Movie Walker Top > 映画ランキング > 日本映画興行成績ランキング

1位の映画

先週1位

星4つ
シンデレラ

シンデレラ

ガラスの靴やカボチャの馬車といったアイテムなどで知られ、魔法の力で運命の人と結ばれるヒロインの姿を描く、ディズニーの不朽の名作を基にしたラブストーリー。新鋭リリー・ジェームズが自らの勇気とやさしさで奇跡を巻き起こすヒロインのエラを演じるほか、継母役のケイト・ブランシェットなど実力派が脇を固める。

2位の映画

初登場

星4つ
イニシエーション・ラブ

イニシエーション・ラブ

純粋なラブストーリーが最後の最後で驚愕のミステリーへと変貌する衝撃的なストーリーが口コミで話題となった乾くるみの同名小説を、松田翔太&前田敦子主演で映画化。1980年代後半の静岡と東京を舞台に、合コンで出会った大学生の青年と歯科助手の女性の愛がやがて崩壊していくさまをつづる。監督は幅広いジャンルを手がける堤幸彦。

3位の映画

先週2位

星4つ
映画 ビリギャル

映画 ビリギャル

学年ビリのギャルがたった1年で偏差値を40も上げて慶應大学に現役合格した実話をつづり、ベストセラーとなった書籍を『ストロボ・エッジ』の有村架純主演で映画化した青春ストーリー。素行不良で何度も停学を経験したヒロインが塾の講師と運命的な出会いを果たし、仲間に支えられながら、慶應大学合格という大きな目標に挑む姿が描かれる。

4

初登場

星4つ
メイズ・ランナー

メイズ・ランナー

朝から夜が訪れるまでという限られた時間の中で、複雑な構造の巨大迷路の謎を解き明かし、元の世界へ戻ろうと奮闘する者たちの姿を描くサバイバルアクション。全米で160万部以上を売り上げるなど人気を誇った小説を映画化したもので、ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラリオといった若手注目株が多数顔を揃える。

5

先週3位

星4つ
駆込み女と駆出し男

駆込み女と駆出し男

井上ひさしの時代小説を原案にした、江戸時代の離婚事情をつづる、大泉洋主演のコミカルな時代劇。幕府公認の駆込み寺・東慶寺にある御用宿で離婚を懇願する女たちから聞き取り調査を行う男たちと、さまざまな事情を抱えた女たちとのユニークなやりとりが描かれる。戸田恵梨香や満島ひかりが“駆込み女”を演じる。

6

先週4位

星4つ
名探偵コナン 業火の向日葵

名探偵コナン 業火の向日葵

青山剛昌の大人気コミックを原作に、少年探偵・江戸川コナンの活躍を描いた劇場版アニメシリーズ第19作。巨大宝石しか狙わないはずの怪盗キッドから届いたゴッホの名画「ひまわり」の犯行予告を巡って、コナンらを巻き込んだ騒動が繰り広げられる。シリーズ第17作『〜絶海の探偵(プライベート・アイ)』の静野孔文が監督を務める。

7

先週5位

星4つ
映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃

映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語〜サボテン大襲撃〜

5歳の幼稚園児、しんのすけが巻き起こす騒動を描き、幅広い層から支持を受ける臼井儀人のコミックを基にした人気アニメの劇場版第23作。父・ひろしの転勤で長年住みなれた春日部からメキシコへ引越すことになった野原一家の面々に降りかかるトラブルが描かれる。人気デュオ、ゆずが主題歌を担当する。

8

初登場

星4つ
チャッピー

チャッピー

『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督が、自身の出身地である南アフリカのヨハネスブルグを舞台に描くSFアクション。見聞きしたものを吸収し、驚くべきスピードで成長していく人工知能を搭載されたロボット、チャッピーがたどる運命を描く。ブロムカンプ監督がかつて発表した短編が基になっている。

9

先週7位

星4つ
脳内ポイズンベリー

脳内ポイズンベリー

水城せとなの少女コミックを真木よう子主演で映画化したラブコメディ。7つ歳下の男と恋に落ちて戸惑う30歳のヒロインの実像と、彼女の頭の中で“ポジティブ”“ネガティブ”“理性”“衝動”“記憶”という擬人化された5つの思考が脳内会議を繰り広げるさまがつづられる。歳下の彼氏を演じるのは若手注目株の古川雄輝。

10

先週6位

星4つ
ワイルド・スピード SKY MISSION

ワイルド・スピード SKY MISSION

高級車ばかりを狙う男たちの活躍を描く、ヴィン・ディーゼル&ポール・ウォーカー主演の人気アクションシリーズ第7弾。東京、アブダビ、ロサンゼルスと世界を舞台に、国際犯罪組織のボスだった弟を殺され復讐に燃える男とドミニクたちとの戦いが繰り広げられる。空中からのカー・ダイブを初めとした超絶アクションが満載。

『シンデレラ』V5&『イニシエーション・ラブ』など3作品がトップ10入り

公開5週目に突入した『シンデレラ』が首位をキープ。累計動員は356万人、累計興収は45億円を突破し、この勢いがどこまで続くか注目される。最後の2行でのどんでん返しが評判となり、ベストセラーとなった乾くるみの原作小説を松田翔太×前田敦子主演で映画化した『イニシエーション・ラブ』は2位に初登場。全国281スクリーンで公開され、土日2日間で動員14万2617人、興収2億158万7600円をあげた。謎の巨大迷路に閉じ込められた若者たちが脱出をかけてサバイバルを繰り広げるサスペンススリラー『メイズ・ランナー』は4位に初登場。全国344スクリーンで公開され、土日2日間で動員10万5819人、興収1億4926万6700円をあげた。8位に初登場した『チャッピー』は全国267スクリーンで公開。土日2日間で動員5万8574人、興収8354万9400円をあげている。

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
iPhoneアプリ「ムービーウォーカー」
メールマガジン:週刊MovieWalker

映画上映スケジュールが無料で探せるiPhoneアプリ
»詳しくはこちら

Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > 映画ランキング > 日本映画興行成績ランキング

ムービーウォーカー 上へ戻る