映画-Movie Walker > 人物を探す > 高峰秀子

年代別 映画作品( 1937年 ~ 2007年 まで合計78映画作品)

2007年

二十四の瞳(デジタルリマスター)

  • 2007年3月3日(土)公開
  • 出演(大石久子 役)

島に赴任した女性教師と12人の子供たちの長きにわたる交流を描く感動作。木下惠介監督、高峰秀子主演の名作が最新のデジタル技術によって、劇場公開当時の映像でよみがえる。

監督
木下惠介
出演キャスト
高峰秀子 天本英世 八代敏之 木下尚寅
1979年

衝動殺人 息子よ

  • 1979年9月15日(土)公開
  • 出演(川瀬雪枝 役)

息子を殺された父親の悲しみと、同様の境遇の人々と共に、被害者遺族を保護する法律を作る運動を進める姿を描く。昭和五十三年『中央公論』三月号に掲載された佐藤秀郎の同名のノンフィクションを映画化したもので、脚本は砂田量爾と「スリランカの愛と別れ」の木下恵介の共同執筆、監督も同作の木下恵介、撮影は「燃える秋」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
木下惠介
出演キャスト
若山富三郎 高峰秀子 田中健 尾藤イサオ
1976年

ふたりのイーダ

  • 1976年11月6日(土)公開
  • 出演(須川菊枝 役)

椅子が動き、三歳の女の子と少年とおしゃべりしたりするという美しいファンタジックな世界を描く。脚本・監督は「沖縄海洋博」の松山善三、撮影は中川芳久がそれぞれ担当。

監督
松山善三
出演キャスト
倍賞千恵子 上屋建一 原口祐子 森繁久彌

スリランカの愛と別れ

  • 1976年5月29日(土)公開
  • 出演(ジャカランタ夫人 役)

スリランカを舞台に展開する様々な四つの愛のドラマを描いた恋愛映画。原作・脚本・監督は「なつかしき笛や太鼓」の木下恵介、撮影は「デルス・ウザーラ」の中井朝一がそれぞれ担当。

監督
木下惠介
出演キャスト
北大路欣也 栗原小巻 小林桂樹 津島恵子
1973年

恍惚の人

  • 1973年1月15日(月)公開
  • 出演(立花昭子 役)

息子も孫も顔をしかめてそっぽを向くボケた八十四歳の老人との温かい心のふれ合いを日常の中でとらえる。原作は有吉佐和子の同名小説。脚本は松山善三、監督は「地獄門」の豊田四郎、撮影は「喜劇 泥棒大家族 天下を取る」の岡崎宏三。

監督
豊田四郎
出演キャスト
森繁久彌 小野松江 田村高廣 高峰秀子
1969年

鬼の棲む館

  • 1969年5月31日公開
  • 出演(楓 役)

谷崎潤一郎の戯曲『無明と愛染』を「触角」の新藤兼人が脚色、「座頭市喧嘩太鼓」の三隅研次が監督した文芸もの。撮影は「殺し屋をバラせ」の宮川一夫が担当した。

監督
三隅研次
出演キャスト
勝新太郎 高峰秀子 新珠三千代 佐藤慶
1967年

華岡青洲の妻

  • 1967年10月20日公開
  • 出演(於継 役)

有吉佐和子の同名小説を「妻二人」の新藤兼人が脚色し、「痴人の愛(1967)」の増村保造が監督した文芸もの。撮影はコンビの小林節雄。

監督
増村保造
出演キャスト
市川雷蔵 若尾文子 高峰秀子 伊藤雄之助

続・名もなく貧しく美しく 父と子

  • 1967年5月20日公開
  • 出演(片山秋子 役)

「千曲川絶唱」の松山善三がオリジナル・シナリオを執筆し、自から監督した「名もなく貧しく美しく」の続編である。撮影も「千曲川絶唱」の岡崎宏三。

監督
松山善三
出演キャスト
小林桂樹 北大路欣也 原泉 加東大介
1966年

ひき逃げ

  • 1966年4月16日公開
  • 出演(妻国子 役)

「六條ゆきやま紬」の松山善三のオリジナル・シナリオを、「女の中にいる他人」の成瀬巳喜男が監督した社会ドラマ。撮影は「エレキの若大将」の西垣六郎。

監督
成瀬巳喜男
出演キャスト
小沢栄太郎 司葉子 平田郁人 小川安三
1965年

六條ゆきやま紬

  • 1965年10月9日公開
  • 出演(六條いね 役)

「喜劇 各駅停車」の松山善三がオリジナル・シナリオを執筆、松山善三が監督した女性ドラマ。撮影は「喜劇 駅前金融」の岡崎宏三。

監督
松山善三
出演キャスト
神山繁 高峰秀子 中島孝幸 毛利菊枝
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 高峰秀子

ムービーウォーカー 上へ戻る