映画-Movie Walker > 映画ランキング > 日本映画興行成績ランキング

1位の映画

初登場

星4つ
エイリアン:コヴェナント

エイリアン:コヴェナント

『エイリアン』シリーズの原点を描く、リドリー・スコット監督によるSFドラマ。人類移住計画により未知なる星にたどり着いた宇宙船コヴェナント号の乗組員たちを襲う謎の生物の恐怖を描く。前作『プロメテウス』に引き続き、マイケル・ファスベンダーが乗組員たちをサポートするアンドロイド役で出演する。

2位の映画

先週1位

星4つ
ダンケルク

ダンケルク

第二次世界大戦中の1940年、フランス・ダンケルクの海岸でドイツ軍に包囲されたイギリス、フランス軍の兵士約40万人を860隻の船舶で救出した、史上最大の救出作戦を映画化したサスペンス。トム・ハーディやマーク・ライランスら名優を迎え、クリストファー・ノーラン監督が初めて実話の映画化に挑んだ意欲作。

3位の映画

先週2位

星3つ
三度目の殺人

三度目の殺人

主演・福山雅治&監督・是枝裕和という『そして父になる』のコンビが再びタッグを組んだサスペンス。裁判で勝つためなら真実は二の次と割り切っていた弁護士が、担当した殺人事件の闇にはまっていく姿を描く。得体の知れない不気味な容疑者を役所広司、事件の鍵を握る被害者の娘を広瀬すずが演じる。

4

先週3位

星3つ
関ヶ原

関ヶ原

戦国史上最大の合戦である関ヶ原の戦いを描いた司馬遼太郎のベストセラー小説を岡田准一、役所広司ら実力派俳優の共演で映画化した時代劇。正義で世の中を変えようとする石田三成や、天下取りの野望を抱く徳川家康ら、武将たちそれぞれの思惑がつづられる。監督は人間ドラマの描写に定評のある原田眞人。

5

先週4位

星3つ
怪盗グルーのミニオン大脱走

怪盗グルーのミニオン大脱走

ちょっと意地悪な怪盗グルーとバナナが大好物の謎の生命体ミニオンたちが繰り広げる騒動を描く人気シリーズの第3弾。悪党を取り逃がしてしまったグルーの前に突然現れた双子の兄ドルーとの関係、いつの時代も最強のボスに仕えてきたミニオンたちが新たなボスを探す旅といったユニークな物語がつづられる。

6

初登場

星3つ
奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

『モテキ』の大根仁監督が、奥田民生に憧れる30代なかばの雑誌編集者と、思わせぶりなファッションブランド美人広報との恋模様を描くラブ・コメディ。妻夫木聡がうだつの上がらない編集者をコミカルに、水原希子がヒロインをキュートに演じる。「愛のために」「マシマロ」など奥田民生の往年のヒットナンバーが物語を盛り上げる。

7

先週7位

星4つ
君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

“泣ける小説”として人気を博した住野よるのベストセラー小説を映画化。膵臓の病を患う少女と、彼女の言葉を胸に後に教師となる少年の物語がつづられる。浜辺美波と人気バンド、DISH//の北村匠海というフレッシュなキャストに加え、原作にはない12年後の現在を描くパートでは主人公を小栗旬、ヒロインの親友を北川景子が演じる。

8

初登場

星3つ
交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1

少年レントンが謎の少女エウレカと出会い、世界を知る旅に出る姿を描き、映画化もされるなど人気を博したテレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」。同作を新たに3部作で劇場映画化したその第1弾。テレビ版では描かれなかった物語のきっかけである「ファースト・サマー・オブ・ラブ」が映像化されるほか、新たな物語がつづられる。

9

先週5位

星4つ
ワンダーウーマン

ワンダーウーマン

DCコミックの人気キャラクターで、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で華々しいデビューを飾ったワンダーウーマン。彼女がひとりの戦士として成長していくさまを描くSFアクション。ミス・イスラエルにも選ばれた経験を持つガル・ギャドットが『バットマン〜』に引き続き主人公を演じ、激しいアクションも披露する。

10

先週8位

星2つ
打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

岩井俊二による人気テレビドラマを、『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之が総監督を、『モテキ』の大根仁が脚本を担当し、新たにアニメ映画化した青春ファンタジー。転校してしまう同級生を助けようと、何度も夏の一日を繰り返す少年の物語がつづられる。少年の声を菅田将暉、ヒロインの声を広瀬すずが演じる。

『エイリアン:コヴェナント』が堂々の1位!他邦画新作2本が初登場

今週の映画動員ランキングは『エイリアン:コヴェナント』が、土日2日間で動員13万8300人、興収1億9400万円をあげ初登場1位を飾った。「エイリアン」を生み出したリドリー・スコットが自らメガホンをとり、第1作の20年前を舞台にエイリアン誕生の秘密を解き明かす。出演はキャサリン・ウォーターストン、マイケル・ファスベンダーら。先週初登場1位でスタートを切った『ダンケルク』は、土日2日間で動員13万8200人、興収2億500万円をあげて2位に。しかしながら興収では『エイリアン:コヴェナント』を抜いて第1位と、2週目に入っても順調な興行を続けている。3位から5位は、先週の2位から4位の『三度目の殺人』、『関ヶ原』、『怪盗グルーのミニオン大脱走』がそのままスライド。『関ヶ原』は18日までの累計興収で19億円、『怪盗グルー』は70億円を突破している。新作『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』が、土日2日間で動員5万2000人、興収7500万円をあげて6位のスタート。渋谷直角のコミックを大根仁監督が実写映画化したラブコメディ。奥田民生を崇拝する雑誌編集者を妻夫木聡が、彼が一目ぼれする美女を水原希子が演じる。ほか新作では、2005年に放送されたロボットアニメの劇場版第1部『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』が8位にランクインした。

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画ランキング > 日本映画興行成績ランキング

ムービーウォーカー 上へ戻る