映画-Movie Walker > 人物を探す > 鷲尾いさ子

年代別 映画作品( 1986年 ~ 2003年 まで合計16映画作品)

2003年

アイノカラダ

  • 2003年9月27日(土)公開
  • 出演

カメラマン、女優、OLなど、それぞれ悩みを抱える6人の女性の姿をリアルに映し出した新人女性監督、村上なほのデビュー作。人生を模索する女性たちの希望や葛藤を描く。

監督
村上なほ
出演キャスト
菅野美寿紀 宮前希依 きいちめぐみ 北川さおり
1998年

ベル・エポック

  • 1998年公開
  • 出演(詩音 役)

20代後半を迎えた五人の女性たちの、恋愛や仕事の悩みを描いたハートフル群像劇。監督は「私たちが好きだったこと」の松岡錠司。逢坂えみこの原作コミックを松岡と「機関車先生」の福田卓郎が共同で脚色。撮影は「冷たい血」の石井勲。主演は「はるか、ノスタルジィ」の石田ひかり、「ラヂオの時間」の鈴木京香、「良寛」の鷲尾いさ子など。

監督
松岡錠司
出演キャスト
石田ひかり 鈴木京香 鷲尾いさ子 白島靖代
1997年

不機嫌な果実

  • 1997年10月18日(土)公開
  • 出演(オカベキリコ 役)

夫とのセックスに満たされない欲望を、不倫を重ねることによって満たしていこうとする現代女性の姿を描いた官能ドラマ。監督は「瀬戸内ムーンライト・セレナーデ」で脚本を担当した成瀬活雄で、これが監督デビュー作となる。林真理子による同名ベストセラー小説を、「失楽園」の筒井ともみが脚色。撮影を「Lie lie lie」の藤澤順一が担当している。主演は「OL忠臣蔵」の南果歩と「狼の眼」の鈴木一真。石田ゆり子・岡本健一主演によるTBSのテレビ・ドラマ版との競作も話題となった。成人指定。

監督
成瀬活雄
出演キャスト
南果歩 鈴木一真 根津甚八 美木良介

私たちが好きだったこと

  • 1997年9月6日(土)公開
  • 出演(荻野曜子 役)

偶然の出会いから、2LDKの公団マンションで奇妙な同居生活を始めることになった4人の男女の心の機微を描いた恋愛ドラマ。監督は「トイレの花子さん(1995)」の松岡錠司。俳優の岸谷五朗が、数多くの映画化作品で知られる宮本輝の同名小説の映画化を思い立ち、企画も兼ねて主演している。脚本は「集団左遷」の野沢尚。撮影は「イグナシオ」の石井勲が担当した。主演の4人の男女には「バースデイプレゼント」の岸谷のほか、「GONIN2」の夏川結衣、「バースデイプレゼント」の寺脇康文、「イグナシオ」の鷲尾いさ子。

監督
松岡錠司
出演キャスト
岸谷五朗 夏川結衣 寺脇康文 鷲尾いさ子

良寛

  • 1997年7月19日(土)公開
  • 出演(維馨尼 役)

寺を持たず托鉢を続けた清貧の生涯が時代を超えて敬慕されてきた江戸後期の僧侶・良寛の晩年を、若く美しい尼僧とのプラトニックな関係を中心に描いた伝記映画。監督は「必殺!主水死す」の貞永方久。瀬戸内寂聴の『手毬』を原作に、加藤博子、梅田由貴、貞永が共同で脚本を執筆した。撮影は「あした」の坂本典隆。主演は「遥かなる走路」以来、実に17年ぶりの映画主演となる歌舞伎俳優の松本幸四郎。役づくりのため10キロの減量を果たし、特殊メイク無しで良寛役に挑んだ。第9回東京国際映画祭芸術貢献賞受賞。

監督
貞永方久
出演キャスト
九代目松本幸四郎 鈴木京香 鷲尾いさ子 松方弘樹
1996年

イグナシオ

  • 1996年12月14日(土)公開
  • 出演(大谷茜 役)

