映画-Movie Walker > 人物を探す > 村井国夫

年代別 映画作品( 1966年 ~ 2017年 まで合計39映画作品)

2017年

東京喰種 トーキョーグール

アニメや舞台、ゲームにもなった石田スイ原作の人気コミックを窪田正孝主演で映画化したダークファンタジー。喰種(グール)と呼ばれる正体不明の怪物と人間たちの戦いが、喰種となってしまった青年を軸に描かれる。ヒロインの董香を清水富美加、喰種捜査官の真戸を大泉洋が演じるなど、個性豊かなキャストが顔を揃える。

監督
萩原健太郎
出演キャスト
窪田正孝 清水富美加 鈴木伸之 桜田ひより

美女と野獣

絶大な人気を誇るディズニーのアニメ作品をエマ・ワトソン主演で実写映画化したラブストーリー。呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった王子と、彼の前に現れた娘の運命を描く。『ドリームガールズ』のビル・コンドン監督が、壮大な世界観を見事に映像化し、アニメ版同様に歌あり、踊りありのミュージカル調の物語に仕立てている。

監督
ビル・コンドン
出演キャスト
エマ・ワトソン ダン・スティーヴンス ルーク・エヴァンス ジョシュ・・ギャッド
2015年

天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜

  • 2015年5月23日(土)公開
  • 出演(声)(ダンテ 役)

不条理な笑いで人気を博した赤塚不二夫の代表作「天才バカボン」初の長編劇場版アニメ。「秘密結社鷹の爪」シリーズのFROGMANが監督・脚本・声優を担当し、悪の手先となった「フランダースの犬」のネロ&パトラッシュとバカボン一家の壮絶な戦いが描かれる。人気アイドルグループ、チームしゃちほこがオープニングテーマを担当。

監督
FROGMAN
出演キャスト
FROGMAN 瀧本美織 濱田岳 犬山イヌコ
2014年

ゲキ×シネ ZIPANG PUNK 五右衛門ロックIII

  • 2014年3月29日(土)公開
  • 出演(蜂ヶ屋善兵衛 役)

劇団☆新感線の舞台をスクリーンで見せる試みを続ける『ゲキ×シネ』シリーズ。第12弾は、看板俳優の古田新太が世紀の大泥棒、石川五右衛門に扮する人気シリーズ「五右衛門ロック」の第3作。空海の秘宝を巡り、堺の豪商に豊臣秀吉、海外の公爵夫人を巻き込んでの騒動が描かれる。三浦春馬、蒼井優といった新感線初出演組に注目だ。

監督
渡部武彦 芳谷研
出演キャスト
古田新太 三浦春馬 蒼井優 浦井健治
2008年

山桜

  • 2008年5月31日(土)公開
  • 出演(諏訪平右衛門 役)

「武士の一分」などの原作者、藤沢周平の短編を田中麗奈主演で映画化。不幸な結婚に耐える女性が、かつて自分を慕った武士と出会い、自分の生き方を見出す姿を描く。

監督
篠原哲雄
出演キャスト
田中麗奈 篠田三郎 檀ふみ 北条隆博
2005年

映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃

  • 2005年4月16日(土)公開
  • 出演(ミライマン 役)

人気アニメの劇場版第13弾。現実の世界を守るために3分後の未来に行った野原一家が、悪い怪獣たちとバトルを繰り広げる。坂井真紀がテレビリポーター役で、波田陽区が怪獣役で登場!

監督
ムトウユージ
出演キャスト
矢島晶子 ならはしみき 藤原啓治 こおろぎさとみ
2001年

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃

  • 2001年12月15日(土)公開
  • 出演(日野垣真人 役)

平成「ガメラ」シリーズの金子修介監督が、ゴジラ映画に初挑戦。新たな設定をもとにゴジラを脅威の存在に徹しさせ、怪獣たち、そして人類との壮絶な戦いを描く最新作。

監督
金子修介
出演キャスト
新山千春 宇崎竜童 吉田瑞穂 大橋明
1997年

マグニチュード

  • 1997年11月22日(土)公開
  • 出演(室井哲郎 役)

大地震を背景に、消防隊員の父子の葛藤と絆を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「ときめきメモリアル」の菅原浩志。脚本は長谷川隆、後藤槇子、菅原の共同。撮影を「シャ乱Qの演歌の花道」の栢野直樹が担当している。主演は「美味しんぼ」の田中邦衛と「わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語」の緒形直人、「ナースコール」の薬師丸ひろ子。

監督
菅原浩志
出演キャスト
田中邦衛 緒形直人 薬師丸ひろ子 高橋恵子
1995年

渚のシンドバッド

  • 1995年12月16日(土)公開
  • 出演(修司の父 役)

同性の同級生に恋心を抱く青年、そんな彼に接近してくる風変わりな少女。同級の六人の17歳の男女が織り成す、ひと夏の青春群像劇。監督・脚本は「二十才の微熱」の橋口亮輔。音楽を元“男闘呼組”の高橋和也が担当し、主題歌も歌っている。主演はテレビ・ドラマ『正義は勝つ』の岡田義徳、『走らんか!』の草野康太、「麗霆”子!! 総長最後の日」の浜崎あゆみ。ぴあフィルムフェスティバルを背景に、東宝とぴあが提携するニューレーベル“YES”(Young Entertainment Square)の第一弾として製作された。第8回東京国際映画祭ヤングシネマ・コンペティション参加作品。95年度キネマ旬報ベストテン第10位。

監督
橋口亮輔
出演キャスト
岡田義徳 草野康太 浜崎あゆみ 高田久実

日本一短い「母」への手紙

  • 1995年11月23日(木)公開
  • 出演(島村 役)

福井県丸岡町が町起こしのために募集した“一筆啓上”から生まれたベストセラー『日本一短い「母」への手紙』の映画化。単行本に収録された230通の中から、「あの人と幸せでしょうか、お母さん。父さんは無口を通し逝きました」という短い手紙をモチーフに、オリジナル・ストーリーで脚本化したのは伊藤亮二と澤井信一郎。監督は「わが愛の譜 滝廉太郎物語」の澤井信一郎。主演は「江戸城大乱」の十朱幸代。共演はほかに「螢II 赤い傷痕」の裕木奈江、「汚い奴」の原田龍二ほか。

監督
澤井信一郎
出演キャスト
十朱幸代 裕木奈江 原田龍二 鈴木砂羽
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 村井国夫

ムービーウォーカー 上へ戻る