映画-Movie Walker > 映画ランキング > 日本映画興行成績ランキング

1位の映画

初登場

星4つ
本能寺ホテル

本能寺ホテル

『プリンセス トヨトミ』のキャスト&スタッフが京都を舞台に描く歴史ミステリー。不思議なエレベーターに乗って、戦国時代に迷い込んだヒロインが、“本能寺の変”前日の織田信長と知り合い、歴史の謎に迫っていく姿がつづられる。綾瀬はるかが奇想天外な出来事に遭遇するヒロインを、堤真一が織田信長を演じる。

2位の映画

先週3位

星4つ
君の名は。

君の名は。

精緻な風景描写と繊細な言葉遣いなど、独自の世界観で国内外で高い評価を受ける、新海誠監督によるファンタジーアニメ。田舎町で暮らす女子高生と東京で暮らす男子高生が、心と身体が入れ替わる不思議な体験を通して成長していく姿を描く。『心が叫びたがってるんだ。』の田中将賀がキャラクターデザインを務める。

3位の映画

先週2位

星4つ
バイオハザード:ザ・ファイナル

バイオハザード:ザ・ファイナル

人気ゲームをミラ・ジョヴォヴィッチ主演で映画化した人気アクション・ホラーのシリーズ第6弾。ミラ演じるアリスと、人間をアンデッド化するT-ウィルスを開発したアンブレラ社との最後の戦いが描かれる。ローラがアリスとともに戦う女戦士コバルト役で出演するほか、シリーズ2作でクレアを演じたアリ・ラーターも出演する。

4

初登場

星3つ
劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージfromスーパー戦隊

劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージfromスーパー戦隊

2016年に通算40作、2000回放送を迎えたスーパー戦隊シリーズ。その40代目にあたる動物戦隊ジュウオウジャーと39代目の手裏剣戦隊ニンニンジャーが共演する特撮アクション。両者の争いによってスーパー戦隊の歴史に終止符が打たれるのを阻止しようと、歴代のスーパー戦隊が登場。41代目の宇宙戦隊キュウレンジャーもスクリーンデビューする。

5

先週1位

星2つ
映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!

映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!

妖怪の姿が見える不思議な時計“妖怪ウォッチ”を手に入れた小学生ケータが、個性豊かな妖怪たちとのふれあいを通して成長していく姿を描く、人気ゲームが原作のTVアニメの劇場版第3弾。シリーズ初の試みとして、妖怪たちが跋扈する世界を実写化。アニメと実写という2つの世界を行き来する大冒険が繰り広げられる。

6

先週4位

星4つ
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』へと続く物語が描かれる、人気シリーズのスピンオフ作。帝国軍の究極兵器、デス・スターの設計図奪取に挑む無法者集団、ローグ・ワンの活躍を描く。女戦士ジンをフェリシティ・ジョーンズが演じるほか、ドニー・イェン、フォレスト・ウィテカーら個性豊かな俳優たちがその仲間に扮する。

7

先週5位

星4つ
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

『ハリー・ポッター』シリーズのJ.K.ローリングが原作・脚本を手がけるファンタジー。ホグワーツ魔法魔術学校で学び、魔法使いになった魔法動物好きの青年スキャマンダーが、NYで逃してしまった魔法動物を捜そうと大冒険を繰り広げる。『リリーのすべて』のエディ・レッドメインが主人公のスキャマンダーを演じる。

8

先週10位

星5つ
この世界の片隅に

この世界の片隅に

第2次大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きていく女性すずの日常を描いた、こうの史代の同名漫画をアニメ映画化した人間ドラマ。『マイマイ新子と千年の魔法』で評判を呼んだ片渕須直監督が、徹底した原作追及、資料探求などを重ね、すずの生きた世界をリアルに描く。主人公の声をのんが演じる。

9

先週8位

星4つ
ぼくは明日、昨日のきみとデートする

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

七月隆文のベストセラー小説を福士蒼汰&小松菜奈の主演で映画化したせつないラブストーリー。京都を舞台に、運命的な出会いをした男女に隠された秘密が次第に明らかになっていくさまがつづられる。『ホットロード』『アオハライド』など数々の青春ラブストーリーを手がけてきた三木孝浩が監督を務める。

10

先週6位

星4つ
海賊とよばれた男

海賊とよばれた男

明治、大正、昭和という激動の時代を舞台に、大胆な発想や行動力で大事業を成し遂げていく男の姿を描いた、実話がベースの百田尚樹の小説を岡田准一主演で映画化した人間ドラマ。『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの山崎貴監督が、VFXを駆使した映像で、それぞれの時代をリアルに映し出し、物語を盛り上げる。

『本能寺ホテル』が初登場首位を獲得!『君の名は。』がIMAX効果で2位に浮上

『本能寺ホテル』が土日2日間で動員16万7200人、興収2億500万円をあげ、堂々の初登場首位を飾った。パソコンと携帯によるWEB初日アンケートによると、50・40代の歴史に興味のある層を中心に集客しており、息の長い興行が見込まれている。2位には先週3位の『君の名は。』が土日2日間で動員12万5000人、興収1億7000万円をあげ、先週からさらにランクアップ。昨年末には6位まで順位を落としていたが、お正月興行で飛躍的な伸びを見せ3位まで浮上、今週末IMAXバージョンの公開をもって21週目にして2位という驚異的な興行を続けている。1月15日までの累計興収は232億2500万円を突破。『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージfromスーパー戦隊』が初登場4位にランクイン。通算40作到達・2000回放送という、Wアニバーサリーを迎えたスーパー戦隊シリーズの最新作として、まずまずのスタートを切った。1月10日に発表された、2016年第90回キネマ旬報ベスト・テンで、日本映画部門1位を受賞した『この世界の片隅に』が、先週から2つ順位を上げ8位にランクイン。同映画賞でアニメ作品が選ばれるのは1988年に公開された『となりのトトロ』以来28年ぶりという快挙だ。本日発表された日本アカデミー賞においても、『君の名は。』とともに優秀アニメーション作品賞を受賞しており、この勢いに乗ってどこまで成績を伸ばしていけるのか注目だ。

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画ランキング > 日本映画興行成績ランキング

ムービーウォーカー 上へ戻る