映画-Movie Walker > 人物を探す > 田村高廣

年代別 映画作品( 1954年 ~ 2014年 まで合計178映画作品)

2014年

朽ちた手押し車

  • 2014年5月3日(土)公開
  • 出演

新潟県の漁村で生きる一家を舞台に痴呆と安楽死を描く社会派ドラマ。監督は「嵯峨野の宿」「橋」の島宏で、今作がデビュー作だった。出演は田村高廣、長山藍子、誠直也、三國連太郎ほか。製作後未公開のままであったが、2013年9月21日より、広島県尾道市、福山市で開催された「お蔵出し映画祭2013」にて上映。同映画祭でコンペ部門のグランプリと観客賞を受賞した。30年の歳月を経て2014年5月3日より丸の内TOEI他にて、全国公開。

監督
島宏
出演キャスト
田村高廣 長山藍子 誠直也 三國連太郎
2010年

天皇の世紀

  • 2010年12月4日(土)公開
  • 出演(阿部伊勢守 役)

幕末から明治維新の激動の時代を描いた大佛次郎の歴史小説を、1971年に朝日放送がドラマ化した全13話の作品を劇場公開。「七人の侍」の志村喬、「トラ・トラ・トラ!」の田村高廣など豪華キャストに加え、山本薩夫、今井正、三隅研次、篠田正浩などの巨匠たちが監督した大作。なお、作者他界により、原作は未完に終わった。

監督
山本薩夫 下村堯二 高橋繁男 今井正
出演キャスト
田村高廣 田村正和 田村亮 志村喬
2007年

The 焼肉ムービー プルコギ

  • 2007年5月5日(土)公開
  • 出演(韓老人 役)

松田龍平が食堂の従業員、山田優が同店の看板娘を演じるグルメ映画。ARATAら多彩な共演陣に加え、これが遺作となった田村高廣が“焼肉の達人”韓老人役で主人公を支える。

監督
グ・スーヨン
出演キャスト
松田龍平 山田優 井浦新 田口トモロヲ

二十四の瞳(デジタルリマスター)

  • 2007年3月3日(土)公開
  • 出演(岡田磯吉 役)

島に赴任した女性教師と12人の子供たちの長きにわたる交流を描く感動作。木下惠介監督、高峰秀子主演の名作が最新のデジタル技術によって、劇場公開当時の映像でよみがえる。

監督
木下惠介
出演キャスト
高峰秀子 天本英世 八代敏之 木下尚寅
2003年

アイ・ラヴ・ピース

  • 2003年12月20日(土)公開
  • 出演(榊原教授 役)

島根県大田市とアフガニスタンを舞台に、義肢装具士を目指すろうあの主人公とアフガニスタンの少女の交流を描く人間ドラマ。言葉(手話)の壁を越えた2人の友情を通して戦争の残忍さを訴える。

監督
大澤豊
出演キャスト
忍足亜希子 アフィファ 林泰文 宍戸開

蒸発旅日記

  • 2003年7月12日(土)公開
  • 出演(墓石を探す男 役)

「無能の人」などで知られるカルト漫画家・つげ義春の同名エッセイを映像化。漫画作品のイメージも取り入れ、美術監督の重鎮・木村威夫による鮮烈な色彩と怪しげな映像空間が圧巻だ。

監督
山田勇男
出演キャスト
銀座吟八 秋桜子 田村高廣 清水ひとみ
2002年

阿弥陀堂だより

  • 2002年10月5日(土)公開
  • 出演(幸田重長 役)

「雨あがる」で世界的に高い評価を得た小泉堯史監督の最新作。奥信濃の自然美を背景に、都会から来た中年夫婦と田舎の人々の温かい交流をしみじみとつづる感動作だ。

監督
小泉堯史
出演キャスト
寺尾聰 樋口可南子 北林谷栄 田村高廣
1999年

チンパオ 陳宝的故事

  • 1999年10月2日(土)公開
  • 出演(相沢健 役)

太平洋戦争末期、食料徴発と称し日本軍部隊に大切な子牛を略奪された中国人の幼い兄妹と、ひとりの日本人兵士の心の交流を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「Pipi とべないホタル」の中田新一。実体験を基にした元小学校教諭・黒薮次男による児童文学を、中田新監督と叢者甲、「栄光へのシュプール 猪谷千春物語」の今泉俊昭が共同脚色。撮影を「宮澤賢治 その愛」の伊藤嘉宏が担当している。主演は、「秘祭」の田村高廣とその青年時代を演じた『天うらら』の大浦龍宇一。日中平和友好条約締結20周年記念企画、日中合作作品。

監督
中田新一 山本伊知郎
出演キャスト
田村高廣 大浦龍宇一 徐可心 金山一彦
1998年

秘祭

  • 1998年5月30日(土)公開
  • 出演(宮良部ヨシオ 役)

古い慣習やならわしに支配される島を舞台に、それを突き崩そうとした青年が辿る悲劇を描いたドラマ。監督は「パンダ物語」の新城卓。脚本は、「錆びたナイフ」の石原慎太郎で、自身による原作を脚色。撮影を鈴木達夫が担当している。主演は「プライド運命の瞬間」の大鶴義丹と、「ユキエ」の倍賞美津子。

監督
新城卓
出演キャスト
大鶴義丹 倍賞美津子 田村高廣 本田博太郎
1996年

眠る男

山間の小さな町に暮らす様々な人たちの、四季を通じた日常の断片をつづったドラマ。監督は「死の棘」の小栗康平。主演は「Shall We ダンス?」の役所広司と、韓国のトップスターで「ディープ・ブルー・ナイト」の安聖基、そしてやはりインドネシアのスターで「チュッ・ニャ・ディン」のクリスティン・ハキム。群馬県が人口200万人到達を記念して、地方自治体としては初めて製作した劇映画である。第20回モントリオール世界映画祭審査員特別大賞、第47回ベルリン映画祭国際芸術映画連盟賞を受賞。96年度キネマ旬報ベストテン第3位、小栗が2度目の監督賞を受賞した。群馬県吾妻郡中之条町でロケされた。1995年12月2日より群馬県・前橋オリオン2にて先行上映。

監督
小栗康平
出演キャスト
役所広司 アン・ソンギ クリスティン・ハキム 野村昭子
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 田村高廣

ムービーウォーカー 上へ戻る