映画-Movie Walker > 人物を探す > レッド・バトンズ

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1994年 まで合計18映画作品)

1994年

あなたに降る夢

  • 1994年10月15日(土)公開
  • 出演(Walter Zakuto 役)

善意の警官が当てた宝くじの400万ドルを巡って展開する騒動を軸に、生きることのすばらしさや人情の機微を描いた、ロマンティックなヒューマン・コメディ。往年のフランク・キャプラらの伝統に則ったオールド・ファッション感覚の演出を見せたのは、「ハネムーン・イン・ベガス」のアンドリュー・バーグマン。脚本はエミー賞受賞の脚本家で、劇作家でもあり、コメディエンヌとして舞台にも立っているジェーン・アンダーソン。製作は監督とは長年のパートナーのマイケル・ロベル。ニューヨーク市の100以上のスポットをカメラに収めた撮影は「ナチュラル」のカレブ・デシャネル。音楽は「ボーイズ・ライフ」のカーター・バーウェルで、トニー・ベネットほかのスタンダード曲の数々が絶妙な効果を上げている。主演は「ワイルド・アット・ハート」のニコラス・ケイジと「リトル・ブッダ」のブリジット・フォンダ。共演は「フィアレス」のロージー・ペレズ、ソウル・シンガーとして活躍する、「黒豹のバラード」のアイザック・ヘイズら。

監督
アンドリュー・バーグマン
出演キャスト
ニコラス・ケイジ ブリジット・フォンダ ロージー・ペレズ ウェンデル・ピアース
1980年

世界崩壊の序曲

  • 1980年6月14日(土)公開
  • 出演(Fracis_Fendly 役)

南太平洋に浮かぶ、観光客で賑わうある島を舞台に、大噴火によって起こる数々の被害と対策を中心に、そこに展開される人間模様を描く。製作はアーウィン・アレン、監督は「ジェット・ローラー・コースター」のジェームズ・ゴールドストーン。ゴードン・トーマスとマックス・モーガン・ウィッツの原作を基にカール・フォアマンとスターリング・シリファントが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はラロ・シフリン、編集はエドワード・A・ビアリーとフリーマン・デイヴィス、製作デザインはフィリップ・M・ジェフェリーズ、特殊効果はL・B・アボットが各々担当。出演はポール・ニューマン、ジャクリーン・ビセット、ウィリアム・ホールデン、エドワード・アルバート、レッド・バトンズ、バーバラ・カレラ、ヴァレンティナ・コルテーゼ、ベロニカ・ハメル、アレックス・カラス、バージェス・メレディス、アーネスト・ボーグナイン、ジェームズ・フランシスカス、ジョン・コンシダイン、シーラ・アレンなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、パナビジョン。1980年作品。

監督
ジェームズ・ゴールドストーン
出演キャスト
ポール・ニューマン ジャクリーン・ビセット ウィリアム・ホールデン エドワード・アルバート

ブルックリン物語

  • 1980年1月19日(土)公開
  • 出演(Peanuts_Miller_Jinks_Murphy 役)

ニューヨークの下町ブルックリンを舞台に、それぞれ独立した2つの愛のエピソード<ダイナマイト・パンチ><バクスター・レビュー/1933>を1つの映画にまとめて描く。製作総指揮はマーティン・スターガー、製作・監督は「ラッキー・レディ」のスタンリー・ドーネン、脚本はラリー・ゲルバートとシェルドン・ケラー、撮影はブルース・サーティーズとチャールズ・ロシャー、音楽はラルフ・バーンズ、美術はジャック・フィスク、振付は「キャバレー」のマイケル・キッドが各々担当。出演はジョージ・C・スコット、トリッシュ・ヴァン・デヴァー、レッド・バトンズ、バリー・ボストウィック、アート・カーニー、イーライ・ウォラック、ハリー・ハムリン、レベッカ・ヨーク、アン・ラインキングング、バーバラ・ハリスなど。日本語版監修は清水俊二。イーストマンカラー、スタンダード。1978年作品。

