映画-Movie Walker > 人物を探す > 金子修介

年代別 映画作品( 1982年 ~ 2017年 まで合計54映画作品)

2017年

リンキング・ラブ

  • 2017年公開
  • 監督、脚本

監督
金子修介
出演キャスト
田野優花 石橋杏奈 白洲迅 中尾明慶

こいのわ 婚活クルージング

  • 2017年秋公開
  • 監督

2017年11月11日より広島先行公開。

監督
金子修介
出演キャスト
風間杜夫 片瀬那奈 海老瀬はな 城みちる
2016年

スキャナー 記憶のカケラをよむ男

  • 2016年4月29日(金)公開
  • 監督

物や場所に残った人間の記憶や感情(=残留思念)を読み取る特殊な能力を持った元お笑い芸人とその元相方がピアノ教師失踪事件の謎に迫っていく姿を描くミステリー。野村萬斎が特殊な力のせいで過酷な人生を歩む主人公を、雨上がり決死隊の宮迫博之がその元相方役を演じる。『デスノート』シリーズの金子修介が監督を務める。

監督
金子修介
出演キャスト
野村萬斎 宮迫博之 安田章大 杉咲花
2014年

少女は異世界で戦った

  • 2014年9月27日(土)公開
  • 監督、原案

2つの世界が存在する近未来を舞台に、女剣士たちの活躍を描くSFアクション。監督は、「DEATH NOTE デスノート」の金子修介。出演は、「R-18 文学賞 vol.2 ジェリー・フィッシュ」の花井瑠美、「ヌイグルマーZ」の武田梨奈、「アバター」の加弥乃、「TOKYO TRIBE」の清野菜名。

監督
金子修介
出演キャスト
花井瑠美 武田梨奈 清野菜名 加弥乃
2013年

R-18文学賞vol.2 ジェリー・フィッシュ

  • 2013年8月31日(土)公開
  • 監督

女性だけが応募でき、女性編集者と女性作家が選考する、“女性による女性のための性を描いた小説”の文学賞である「R-18文学賞」。その第11回で最終候補になった雛倉さりえの同名作を金子修介監督が映画化。女子高生同士の淡く残酷な恋愛を映し出す。08年のミスマガジン審査員特別賞に輝いた大谷澪が映画初主演で大胆な濡れ場に挑戦。

監督
金子修介
出演キャスト
大谷澪 花井瑠美 川田広樹 川村亮介

生贄のジレンマ 上

  • 2013年7月13日(土)公開
  • 監督

土橋真二郎の同名小説を原作に「L change the World」の小林弘利が脚本を書き、「DEATH NOTE デスノート」の金子修介監督が映画化。生贄を捧げなければ全員が死亡するというサバイバルゲームに巻き込まれていく高校生たちの姿を描く。<上><中><下>の三部作のうち<上>が劇場公開された。(<中><下>はDVDで発表) 出演は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの須賀健太、「ゆめのかよいじ」の竹富聖花、「メサイア」の木ノ本嶺浩。

監督
金子修介
出演キャスト
須賀健太 竹富聖花 木ノ本嶺浩 山本ひかる

百年の時計

  • 2013年5月25日(土)公開
  • 監督

香川県の高松築港から琴電琴平までを走る琴平線など、香川県内に3路線を走らせる高松琴平電気鉄道。同社の開業100周年を記念し、オール香川ロケで撮影されたヒューマンドラマ。ひとつの懐中時計を巡り、美術館学芸員の女性と年老いた芸術家との交流を香川の美しい風景とともに描き出す。監督は『デスノート』シリーズの金子修介。

監督
金子修介
出演キャスト
木南晴夏 ミッキー・カーチス 中村ゆり 木内晶子

Living in japan 一日がつなぐ未来

  • 2013年4月5日(金)公開
  • 監督

2011年3月11日に起きた東日本大震災から5ヶ月目の8月11日。ひとりの少女の目を通して日本の普通の一日を描いた短篇ドラマ。観光庁の協力の下、プロによる映像を軸に一般からの投稿映像を組み合わせて作られた映像詩。監督は「メサイア」の金子修介。出演は「貞子3D」の高良光莉。映像を提供した協力監督は16人におよんだ。2013年3月28日より、東京・池袋新文芸座にて開催された「気になる日本映画達2012 PART2」にて特別上映。

監督
金子修介
出演キャスト
高良光莉
2012年

青いソラ白い雲

  • 2012年3月31日(土)公開
  • 監督、脚本

東日本大震災に見舞われた東北を舞台に、飼い主を失った犬と少女との絆を描く青春ドラマ。震災後の空気感を描きたいとメガホンを握ったのは『デスノート』シリーズの金子修介。ヒロインのリエを演じるのはモデルとして活躍し、本作が映画初出演となる森星。

監督
金子修介
出演キャスト
森星 大沢樹生 渡辺裕之 畑中葉子
2011年

メサイア

  • 2011年10月15日(土)公開
  • 監督

ドラマCDをきっかけに、小説、漫画などで人気を博した同名作を『デスノート』の金子修介監督が実写映画化。公安スパイの青年がある学園に潜入し、監視対象であるクラスメートと打ち解けながらも素性を明かせないジレンマを映し出す。金子監督の前作『ポールダンシングボーイ☆ず』でも主演を務めた荒井敦史が主人公役に。

監督
金子修介
出演キャスト
荒井敦史 井上正大 木ノ本嶺浩 陳内将

関連ニュース

木南晴夏、初主演映画のヒロインに共感「これは私だと思った」
木南晴夏、初主演映画のヒロインに共感「これは私だと思った」(2013年5月20日)

『20世紀少年』や「勇者ヨシヒコ」シリーズで人気の木南晴夏が、『デスノート』シリーズの金子修介監督作『百年の時計』(5月25日公開)で長編映画初主演を飾った。個…

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 金子修介

ムービーウォーカー 上へ戻る