Movie Walker Top > 映画ランキング > 日本映画興行成績ランキング

1位の映画

初登場

星4つ
ファインディング・ドリー

ファインディング・ドリー

カクレクマノミのニモと愉快な仲間たちによる冒険を描いた『ファインディング・ニモ』の続編。前作から1年後の世界を舞台に、なんでもすぐに忘れてしまうドリーが唯一忘れなかった大事な家族を捜すため、壮大な冒険の旅に出る。ニモとマーリンの親子やカメのクラッシュといったおなじみのキャラクターももちろん登場する。

2位の映画

初登場

HiGH&LOW THE MOVIE

HiGH&LOW THE MOVIE

ならず者たちが激しい抗争を繰り広げる“SWORD地区”を舞台に、彼らの友情や絆を描いたハードな青春アクション。勢力争いを展開する5つのグループと、かつての支配者による血で血を洗う戦いが始まる。AKIRAやTAKAHIROらEXILE TRIBEのメンバーに加え、窪田正孝、小泉今日子、BIGBANGのV.Iなどバラエティに富んだ共演陣にも注目。

3位の映画

初登場

ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ

ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ

人気ゲームを基に、ポケモンと呼ばれるモンスターを育成し、旅を続ける少年たちの冒険を描くファンタジーアニメの劇場版第19作。未知なる力を宿す人造ポケモン・マギアナを巡って、その力を悪用しようとする者たちと、仲間を取り戻そうとするポケモン・ボルケニオンや不思議な鎖でつながれてしまったサトシたちとの戦いが始まる。

4

先週1位

星3つ
インデペンデンス・デイ:リサージェンス

インデペンデンス・デイ:リサージェンス

人類と地球に襲来した異星人との戦いを圧倒的なスペクタクル描写で描き、世界中で大ヒットを記録したSFパニック作の20年ぶりとなる続編。人類を滅ぼすために再度襲来した異星人と人類との戦いが幕を開ける。前作に引き続きローランド・エメリッヒがメガホンをとるほか、ジェフ・ゴールドブラム、ビル・プルマンら前作のキャストも出演。

5

先週2位

星4つ
アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

「不思議の国のアリス」のその後を描き、大ヒットを記録した『アリス・イン・ワンダーランド』のシリーズ第2弾。悲しい過去に心を奪われたマッドハッターを救うため、時間をさかのぼるアリスの冒険がつづられる。ジョニー・デップやミア・ワシコウスカらに加え、“時間の番人”タイム役でサシャ・バロン・コーエンが新たに登場。

6

先週3位

星4つ
TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ

宮藤官九郎監督・脚本による爆笑コメディ。若くしてこの世を去った高校生が、片思い中の女の子にもう一度会って告白するという願いを叶えるために、赤鬼との過酷な特訓に挑む姿を描く。神木隆之介が不幸な高校生の主人公を演じるほか、長瀬智也や桐谷健太、清野菜名らが奇想天外なメイクで鬼役をユニークに演じる。

7

先週5位

それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ

それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ

やなせたかし原作による人気テレビアニメの劇場版28作目で、全国のアンパンマンこどもミュージアムのミュージカルショーでも使用されている楽曲「勇気のルンダ」をモチーフにした物語。いろいろなものをおもちゃに変えられるおもちゃスティックを失くしてしまった、おもちゃの星のお姫様ルンダによる騒動が描かれる。波瑠がルンダの声を演じる。

8

先週6位

星4つ
植物図鑑 運命の恋、ひろいました

植物図鑑 運命の恋、ひろいました

「図書館戦争」「阪急電車」など数々の作品が映像化されている有川浩の人気小説を、EXILE/三代目J Soul Brothersのパフォーマーである岩田剛典と高畑充希の主演で映画化したラブストーリー。突然現れた謎の青年と同居する事になった少女の恋の行方が描かれる。メガホンを握るのはテレビのバラエティ番組なども手掛ける三木康一郎。

9

先週7位

星4つ
貞子vs伽椰子

貞子vs伽椰子

Jホラーブームを牽引した『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子という、最恐ヒロインの共演が実現した驚愕のホラー。“呪いのビデオ”や“呪いの家”に関わってしまった人々や、怨霊を滅ぼそうとする霊能力者の戦いが描かれる。『ノロイ』などホラー映画を得意とする白石晃士が監督を務める。

10

先週8位

星4つ
64-ロクヨン- 後編

64-ロクヨン- 後編

横山秀夫のベストセラーを前後編の2部作として映画化したミステリーの後編。わずか7日間しかなかった昭和64年に発生し、未解決となっている少女誘拐殺人事件の解明に挑む刑事と、彼を取り巻く人々のドラマが描かれる。佐藤浩市が事件解決に挑む刑事の三上を演じるほか、対立する記者に瑛太など、ベテランから若手まで実力派が勢ぞろいした力作。

大作公開ラッシュは『ドリー』に軍配、トップ3に新作ランクイン

2003年に公開された『ファインディング・ニモ』の続編で、ニモ親子の親友でナンヨウハギのドリーを主人公にした『ファインディング・ドリー』が、土日2日間で動員57万1000人、興収7億4556万円をあげ、初登場首位を獲得。ドリーやニモをイメージしたコーディネートの若い女性やキャラクターのぬいぐるみを持った子供たちが劇場に多く駆け付け、今年公開の洋画ではNo.1のヒットスタートとなった。EXLIE TRIBEの総合エンタテインメントプロジェクト『HiGH&LOW THE MOVIE』が、土日2日間で動員34万9000人、4億7900万円を記録し、2位にランクイン。2015年10月からシーズン1、2016年4月からシーズン2が放送されたテレビドラマの劇場版となる。アニメ「ポケットモンスター」の劇場版19作目『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ』が、土日2日間で動員28万9971人、興収3億2390万円をあげ、3位にランクイン。テレビアニメのファンから根強い人気を誇っているが、鑑賞後の満足度も94・6%と昨年の数値を上回っている。

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
iPhoneアプリ「ムービーウォーカー」
メールマガジン:週刊MovieWalker

映画上映スケジュールが無料で探せるiPhoneアプリ
»詳しくはこちら

Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > 映画ランキング > 日本映画興行成績ランキング

ムービーウォーカー 上へ戻る