監督
スタンリー・ドーネン
出演キャスト
ジョージ・C・スコット トリッシュ・ヴァン・デヴァー レッド・バトンズ バリー・ボストウィック
1977年

ビバ・ニーベル

  • 1977年11月26日(土)公開
  • 出演(Ben 役)

スタント・レーサーが悪の陰謀を阻止する姿を描くアクション。製作総指揮はシェリル・C・コーウィン、製作はスタン・ヒュー、監督は「続・夜の大捜査線」のゴードン・ダグラス、脚本はアントニオ・サンティラン、ノーマン・カトコフ、撮影はフレッド・ジャックマン、音楽はチャールズ・バーンスタインが各々担当。出演はイーベル・ニーベル、ジーン・ケリー、ローレン・ハットン、レスリー・ニールセン、マージョー・ゴートナー、エリック・オルソン、レッド・バトンズズなど。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
イーベル・ニーベル ジーン・ケリー ローレン・ハットン レスリー・ニールセン
1976年

面影(1976)

  • 1976年公開
  • 出演(Ivan_Cooper 役)

ハリウッドの『キング』クラーク・ゲーブルとブロンドの大スター、キャロル・ロンバードとのドラマチックなロマンスを再現した恋愛映画。製作はハリー・コーシャク、監督は「ビリー・ホリデイ物語 奇妙な果実」のシドニー・J・フューリー、脚本はバリー・サンドラー、撮影はジョーダン・クローネンウェス、音楽はミシェル・ルグラン、編集はアジル・ネルソン、衣裳デザインはイーディス・ヘッドがそれぞれ担当。出演はジェームズ・ブローリン、ジル・クレイバーグ、アレン・ガーフィールド、レッド・バトンズ、メラニー・メイロン、ジョアン・リンヴィル、キャロル・マクギニース、モーガン・ブリタニーなど。

監督
シドニー・J・フューリー
出演キャスト
ジェームズ・ブローリン ジル・クレイバーグ アレン・ガーフィールド レッド・バトンズ
1973年

ポセイドン・アドベンチャー

  • 1973年3月17日(土)公開
  • 出演(James_Martin 役)

1400名の乗客を乗せてニューヨークからギリシャに向かう豪華客船ポセイドン号が32メートルの大津波に襲われ転覆爆破し、生き残った船客が超人的な勇気で脱出をこころみる姿を描く。製作は「海底探検」のアーウィン・アレン、監督は「クリスマス・キャロル(1970)」のロナルド・ニーム、ポール・ギャリコのベスト・セラー小説を「夜の大走査線」のスターリング・シリファントと「脱走特急」のウェンデル・メイズが共同脚色。撮影はハロルド・E・スタイン、特撮は「トラ・トラ・トラ!」でアカデミー特撮賞を獲得したL・B・アボット、音楽はジョン・ウィリアムズ、美術はウィリアム・クリーバー、、セットデザインはラファエル・ブレットン、編集はハロルド・F・クレスが各々担当。出演はジーン・ハックマン、アーネスト・ボーグナイン、レッド・バトンズ、キャロル・リンレイ、ロディ・マクドウォール、ステラ・スティーヴンス、シェリー・ウィンタース、ジャック・アルバートソン、パメラ・スー・マーティン、エリック・シーア、フレッド・サドフ、レスリー・ニールセン、シーラ・マシューズ、ジャン・アーバンなど。

監督
ロナルド・ニーム
出演キャスト
ジーン・ハックマン アーネスト・ボーグナイン レッド・バトンズ キャロル・リンレイ
1970年

ひとりぼっちの青春

  • 1970年12月8日公開
  • 出演(Sailor 役)

