映画-Movie Walker > 人物を探す > 田中修

年代別 映画作品( 1959年 ~ 2012年 まで合計228映画作品)

2012年

白昼の女狩り

  • 2012年5月13日(日)公開
  • 編集

仲間と共に迷彩服に身を固め機関銃で女を殺害し続ける男と彼が想いを寄せる女との交わりを描く成人映画。監督は「唐獅子株式会社」の曾根中生。出演は「残酷!少女タレント」の加来見由佳、「唐獅子株式会社」のなぎら健壱ほか。内容の過激さにより公開が見送られ長い間幻の作品となっていた。2012年5月12日より、東京・渋谷ユーロスペースを皮切りに全国で順次開催された日活創立100周年記念「生きつづけるロマンポルノ」にて初上映。

監督
曾根中生
出演キャスト
加来見由佳 なぎら健壱 由利ひとみ 織本かおる
1999年

共犯者(1999)

  • 1999年4月10日(土)公開
  • 編集

大組織相手に立ち向かっていく殺し屋と人妻の壮絶な戦いを描く、バイオレンス・Vシネマ「カルロス」の続編。監督・脚本は「鉄と鉛」のきうちかずひろ。撮影を「あぶない刑事 フォーエヴァー」の仙元誠三が担当している。主演は、「完全なる飼育」の竹中直人と「踊る大捜査線」の小泉今日子、「エロティックな関係」の内田裕也。

監督
きうちかずひろ
出演キャスト
竹中直人 小泉今日子 内田裕也 大沢樹生
1996年

人間の翼 最後のキャッチボール

  • 1996年6月29日(土)公開
  • 編集

野球への情熱を燃やしながら戦中を生き、特攻隊員として24歳の若さで命を散らせた実在の元プロ野球投手・石丸進一(名古屋軍=現・中日ドラゴンズ)をモデルにした青春ドラマ。監督は「男組 少年刑務所」の岡本明久。牛島芳彦の原作を、岡本と斎藤力が脚本化した。撮影は高岩震が担当している。主演は「鬼平犯科帳」の東根作寿英。戦後50周年平和祈念映画。

監督
岡本明久
出演キャスト
東根作寿英 山口真有美 酒井一圭 佐藤允
1994年

BE-BOP-HIGHSCHOOL ビー・バップ・ハイスクール(1994)

  • 1994年2月19日(土)公開
  • 編集

不良コンビ、ヒロシとトオルが天保工業の不良集団と戦う様子をハードに描く青春アクション。「週刊ヤングマガジン」(講談社・刊)に連載中の同名漫画を、Vシネマ「カルロス」で監督デビューした原作者のきうちかずひろ自身が監督したもので、以前の那須博之監督による「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズ(85~88年)とは装いも新たにバイオレンス色が全面に打ち出されたもの。脚本は「カルロス」の木内一雅、撮影は「カルロス」「リング・リング・リング 涙のチャンピオンベルト」の仙元誠三が担当。主演の2人はオーディションにより新人が選ばれた。

監督
きうちかずひろ
出演キャスト
岸本祐二 庄司哲郎 花嫁いづみ 家根本渉
1993年

紅蓮華

  • 1993年2月公開
  • 編集

昭和から平成へ、ひとりの女が時代に翻弄されながらも理想の愛を追い求めて逞しく生きていった姿を描く女性映画。田中うめのの原作『梅一輪』をもとに、「出張」などの監督・沖島勲と佐伯俊道が脚色、ピンク映画界の大御所・渡辺護が「冷血」(84)以来二作目となる一般映画として監督した。

監督
渡辺護
出演キャスト
秋吉久美子 役所広司 武田久美子 逗子とんぼ
1991年

アジアン・ビート アイ・ラブ・ニッポン

  • 1991年8月31日(土)公開
  • 編集

国際都市TOKYOを舞台に、日本人青年の愛と反抗を描くサスペンス・アクション。日本、台湾、シンガポール、タイ、マレーシア、香港のアジア六カ国の若手監督たちが連作する多国籍ムービー、「アジアンビート」シリーズ第一弾。監督は、これが長編デビューとなる天願大介。出演は永瀬正敏、ルビー・モレノほか。

監督
天願大介
出演キャスト
永瀬正敏 ルビー・モレノ ユキオヤマト 鰐淵晴子
1990年

斬殺せよ 切なきもの、それは愛

  • 1990年11月23日(金)公開
  • 編集

昭和初期の遊郭を舞台にそこでけなげに生きる娼婦と時代の運命に流されながら生きる人間たちの愛と葛藤を描く。脚本・監督は「矢田教育差別事件」の須藤久。共同脚本は米谷純一。撮影は「べっぴんの町」の宗田喜久松がそれぞれ担当。

監督
須藤久
出演キャスト
若山富三郎 佳那晃子 川野太郎 北野武
1989年

二十世紀少年読本

  • 1989年11月23日(木)公開
  • 編集

日本のサーカスをテーマに、その娯楽の歴史とそこに生きた人々をノスタルジーに描く。脚本・監督は「夢みるように眠りたい」の林海象、撮影は「昼漏らす人妻」の長田勇市がそれぞれ担当。

監督
林海象
出演キャスト
三上博史 佳村萠 シュウケン 朝山ゆき

六本木バナナ・ボーイズ

  • 1989年8月12日(土)公開
  • 編集

東京・六本木を舞台に幼馴染みの二青年とヤクザとの争いを描く。喜多嶋隆原作の同名小説の映画化で、脚本は「もっとあぶない刑事」の柏原寛司が執筆。監督は「バカヤロー!2 「幸せになりたい。」」(「女だけトシとるなんて」)の成田裕介、撮影は「もっとあぶない刑事」の柳島克己がそれぞれ担当。主題歌は、清水宏次朗(「俺たちのシーズン」)。

監督
成田裕介
出演キャスト
仲村トオル 清水宏次朗 森川由加里 カトリーナ・ケーシー

せんせい(1989)

  • 1989年4月8日(土)公開
  • 編集

廃校が近い東京・下町の中学校を舞台に型破りな教師と生徒たちとのふれあいを描く。脚本は「ガラスの中の少女(1988)」の車森孝子が執筆。監督は「双子座の女」の山城新伍、撮影は「橋(1988)」の鈴木耕一がそれぞれ担当。主題歌は、上田正樹(「望郷」)。

監督
山城新伍
出演キャスト
松方弘樹 梅宮辰夫 JJサニー千葉 渡瀬恒彦
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 田中修

ムービーウォーカー 上へ戻る