映画-Movie Walker > 映画ランキング > 日本映画興行成績ランキング

1位の映画

初登場

星4つ
美女と野獣

美女と野獣

絶大な人気を誇るディズニーのアニメ作品をエマ・ワトソン主演で実写映画化したラブストーリー。呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった王子と、彼の前に現れた娘の運命を描く。『ドリームガールズ』のビル・コンドン監督が、壮大な世界観を見事に映像化し、アニメ版同様に歌あり、踊りありのミュージカル調の物語に仕立てている。

2位の映画

先週1位

星4つ
名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)

名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)

青山剛昌の大人気コミックを原作に、少年探偵・江戸川コナンの活躍を描く劇場版アニメシリーズ第21作。コナンと西の名探偵・服部平次が大阪のテレビ局での爆破事件と京都で起きた殺人事件の謎を解決すべく、奮闘する姿がつづられる。平次の婚約者を語る新キャラクター、大岡紅葉が初登場する。

3位の映画

先週2位

星4つ
映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ

映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ

5歳の幼稚園児、しんのすけが巻き起こす騒動を描き、幅広い層から支持を受ける臼井儀人のコミックを基にした人気アニメの劇場版第25作。突然襲来した宇宙人によって子供の姿にされてしまったひろしとみさえを助けようとする、しんのすけの冒険が描かれる。同作の大ファンだという志田未来が本人役で出演する。

4

初登場

星4つ
3月のライオン 後編

3月のライオン 後編

羽海野チカの人気コミックを、『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が、神木隆之介主演で実写映画化した2部作の後編。孤独な青年棋士が三姉妹との出会いを通して成長していく姿を描く。主人公を癒す三姉妹を倉科カナ、清原果耶、新津ちせが演じ、ライバルの二海堂を特殊メイクによってまるで別人に変身した染谷将太が熱演する。

5

先週3位

星4つ
SING/シング

SING/シング

動物だけが暮らす、人間世界と似た世界を舞台に、取り壊し寸前の劇場が企てた世界最高の歌のオーディションに参加しようとする、ワケありな動物たちが繰り広げる騒動を描くアニメ。劇場支配人のバスター役のマシュー・マコノヒーをはじめ人気俳優が声優を務め、レディー・ガガやザ・ビートルズらの大ヒットナンバーが60曲以上も登場する。

6

先週4位

星4つ
モアナと伝説の海

モアナと伝説の海

南の島で育ち、“海に選ばれた少女”モアナの冒険を描く、ディズニー・アニメーションによる神秘的なストーリー。『リトル・マーメイド』や『アラジン』といったヒット作を送り出してきたロン・クレメンツ&ジョン・マスカーが監督を務め、命を吹き込まれたかのような海を描く映像美と、ミュージカルナンバーで物語を盛り上げる。

7

初登場

星3つ
バーニング・オーシャン

バーニング・オーシャン

2010年4月、メキシコ湾で作業中だったBP社の石油掘削施設ディープウォーター・ホライゾンで起こった大事故を映画化したスペクタクルドラマ。施設内に閉じ込められた作業員たちの決死の脱出、救出活動の行方が描かれる。命の危険を顧みずに救出作業に挑む主人公マイクをマーク・ウォールバーグが演じる。

8

先週5位

星4つ
ゴースト・イン・ザ・シェル

ゴースト・イン・ザ・シェル

押井守監督などによってアニメ化されてきた士郎正宗の人気コミックを、スカーレット・ヨハンソン主演でハリウッドで実写映画化したSFアクション。近未来を舞台に、脳以外は全身義体化された最強の戦士、少佐がサイバーテロ組織との戦いを通して、自分が何者なのかを探ろうとする姿を描く。少佐の上司、荒巻をビートたけしが演じる。

9

先週6位

星3つ
映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

子供からお年寄りまで幅広い層から支持される国民的人気アニメ「ドラえもん」の劇場版第37作。不思議な腕輪に導かれるように10万年前の世界を訪れたのび太たちが、地球凍結の危機に立ち向かう姿を描く。スタジオジブリ出身で『千と千尋の神隠し』で監督助手を務めた高橋敦史が、劇場版『ドラえもん』では初監督を手がける。

最終興収100億円突破も視野に!『美女と野獣』が好スタートきる

大ヒットディズニーアニメを、『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化した『美女と野獣』が、土日2日間で動員72万9000人、興収10億6500万円で首位を飾った。ディズニー史上No.1ヒット、最終興収255億円を記録した『アナと雪の女王』のオープニング興収7億6000万円を軽々と超えているだけではなく、土日2日間で10億円以上のオープニングは、先週の『名探偵コナン』に続いて今年の公開作品としては2作目、洋画としては『スター・ウォーズ』や、『ハリー・ポッター』などのシリーズ続編以外では2010年4月17日公開の『アリス・イン・ワンダーランド』以来7年ぶりとなる快挙。ゴールデンウィークの動向次第では最終興収100億円突破も視野に入る勢いとなっている。先週1位でスタートした『名探偵コナン から紅の恋歌』は、土日2日間で動員58万人、興収7億4800万円をあげ2位、先週2位の『映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』は、土日2日間で動員16万9000人、興収2億円で3位と、それぞれひとつずつ順位を落とした。4位には『3月のライオン 後編』が、土日2日間で動員9万6000人、興収1億2800万円をあげ初登場。4月21日に行われた初日舞台挨拶では、6月17日(土)から開催される第20回上海国際映画祭パノラマ部門への正式出品と映画祭史上初の2夜連続プレミア上映決定がサプライズ発表された。2010年にメキシコ湾沖で実際に起こった海底油田爆発事故を映画化した『バーニング・オーシャン』は7位に初登場。その他、新作では『劇場版 Free!-Timeless Medley- 絆』が10位にランクインしている。

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画ランキング > 日本映画興行成績ランキング

ムービーウォーカー 上へ戻る