衝動的に残虐な殺人を繰り返す少年の愛と孤独を描いた異色ドラマ。花村萬月の小説『聖殺人者イグナシオ』を原作に、「Spanking Love」の田中昭二と山田吐論が共同で脚本化、田中が監督もつとめた。撮影は「スーパースキャンダル」の石井勲。主演は「ユーリ」のいしだ壱成で、共演に「北斗の拳」の鷲尾いさ子のほか、菊池隆則、田口トモロヲ、石橋蓮司、中島陽典といった個性派が脇を固めている。

監督
田中昭二
出演キャスト
いしだ壱成 鷲尾いさ子 小松みゆき 菊池隆則
1995年

北斗の拳 FIST OF THE NORTH STAR

  • 1995年公開
  • 出演(ユリア 役)

正義と平和と最愛の人を救うために立ち上がったマーシャル・アーツの達人の戦いを、特殊メイクアップを駆使して描いたアクション。原作は「おまえは、もう死んでいる」という流行語も生み出し、今や世界各国でベストセラーとなっている武論尊と原哲夫の同名人気コミック。監督は「ヘルレイザー2」のトニー・ランデル。撮影は「ヒドゥン」のジャック・ヘイキン。主役・ケンシロウには「サイボーグ・キラー」のゲイリー・ダニエルズ。その敵役・シンには「モブスターズ/青春の群像」のコスタス・マンデラが扮しており、日本からは「わが愛の譜 滝廉太郎物語」の鷲尾いさ子が出演している。今やすっかりおなじみとなった東映ビデオとハリウッドの提携作品。

監督
トニー・ランデル
出演キャスト
ゲイリー・ダニエルズ コスタス・マンデラ 鷲尾いさ子 マルコム・マクダウェル
1994年

押繪と旅する男

  • 1994年3月26日(土)公開
  • 出演(元木百代 役)

覗きからくりの押絵細工の美女に恋をし、自らも押絵の中に入ってしまった兄と、その兄の入った押絵と一緒に旅をする弟の姿を、現代と大正時代の東京、そして蜃気楼が現れる魚津の町を舞台に幻想的に描く。江戸川乱歩生誕100年を記念して、同名の短編小説をもとに新たに解釈しなおして映画化した作品。監督は「ハワイアン・ドリーム」(87)の川島透、脚本は「屋根裏の散歩者」の薩川昭夫と川島の共同、撮影はこれが劇映画デビューとなる町田博が担当。

監督
川島透
出演キャスト
浜村純 鷲尾いさ子 藤田哲也 天本英世
1993年

わが愛の譜 滝廉太郎物語

  • 1993年8月21日(土)公開
  • 出演(中野ユキ 役)

『花』『荒城の月』の作曲者として知られる滝廉太郎の恋と友情に生き、音楽活動に燃えた短い生涯を描くドラマ。廉太郎没後九十年を機に、本格的なドイツ・ロケを交えて作られたもので、劇中には滝廉太郎の代表曲やシューマン、ベートーベンらの名曲が挿入されている。監督は「福沢諭吉」の澤井信一郎。脚本は澤井と宮崎晃、伊藤亮爾の共同。キネラ旬報ベストテン第八位。

監督
澤井信一郎
出演キャスト
風間トオル 鷲尾いさ子 天宮良 藤谷美紀

結婚(1993)

  • 1993年4月公開
  • 出演(柳田絵里 役)

同じ「結婚」というタイトルで、三つの結婚をめぐる物語を三人の監督が手掛けるドラマ。有名女優との結婚を企む売れない役者と高校時代の後輩との結婚騒動をスラップスティック調で描く〔陣内・原田両家篇〕は「夢二」の鈴木清順、北海道の寒村で、一つの約束を待つ女と彼女を慕う男との愛を描く〔佐藤・名取両家篇〕は「四万十川」の恩地日出夫、青年実業家とフツーのOLとの恋の駆け引きを描く〔中井・鷲尾両家篇〕は「アイドルを探せ」の長尾啓司が監督した。セシール第一回製作作品。

監督
鈴木清順 恩地日出夫 長尾啓司
出演キャスト
陣内孝則 原田知世 原田貴和子 峰岸徹
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 鷲尾いさ子

ムービーウォーカー 上へ戻る