気を持つ同い年の少女マーニーとの交流が描かれる。監督は『借りぐらしのアリエッティ』の米林宏昌。

7

先週7位

星4つ
GODZILLA ゴジラ

GODZILLA ゴジラ

日本が世界に誇る怪獣映画のビッグネーム、ゴジラの『ゴジラ FINAL WARS』以来10年ぶりの復活作で、巨大怪獣ゴジラの出現に翻弄される人々の姿を描くパニック・アクション。地球に飛来した未知の生命体の恐怖を描いた『モンスターズ 地球外生命体』のギャレス・エドワーズが監督を、アーロン・テイラー=ジョンソンが主演を務める。

8

先週6位

星3つ
ポケモン・ザ・ムービーXY 破壊の繭とディアンシー

ポケモン・ザ・ムービーXY 破壊の繭とディアンシー

ゲームボーイの人気ゲームを基に、ポケモンと呼ばれるモンスターを育成し、旅をつづける少年たちの冒険を描くファンタジーアニメ。その第17弾は、新シリーズ“XY”の初の劇場版。“生命のポケモン”ゼルネアスと“破壊のポケモン”イベルタルとの戦いが繰り広げられる。三田佳子、中川翔子、足立梨花らが声優としてゲスト出演する。

9

先週9位

星2つ
劇場版 仮面ライダー鎧武(ガイム) サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!

劇場版 仮面ライダー鎧武(ガイム) サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!

フルーツ、錠前、鎧武者という3つのモチーフと、ユニークな変身方法などで人気の平成仮面ライダーシリーズ第15作「仮面ライダー鎧武」の劇場版。沢芽市を巻き込んだ巨大な陰謀劇と“黄金の果実”をめぐる戦いが展開する。片岡愛之助が新ライダー、マルス役でゲスト出演を果たすほか、サッカーとのコラボも実現。

10

先週8位

星4つ
宇宙兄弟#0

宇宙兄弟#0

宇宙飛行士を目指す兄弟の姿を描き、テレビアニメや実写映画にもなった、小山宙哉原作の人気コミックのエピソード0にあたる物語をアニメ映画化。宇宙飛行士になる夢を抱きながら自動車会社に勤める兄と、彼より一足早く宇宙飛行士になった弟が抱える悩みや、彼らに多大な影響を与える宇宙飛行士のジェイ兄弟との交流を描き出す。

『STAND BY ME ドラえもん』V2!新作『ホットロード』は2位にランクイン

『ドラえもん』シリーズ初の3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』が2週連続で首位を獲得。土日2日間の成績は動員50万2607人、興収7億161万9400円をあげ、前週動員比90.6%で好推移。累計動員244万人、累計興収32億円を突破した。2位に不朽の名作コミックを実写映画化した『ホットロード』がランクイン。全国302スクリーンで公開され、土日2日間で動員28万4367人、興収3億8924万2000円をあげた。3位の『るろうに剣心 京都大火編』は土日2日間で動員26万3972人、興収3億6118万6200円をあげ、累計興収31億円を突破した。惜しくもTOP10入りを逃したものの、『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』が13位に。4人組バンド、SEKAI NO OWARIの世界観を、フランス人映像作家ラファエル・フリードマンがファンタジックに表現する音楽ドキュメンタリー。

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
iPhoneアプリ「ムービーウォーカー」
メールマガジン:週刊MovieWalker

映画上映スケジュールが無料で探せるiPhoneアプリ
»詳しくはこちら

Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > 映画ランキング > 日本映画興行成績ランキング

ムービーウォーカー 上へ戻る