映画-Movie Walker > 人物を探す > 森雅之

年代別 映画作品( 1946年 ~ 2008年 まで合計91映画作品)

2008年

羅生門(デジタル完全版)

  • 2008年11月29日(土)公開
  • 出演(金沢武弘 役)

1951年のベネチア映画祭で金獅子賞に輝いた巨匠、黒澤明監督の名作を、日米の共同作業によってデジタル復元。芥川龍之介原作のミステリー時代劇が鮮明な映像でよみがえる。

監督
黒澤明
出演キャスト
三船敏郎 京マチ子 志村喬 森雅之
2006年

武蔵野夫人

  • 2006年9月9日(土)公開
  • 出演(秋山忠雄 役)

大岡昇平のベストセラー小説を、豪華キャストの共演で映画化。人妻と年下のいとことの恋愛を軸に、愛憎入り交じる複雑な人間模様を絢爛なタッチで描いた文芸メロドラマ。

出演キャスト
田中絹代 森雅之 山村聡 轟夕起子
1972年

剣と花

  • 1972年4月15日(土)公開
  • 出演(石津武一郎 役)

狼のように孤独で凶暴な男が、真摯に女の愛を求め、真の愛を実の妹に見いだし、必死に耐えて生きてゆく姿を描く。原作は、立原正秋の同名小説の映画化。脚本は「昭和やくざ系図 長崎の顔」の池上金男。監督は「追いつめる」の舛田利雄。撮影も、同作の小杉正雄。

監督
舛田利雄
出演キャスト
渡哲也 新藤恵美 森雅之 加藤治子
1970年

座頭市あばれ火祭り

  • 1970年8月12日公開
  • 出演(闇公方 役)

座頭市シリーズ二十一本目。脚本は「忍びの衆」の山田隆之と脚本初執筆の勝新太郎が共同であたり、監督は「兇状流れドス」の三隅研次。撮影は「座頭市と用心棒」の宮川一夫が担当。

監督
三隅研次
出演キャスト
勝新太郎 仲代達矢 大原麗子 ピーター
1969年

あゝ海軍

  • 1969年7月12日公開
  • 出演(井口少将 役)

「闇を裂く一発」の菊島隆三と「殺し屋をバラせ」の石松愛弘が脚本を共同執筆し、かつて「海軍兵学校物語 あゝ江田島」を演出した村山三男がメガホンを握った戦記もの。撮影は「ある見習看護婦の記録 赤い制服」の上原明が担当した。

監督
村山三男
出演キャスト
二代目中村吉右衛門 峰岸徹 森雅之 村瀬幸子

日も月も

  • 1969年1月25日公開
  • 出演(朝井 役)

ノーベル賞作家川端康成の原作(角川文庫版)を「わが闘争」の広瀬襄が脚色し、同作品でコンビを組んだ中村登が監督した文芸もの。撮影も同作品を担当した竹村博。

監督
中村登
出演キャスト
森雅之 久我美子 岩下志麻 中山仁
1968年

狙撃

  • 1968年11月23日公開
  • 出演(片倉譲二 役)

「爆破3秒前」の永原秀一が脚本を執筆し、「さらばモスクワ愚連隊」の堀川弘通が監督したアクションもの。撮影は「続社長繁盛記」の長谷川清が担当した。

監督
堀川弘通
出演キャスト
加山雄三 浅丘ルリ子 森雅之 岸田森

連合艦隊司令長官 山本五十六

  • 1968年8月14日公開
  • 出演(近衛総理 役)

「でっかい太陽」の須崎勝弥と「父子草」の監督丸山誠治が共同でシナリオを執筆し、丸山誠治が監督した戦記もの。撮影は「100発100中 黄金の眼」の山田一夫が担当。

監督
丸山誠治
出演キャスト
三船敏郎 初代松本白鸚 森雅之 柳永二郎

カモとねぎ

  • 1968年3月16日公開
  • 出演(石黒信吉 役)

「石中先生行状記(1966)」の松木ひろしと「南太平洋の若大将」の田波靖男が共同でシナリオを執筆し、「国際秘密警察 絶体絶命」の谷口千吉が監督したコメディ。撮影は「落語野郎 大馬鹿時代」の鈴太斌。

監督
谷口千吉
出演キャスト
森雅之 緑魔子 高島忠夫 砂塚秀夫

春らんまん(1968)

  • 1968年1月14日公開
  • 出演(山部 役)

水木洋子の原作を「ドリフターズですよ! 前進前進また前進」の松木ひろしが脚色したテレビドラマを、「颱風とざくろ」の井手俊郎が映画用に潤色・シナリオ化したホーム・コメディ。監督には「沈丁花」の千葉泰樹があたり、撮影は「燃えろ!太陽」の西垣六郎が担当した。

監督
千葉泰樹
出演キャスト
新珠三千代 宝田明 白川由美 司葉子
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 森雅之

ムービーウォーカー 上へ戻る