映画-Movie Walker > 人物を探す > ケーシー・シマスコー

年代別 映画作品( 1987年 ~ 1992年 まで合計6映画作品)

1992年

二十日鼠と人間(1992)

  • 1992年12月12日(土)公開
  • 出演(Curley 役)

アメリカの代表的作家ジョン・スタインベックの同名小説を基に、1930年代の経済不況の時代に、社会の底辺に生きる2人の男の姿を描く人間ドラマ。監督・製作は「マイルズ・フロム・ホーム」のゲイリー・シニーズ、共同製作はラス・スミス、エグゼクティヴ・プロデューサーはアラン・C・ブロンクィスト、脚本は「バウンティフルへの旅」のホートン・フート、撮影はケネス・マクミラン、音楽は「ハートブルー」のマーク・アイシャムが担当。

監督
ゲイリー・シニーズ
出演キャスト
ジョン・マルコヴィッチ ゲイリー・シニーズ レイ・ウォルストン ケーシー・シマスコー

浮気はパリで(1991)

  • 1992年3月14日(土)公開
  • 出演(Colin 役)

2人の妻とひとりの愛人を持つ男が、替え玉の部下が拉致されたことから、米ソのスパイ合戦に巻き込まれるコメディ。副題「女たちを少しだけ愛しすぎた男」。監督はバズ・テイラー、製作はモニーク・アノー、エグゼクティヴ・プロデューサーはダニエル・マークウェット、脚本はピーター・バロフとデイヴ・ウォラート、撮影はイヴス・ダーハンが担当。

監督
バズ・テイラー
出演キャスト
ジャッジ・ラインホルド ケーシー・シマスコー セシール・パオリ レベッカ・パウリー
1991年

ブレイキング・イン

  • 1991年6月8日(土)公開
  • 出演(Mike 役)

ベテラン金庫破りと若きアマチュアの奇妙な関係を、「シルビーの帰郷」のビル・フォーサイス監督が淡々とした語り口で描くコメディ。製作はハリー・ギッツ。エグゼクティブ・プロデューサーはアンドリュー・メイヤーズとサラ・ライアン・ブラック。脚本は「メイトワン1920」などの監督兼小説家ジョン・セイルズ。撮影はマイケル・コールター。音楽はマイケル・ギブスが担当。

監督
ビル・フォーサイス
出演キャスト
バート・レイノルズ ケーシー・シマスコー シェイラ・ケリー Lorraine Toussaint
1988年

ヤングガン(1988)

  • 1988年11月12日(土)公開
  • 出演(Charley_Bowdre 役)

<リンカン郡の戦い>周辺の、ビリー・ザ・キッドと彼の仲間たちの姿を描く。製作はジョー・ロスとクリストファー・ケイン、監督は「暴力教室 '88のクリストファー・ケイン、脚本は「クロスロード」のジョン・フスコ、撮影は「マッドマックス サンダードーム」のディーン・セムラー、音楽はアンソニー・マリネッリとブライアン・バンクスが担当。出演は「ウイズダム 夢のかけら」のエミリオ・エステヴェス、「再会の街 ブライトライツ・ビッグシティ」のキーファー・サザーランド、「ラ・バンバ」のルー・ダイアモンド・フィリップス、「ハートビートで追いかけて」のチャーリー・シーンほか。

監督
クリストファー・ケイン
出演キャスト
エミリオ・エステヴェス キーファー・サザーランド ルー・ダイアモンド・フィリップス チャーリー・シーン

ブルースが聞こえる

  • 1988年9月3日(土)公開
  • 出演(Carney 役)

1945年のビロクシ訓練所を舞台に、高校を卒業したばかりで徴兵された若者たちが、2カ月間の軍隊生活の中で少年から大人へと成長してゆく姿を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョセフ・M・カラチオロとメアリーケイ・パウエル、製作はレイ・スターク、監督は「心みだれて」のマイク・ニコルズ、原作・脚本は「ニール・サイモンのキャッシュ・マンマン」のニール・サイモン、撮影は「ロッキー4 炎の友情」のビル・バトラー、音楽は「サルバドル 遥かなる日々」のジョルジュ・ドルリューが担当。出演はマシュー・ブロデリック、クリストファー・ウォーケンほか。

監督
マイク・ニコルズ
出演キャスト
マシュー・ブロデリック クリストファー・ウォーケン マット・マルハーン コリー・パーカー
1987年

世にも不思議なアメージング・ストーリー

  • 1987年7月18日(土)公開
  • 出演(Jonathan 役)

全米NBC・TVで85年にスタートしたオムニバス・ファンタジー・シリーズの劇場公開版。エグゼクテイヴ・プロデューサーはスティーヴン・スピルバーグ、製作はデイヴィッド・E・ヴォーゲルが担当。第1話の監督は「カラーパープル」のS・スピルパーグ、脚本はメンノ・メイエス、撮影はジョン・マクファーソン、音楽はジョン・ウィリアムス(2)が担当。出演はケヴィン・コスナー、ピーター・ジェイスンほか。第2話の監督は、これが認められ「ハリーとヘンダスン一家」を撮ることになったウィリアム・ディア、脚本はアール・ポメランツ、撮影はロバート・スティーヴンス、音楽はダニー・エルフマンとスティーヴ・バーテクが担当。出演はトム・ハリソン、ブロンソン・ピンチョットほか。第3話の監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のロバート・ゼメキス、脚本はミック・ギャリス、トム・マクローリン、ボブ・ゲイル、撮影はジョン・マクファーソン、音楽はアラン・シルヴェストリが担当。出演はクリストファー・ロイド、メアリー・スチュアート・マスターソンほか。

監督
スティーヴン・スピルバーグ ウィリアム・ディア ロバート・ゼメキス
出演キャスト
ケヴィン・コスナー ケーシー・シマスコー キーファー・サザーランド Jeffrey Jay Cohen
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ケーシー・シマスコー

ムービーウォーカー 上へ戻る