不況時代のハリウッドを舞台にマラソン・ダンスに、人生の“孤独”と“狂気”と“退廃”を賭けた人間達を描く。製作は「汚れた7人」のコンビ、アーウィン・ウィンクラー、ロバート・チャートフ、監督は「大反撃」のシドニー・ポラック、ホレース・マッコイの小説「彼等は廃馬を撃つ」をジェームズ・ポーとロバート・E・トンプソンが共同脚色、撮影は「殺しの分け前 ポイント・ブランク」のフィリップ・ラスロップ、音楽は「オリバー!」のジョニー・グリーン。出演は「世にも怪奇な物語」のジェーン・フォンダ、「猫」のマイケル・サラザン、「甘い抱擁」のスザンナ・ヨーク、「太陽の爪あと」のギグ・ヤング、「駅馬車(1965)」のレッド・バトンズ、「さすらいの大空」のボニー・ベデリアなど。メトロカラー、パナビジョン。1970年作品。

監督
シドニー・ポラック
出演キャスト
ジェーン・フォンダ マイケル・サラザン スザンナ・ヨーク ギグ・ヤング
1966年

駅馬車(1965)

  • 1966年4月23日公開
  • 出演(Mr._Peacock 役)

アーネスト・ヘイコックスの原作を「脱走特急」のジョセフ・ランドンが脚色、「ハーロー」のゴードン・ダグラスが監督した西部劇。撮影は「コマンチェロ」のウィリアム・H・クローシア、音楽は「脱走特急」のジェリー・ゴールドスミスが担当した。出演は「セクシー・ダイナマイト」のアン・マーグレット、「渚のたたかい」のレッド・バトンズ、「ハーロー」のマイケル・コナーズ、新人アレックス・コード、「ミサイル珍道中」のビング・クロスビー、「何という行き方!」のボブ・カミングス、「偉大な生涯の物語」のヴァン・ヘフリン、「ハーロー」のスリム・ピキンズ、「追跡(1962)」のステファニー・パワーズ、「グレート・レース」のキーナン・ウィンほか。製作は「騎兵隊」のマーティン・L・ラッキン。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
アン・マーグレット レッド・バトンズ マイケル・コナーズ アレックス・コード
1965年

ハーロー

  • 1965年11月12日公開
  • 出演(Arthur_Landau 役)

アーヴィング・シュルマンの小説「ハーロー……秘められた伝記」を、ジョン・マイケル・ヘイズが脚色、「リオ・コンチョス」のゴードン・ダグラスが監督したジーン・ハーローの伝記映画。撮影は「僕のベッドは花ざかり」のジョセフ・ルッテンバーグ、音楽は「女房の殺し方教えます」のニール・ヘフティが担当した。出演は、「大いなる野望」のマーティン・バルサム、「ハタリ!」のレッド・バトンズ、「愛よいずこへ」のマイケル・コナーズ、「野望の系列」のピーター・ローフォード、「枢機卿」のラフ・ヴァローネなど。製作は「大いなる野望」のジョセフ・E・レヴィン。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
キャロル・ベイカー マーティン・バルサム レッド・バトンズ マイケル・コナーズ

渚のたたかい

  • 1965年10月20日公開
  • 出演(Pfc._Harry_Devine 役)

ジョージ・バー・マッカッチョンの原作から「わらの女」のスタンリー・マンとクロード・ブルールが共同で脚色、「フレンチ・スタイルで」のロバート・パリッシュが監督した戦時挿話。撮影はウォルター・ウォッツが、音楽はエドガー・コスマが担当した。出演は「潜行」のクリフ・ロバートソン、イリナ・デミック、マリウス・ゴーリング、「危険な道」のスリム・ピケンズ、「ナバロンの要塞」のジェームズ・ロバートソン・ジャスティス、「竜騎兵総攻撃」のブロデリック・クロフォード、「史上最大の作戦」のフランソワーズ・ロゼエほか。

監督
ロバート・パリッシュ
出演キャスト
クリフ・ロバートソン レッド・バトンズ イリーナ・デミック マリウス・ゴーリング
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レッド・バトンズ

ムービーウォーカー 上へ戻る