映画-Movie Walker > 人物を探す > 浜村純

年代別 映画作品( 1954年 ~ 2005年 まで合計264映画作品)

1980年

さらば、わが友 実録大物死刑囚たち

  • 1980年11月15日(土)公開
  • 出演(列車の老人 役)

一度死刑を宣告されながらも、法律闘争によって出所した囚人と、獄中で共に生活した死刑囚たちの姿を描く。終戦後、暫くして、防衛庁に乗り込み数千万円の公金を強奪した、実在の元死刑囚K・Oの体験をもとにした原作の映画化で、脚本は「真田幸村の謀略」の中島貞夫、「原子力戦争 Lost Love」の鴨井達比古、「トラック野郎 熱風5000キロ」の中島信昭の共同執筆、監督も同作の中島貞夫、撮影は「動乱」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
磯部勉 愛川欽也 永島敏行 高橋昌也

太陽の子 てだのふあ

  • 1980年9月13日(土)公開
  • 出演(おじやん 役)

神戸で大衆食堂を営む沖縄出身の夫婦と小学生の娘。そして、その店に集まる人々の暖かい交流と背後に隠された暗い戦争の傷あとを描く。灰谷健次郎の同名の小説の映画化で脚本、監督は「龍の子太郎」の浦山桐郎で、劇映画は「青春の門 自立篇(1977)」以来四年ぶり、撮影は「昭和エロチカ 薔薇の貴婦人」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
浦山桐郎
出演キャスト
原田晴美 大空真弓 河原崎長一郎 当山全拡

戒厳令の夜

  • 1980年7月5日(土)公開
  • 出演(鹿火隼人 役)

占領下のパリからナチスによって日本へ持ち運ばれた絵の背後にある秘密を追う主人公たちを描く。五木寛之の同名ベストセラー小説の映画化で、脚本は夢野京太郎と佐々木守の共同執筆、監督は「徳川一族の崩壊」の山下耕作、撮影は宮島義勇がそれぞれ担当。(16m/m)

監督
山下耕作
出演キャスト
鶴田浩二 伊藤孝雄 樋口可南子 佐藤慶
1979年

遠い明日

  • 1979年11月3日(土)公開
  • 出演(斎藤 役)

殺人囚の父親を持つ青年が、父の罪に疑問を抱き、無罪の証明をする姿を描く。A・J・クローニンの「地の果てまで」の映画化で、脚本は「復讐するは我にあり」の馬場当、監督は「赫い髪の女」の神代辰巳、撮影は「神様なぜ愛にも国境があるの」の原一民がそれぞれ担当。

監督
神代辰巳
出演キャスト
三浦友和 いしだあゆみ 宮下順子 若山富三郎

夜叉ヶ池

  • 1979年10月20日(土)公開
  • 出演(影法師 役)、出演(鐘つき弥太兵衛 役)

山麓の鐘を日に三度つかなければ、夜叉ヶ池に封じ込められている竜神が暴れだすという言い伝えを破ったために、竜に村を滅ぼされてしまうという幻想と伝説の世界を描く泉鏡花の戯曲の映画化で、脚本は「十八歳、海へ」の田村孟と三村晴彦の共同執筆、監督は「はなれ瞽女おりん」の篠田正浩、撮影は「雲霧仁左衛門」の小杉正雄と「九月の空」の坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
篠田正浩
出演キャスト
五代目坂東玉三郎 加藤剛 山崎努 丹阿弥谷津子

真田幸村の謀略

  • 1979年9月1日(土)公開
  • 出演(戸沢白雲斉 役)

関ケ原の戦いで敗退した真田幸村が、天下統一の野望を成就しようとする家康の首を狙って、真田十勇士と共に、さまざまな謀略に打って出る姿を描く。脚本は「やくざの墓場 くちなしの花」の笠原和夫「団鬼六 縄と肌」の松本功、「ひと夏の秘密」の田中陽造、「総長の首」の中島貞夫の共同執筆、監督も同作の中島貞夫、撮影は「地獄(1979)」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
松方弘樹 寺田農 あおい輝彦 ガッツ石松

地獄(1979)

  • 1979年6月3日(日)公開
  • 出演(懸衣翁 役)

姦通の罪によって地獄に落ちた母を追って、近親相姦の罪を犯して地獄に落ちる一人の女を描く。脚本は「禁じられた体験」の田中陽造、監督は「赫い髪の女」の神代辰巳、撮影は「沖縄10年戦争」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
神代辰巳
出演キャスト
原田美枝子 岸田今日子 石橋蓮司 林隆三
1978年

鬼畜

  • 1978年10月7日(土)公開
  • 出演(福祉事務所の係員 役)

父を思い続ける息子と、環境に押し流されて正気を失う弱い父親、大人と子供の世界を較べながら、切っても切れない親子の絆を描く。松本清張の、昭和32年に事実をもとに書き下ろした原作の映画化。脚本は「ダイナマイトどんどん」の井手雅人、監督は「事件」の野村芳太郎、撮影は「事件」の川又昂がそれぞれ担当。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
岩下志麻 緒形拳 岩瀬浩規 吉沢美幸

新・人間失格

  • 1978年9月2日(土)公開
  • 出演(老人 役)

東京を脱出して、放浪の日々を送る青年と太宰治を生んだ“津軽”の風土を描く。脚本は小林竜雄、監督は吉留紘平、撮影は長沼六男がそれぞれ担当。

監督
吉留紘平
出演キャスト
大森博 鈴木ヤスシ うえだ峻 大塚悦子

お嫁にゆきます

  • 1978年7月22日(土)公開
  • 出演(沢本久造 役)

森昌子のデビュー七周年記念作品。水上バスの係員ををしている村の人気者なつ子の愛と結婚を描く青春映画。脚本は「青い山脈(1975)」の井手俊郎、監督は「霧の旗(1965)」の西河克己、撮影は「20歳の性白書 のけぞる」の高村倉太郎がそれぞれ担当

監督
西河克己
出演キャスト
森昌子 佐野浅夫 永島暎子 宮脇健
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 浜村純

ムービーウォーカー 上へ戻る