映画-Movie Walker > 人物を探す > 前田米造

年代別 映画作品( 1972年 ~ 2013年 まで合計117映画作品)

2013年

ひまわり 沖縄は忘れないあの日の空を

  • 2013年1月26日(土)公開
  • 撮影監督

実際に起きた米軍機墜落事件をモチーフに、現在の沖縄問題や日本の平和を問うヒューマンドラマ。監督は「夏のページ」の及川善弘。出演は「笑う蛙」の長塚京三、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの須賀健太、「カラスの親指」の能年玲奈、「桜の園 さくらのその」の福田沙紀、「太陽は待ってくれない」の鈴木裕樹。

監督
及川善弘
出演キャスト
長塚京三 須賀健太 能年玲奈 福田沙紀
2011年

THWAY 血の絆

  • 2011年10月14日(金)公開
  • 撮影

ミャンマーを舞台に、日本人の「姉」が、第二次世界大戦末期のインパール作戦に赴いた父親とビルマ人女性との間に生まれた「異母弟」を捜し歩き、めぐり逢う愛と感動の物語。ジャーネージョー・ママレーのベストセラー小説「THWAY」を、企画から14年もの長い歳月と、数々の苦労を乗り越えて完成させた日本=ミャンマー合作映画。企画・制作・脚本・監督は「戦争が終わった夏に」の千野皓司。出演は、本作がデビュー作の麻生あかり、チョウトウ、ミョウタンダートン、永島敏行ほか。第28回山路ふみ子文化賞受賞(2004年)、第14回日本映画批評家大賞 奨励賞受賞(2005年)、2004年度シナリオ功労賞受賞。2003年12月5日より、東京・国際交流基金フォーラムにて開催された、2003年日本ASEAN交流年2003&日越外交関係樹立30周年記念「東南アジア映画祭2003」にてプレミア上映。2011年10月13日より、広島県尾道市・福山市で開催された「お蔵出し映画祭2011」にて上映。

監督
千野皓司
出演キャスト
麻生あかり チョウトウ ミョウタンダートン ミンモンクン
2007年

蒼き狼 地果て海尽きるまで

  • 2007年3月3日(土)公開
  • 撮影

森村誠一の小説を原作に、モンゴル建国の英雄チンギス・ハーンの生涯を描く歴史ドラマ。「男たちの大和 YAMATO」の反町隆史が、青年期以降のハーンことテムジンを演じる。

監督
澤井信一郎 ニャムガワ
出演キャスト
反町隆史 菊川怜 若村麻由美 袴田吉彦
2005年

オペレッタ狸御殿

  • 2005年5月28日(土)公開
  • 撮影

巨匠、鈴木清順監督がチャン・ツィイー&オダギリジョー主演で放つ豪華絢爛なミュージカル。異国からやってきた狸姫と人間の青年の恋が、歌と踊り満載で展開する。

監督
鈴木清順
出演キャスト
チャン・ツィイー オダギリ ジョー 薬師丸ひろ子 平幹二朗
2002年

ラストシーン

  • 2002年11月9日(土)公開
  • 撮影

「仄暗い水の底から」の中田秀夫監督が、映画への思いをつづった注目作。かつて名をはせた往年の大俳優と、若く純粋な女性スタッフの交流を描くハートフル・ドラマ。

監督
中田秀夫
出演キャスト
西島秀俊 若村麻由美 麻生祐未 麻生久美子
2001年

ピストルオペラ

  • 2001年10月27日(土)公開
  • 撮影

鬼才・鈴木清順が10年ぶりに手がけた最新長編監督作。自作「殺しの烙印」をもとに、鮮やかな色彩設計のなかに殺し屋たちの闘いを描いた異色のアクション娯楽作だ。

監督
鈴木清順
出演キャスト
江角マキコ 山口小夜子 韓英恵 平幹二朗
2000年

  • 2000年7月8日(土)公開
  • 撮影

 黒木瞳が下町の人気ストリッパー役に挑戦。誇りを持って生きるヒロインと、そんな母親に複雑な思いをいだく10代の娘との愛とかっとうの物語がしっとりと描かれる。

監督
君塚匠
出演キャスト
黒木瞳 今村理恵 加藤晴彦 萩本欽一

おしまいの日

  • 2000年1月15日(土)公開
  • 撮影

ある夫婦の姿を通して現代の夫婦の在り方を問うドラマ。監督は「激しい季節」の君塚匠。新井素子による同名小説を、監督が脚色。撮影を「お墓がない!」の前田米造が担当している。主演は「カンゾー先生」の裕木奈江と「マルタイの女」の高橋和也。

監督
君塚匠
出演キャスト
裕木奈江 高橋和也 菜木のり子 金山一彦
1998年

お墓がない!

  • 1998年公開
  • 撮影

人一倍プライドの高い大女優が、自分が入るに相応しいお墓を探して東奔西走する姿を描いたコメディ。監督は「OL忠臣蔵」の原隆二。脚本は「新・静かなるドン」の大森寿美男。撮影を「鍵」の前田米造が担当している。主演は「極道の妻たち 決着」の岩下志麻。

出演キャスト
岩下志麻 袴田吉彦 安達祐実 高橋ひとみ
1997年

マルタイの女

  • 1997年公開
  • 撮影

殺人事件の現場を目撃してしまった女優が、身辺保護の刑事に守られながら困難を乗り越え、裁判で証言台に立つまでの姿を描いた社会派コメディ。監督・脚本は「スーパーの女」の伊丹十三で、これが監督としての第10作目だったが、映画が公開された後の97年12月20日に突然の飛び降り自殺をしてこの世を去ったため、同時に遺作ともなった。撮影は「スーパーの女」の前田米造が担当している。主演は伊丹映画全作品に出演している「スーパーの女」の宮本信子。共演に「瀬戸内ムーンライト・セレナーデ」の西村雅彦、「さすらいのトラブル・バスター」の村田雄浩ほか。「ラヂオの時間」と併せて西村が本作でキネマ旬報助演男優賞を受賞した。タイトルにもなっているマルタイとは、警察用語で身辺保護の対象者を意味し、92年の「ミンボーの女」の公開直後に伊丹が暴力団の男たちに斬りつけられた事件が起きた際に、伊丹自身と夫人の宮本信子が、実際にマルタイとなった経験をもとに本作が作り上げられた。

監督
伊丹十三
出演キャスト
宮本信子 西村雅彦 村田雄浩 高橋和也
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 前田米造

ムービーウォーカー 上へ戻る