映画-Movie Walker > 人物を探す > 荒井晴彦

年代別 映画作品( 1977年 ~ 2017年 まで合計57映画作品)

2017年

幼な子われらに生まれ

直木賞作家・重松清の同名作を『繕い裁つ人』の三島有紀子監督が映画化した人間ドラマ。血のつながらない家族が苦悩しながらもさまざまな出来事を乗り越え、少しずつ本当の家族になろうと姿をつづる。浅野忠信が再婚相手の連れ子との関係に悩む男を、その妻を田中麗奈、妻の元夫を宮藤官九郎が演じる。

監督
三島有紀子
出演キャスト
浅野忠信 田中麗奈 南沙良 鎌田らい樹
2015年

この国の空

  • 2015年8月8日(土)公開
  • 監督、脚本

谷崎潤一郎賞に輝いた高井有一の同名小説を長谷川博己&二階堂ふみ主演で映画化したヒューマンドラマ。第二次世界大戦終戦間近の東京を舞台に、19歳の少女と妻子を疎開させた中年男性との禁断の関係を描き出す。脚本家として数々の名作を送り出してきた荒木晴彦の『身も心も』以来18年ぶりの監督第2作となる。

監督
荒井晴彦
出演キャスト
二階堂ふみ 長谷川博己 工藤夕貴 富田靖子

さよなら歌舞伎町

  • 2015年1月24日(土)公開
  • 脚本

「ヴァイブレータ」「やわらかい生活」と男女の心のひだを捉え衝撃を与えた監督・廣木隆一と脚本家・荒井晴彦のコンビが三度タッグを組み、歌舞伎町にあるラブホテルを舞台に身も心も剥き出しになる男女を描いた群像劇。脚本には「戦争と一人の女」で荒井晴彦と組んだ中野太も参加している。一流のホテルマンになれず今ではラブホテルに店長として勤めている青年を「ヒミズ」で第68回ヴェネツィア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した染谷将太が、青年の恋人で有名ミュージシャンになろうともがく女性をアイドルグループAKB48のメンバーとして活躍、卒業後も「もらとりあむタマ子」など話題作に出演する前田敦子が演じる。

監督
廣木隆一
出演キャスト
染谷将太 前田敦子 イ・ウンウ ロイ(5tion)
2014年

海を感じる時

  • 2014年9月13日(土)公開
  • 脚本

1978年に発表された中沢けいの同名小説を「僕は妹に恋をする」の安藤尋監督が映画化。愛を知らない少女が一人の男と出会い“女”へと目覚めていく姿を描く。出演は「NANA2」の市川由衣、「愛の渦」の池松壮亮、「なにもこわいことはない」の高尾祥子、「無花果の森」の三浦誠己、「もらとりあむタマ子」の中村久美。脚本は「大鹿村騒動記」の荒井晴彦。

監督
安藤尋
出演キャスト
市川由衣 池松壮亮 阪井まどか 高尾祥子

つぐない 新宿ゴールデン街の女

  • 2014年7月26日(土)公開
  • 脚本協力

新宿の一角にある木造長屋建ての店舗が所狭しと並ぶゴールデン街を舞台に、いわくありげな女、飲み屋を営む女とそのヒモ、常連客らそれぞれに過去を背負った大人の男女が織りなす人間模様を描く。新宿花園・ゴールデン街が本作に全面協力。監督はピンク映画出身で『ピンク七福神』のひとりに挙げられる「UNDERWATER LOVE-おんなの河童-」「かえるのうた」のいまおかしんじ。脚本は「再会」の佐藤稔。「共喰い」の荒井晴彦が脚本協力として参加している。ゴールデン街にやってきた女を「赫い情事」の工藤翔子が演じるほか、「青二才」の伊藤猛、「私の調教日記」の速水今日子、「蟹工船」の貴山侑哉らが出演。

監督
いまおかしんじ
出演キャスト
工藤翔子 速水今日子 伊藤猛 貴山侑哉
2013年

共喰い

  • 2013年9月7日(土)公開
  • 脚本

作家・田中慎弥の第146回芥川賞に輝いた同名小説を、『東京公園』の青山真治監督が映画化した人間ドラマ。山口県下関市を舞台に、行為の際に女性を殴る性癖を持つ父親と、そんな父親の血を持つ事にいらだちを募らせる高校生とのひと夏の物語が展開する。主人公の少年を「仮面ライダーW」の菅田将暉が繊細に演じる。

監督
青山真治
出演キャスト
菅田将暉 木下美咲 篠原友希子 光石研

戦争と一人の女

  • 2013年4月27日(土)公開
  • 脚本

坂口安吾の小説を原作に、故・若松孝二監督の下で映画作りを学んだ井上淳一が監督した官能文芸ロマン。「大鹿村騒動記」の荒井晴彦と「魔法少女を忘れない」の中野太が脚本を担当。戦争に翻弄される3人の男女の運命を映し出す。出演は「ユリ子のアロマ」の江口のりこ、「隠し剣 鬼の爪」の永瀬正敏、「希望の国」の村上淳、「悪人」の柄本明。

監督
井上淳一
出演キャスト
江口のりこ 永瀬正敏 村上淳 柄本明
2011年

大鹿村騒動記

  • 2011年7月16日(土)公開
  • 脚本

阪本順治監督が、デビュー作『どついたるねん』以来6本にわたって起用し続けている名優・原田芳雄を主演に据えて描いた人間ドラマ。長野県の山村・大鹿村に伝わる伝統の村歌舞伎を題材に、そこに関わる人々の悲喜こもごもを映し出す。大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、三國連太郎ら豪華実力派俳優が見せる味わい深い演技にも注目。

監督
阪本順治
出演キャスト
原田芳雄 大楠道代 岸部一徳 佐藤浩市
2010年

パートナーズ

  • 2010年11月6日(土)公開
  • 脚本

一匹の盲導犬との出会いから、愛すること、生きることの素晴らしさを学んでいく青年の姿をつづるドラマ。財団法人・日本盲導犬協会の全面協力のもと、全国の訓練センターから集められたイヌたちが人間顔負けの演技を披露する。主演はドラマや舞台などで活躍する浅利陽介。大塚ちひろが盲目のロックシンガー役を好演。

監督
下村優
出演キャスト
浅利陽介 大塚ちひろ 村田雄浩 川上麻衣子
2006年

ソースの小壜 重松清原作「愛妻日記」より

  • 2006年10月7日(土)公開
  • 脚本監修

妻の不倫を知った潔癖な夫は、妻を徹底的に汚すことを誓い…。重松清の小説「愛妻日記」を、『ラブドガン』の渡邉謙作監督が映画化した官能ドラマシリーズ第5弾。脚本監修は荒井晴彦。出演は未向、草野康太、温水洋一ほか。R-18作品。

監督
渡邉謙作
出演キャスト
未向 草野康太 温水洋一
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 荒井晴彦

ムービーウォーカー 上へ戻る