映画-Movie Walker > 人物を探す > デイヴィッド・ペイマー

年代別 映画作品( 1993年 ~ 2014年 まで合計21映画作品)

2014年

エージェント:ライアン

  • 2014年2月15日(土)公開
  • 出演(Dixon Lewis 役)

ハリソン・フォードらの主演でこれまでに4作が製作された、トム・クランシーの人気小説「ジャック・ライアン」シリーズ。『スター・トレック』のクリス・パインが4代目ライアンに扮し、世界を恐怖に陥れるテロに立ち向かう姿を描くサスペンス・アクション。ケネス・ブラナーが監督と、ライアンの敵であるロシアの富豪役を演じる。

監督
ケネス・ブラナー
出演キャスト
クリス・パイン キーラ・ナイトレイ ケヴィン・コスナー ケネス・ブラナー
2012年

Virginia ヴァージニア

  • 2012年8月11日(土)公開
  • 出演(サム 役)

巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督が、エドガー・アラン・ポーをモチーフに、現代と過去に起きた2つの事件の謎を解明しようとする作家の姿を描くサスペンス・ミステリー。小説家役にヴァル・キルマー、謎の少女V.[ヴィー]をエル・ファニングが演じるほか、トム・ウェイツがナレーションを担当するなど、豪華な顔ぶれが揃った。

監督
フランシス・フォード・コッポラ
出演キャスト
ヴァル・キルマー ブルース・ダーン エル・ファニング ベン・チャップリン
2009年

スペル

  • 2009年11月6日(金)公開
  • 出演(ジャックス氏 役)

「スパイダーマン」のサム・ライミ監督によるサスペンス・スリラー。ほんの少しの不親切がきっかけで、思いもよらぬ体験をするはめになるヒロインの驚愕の3日間が描かれる。

監督
サム・ライミ
出演キャスト
アリソン・ローマン ジャスティン・ロング ローナ・レイヴァー ディリープ・ラオ
2004年

あなたにも書ける恋愛小説

  • 2004年5月22日(土)公開
  • 出演(John Shaw 役)

恋愛映画の名手、ロブ・ライナー監督&ケイト・ハドソン主演のラブ・ストーリー。小説家と速記係の恋模様を、現実と小説の中の世界をシンクロさせてつづる小粋な物語。

監督
ロブ・ライナー
出演キャスト
ケイト・ハドソン ルーク・ウィルソン ソフィー・マルソー デイヴィッド・ペイマー
2001年

チルファクター

  • 2001年10月27日(土)公開
  • 出演(Dr. Richard Long 役)

究極の化学兵器を死守するはめになった若者2人の運命を描くアクション。追いすがる武装集団との闘いが、主演コンビのコミカルな掛け合いとスリル満載で展開する。

監督
ヒュー・ジョンソン
出演キャスト
スキート・ウーリッチ キューバ・グッディング・ジュニア ピーター・ファース デイヴィッド・ペイマー
2000年

ザ・ハリケーン

  • 2000年6月24日(土)公開
  • 出演(Myron Bedlock 役)

 カーター役のD・ワシントンがアカデミー賞主演男優賞候補に。少年との交流による閉ざされた心の解放を説得力たっぷりに演じ演技派としての力量を見せつける。

監督
ノーマン・ジュイソン
出演キャスト
クランシー・ブラウン バジャ・ジョラー ヴィンセント・パストーレ アル・ワックスマン
1999年

ペイバック

  • 1999年5月15日(土)公開
  • 出演(Stegman 役)

裏切られ、全てを失った男の復讐を描いたハードボイルド・アクション。原作はリチャード・スタークの犯罪小説の名作『悪党パーカー』シリーズの一編「人狩り」(ハヤカワミステリ文庫・刊)で、67年のジョン・ブアマン監督、リー・マーヴィン主演「ポイント・ブランク 殺しの分け前」に次ぐ二度目の映画化となる。監督は「陰謀のセオリー」「L.A.コンフィデンシャル」の脚本を手掛け、これが初演出となるブライアン・ヘルゲランドで、脚本は彼と「マッドマックス サンダードーム」のテリー・ヘイズの共同。製作は「アンナ・カレーニナ」のブルース・デイヴィ、製作総指揮も同作のスティーヴン・マクヴィーティ。撮影は「187」のエリクソン・コア。音楽は「ジョー・ブラックをよろしく」のリス・ボードマン。美術は「ナイトウォッチ」のリチャード・フーヴァー。編集は「ブレーキ・ダウン」のケヴィン・スティット。衣裳は「ネゴシエーター」のハ・ニューエン。出演は「リーサル・ウェポン4」のメル・ギブソン、「スター・トレック 叛乱」のグレッグ・ヘンリー、「イレイザー」のジェームズ・コバーン、「ブレイド」のクリス・クリストファーソン、「マイティ・ジョー」のデイヴィッド・ペイマー、「クラッシュ」のデボラ・カーラ・アンガー、「ローリング・サンダー」のウィリアム・ディヴェインほか。

監督
ブライアン・ヘルゲランド
出演キャスト
メル・ギブソン グレッグ・ヘンリー ジェームズ・コバーン クリス・クリストファーソン

マイティ・ジョー

  • 1999年4月10日(土)公開
  • 出演(Harry Ruben 役)

心優しき巨大ゴリラと彼を見守る勇敢な女性の冒険を描いたファンタジー・ロマン。「猿人ジョー・ヤング」(49)のリメイクで、監督は「トレマーズ」「愛が微笑む時」のロン・アンダーウッドがあたった。オリジナル脚本・原案はルース・ローズ、メリアン・C・クーパー、今回のリメイクでは「マーキュリー・ライジング」のマーク・ローゼンタールとローレンス・コナーが担当。製作は「インデペンデンス・デイ」のトム・ジェイコブソン、テッド・ハートリー。製作総指揮は「エアフォース・ワン」のゲイル・カッツ。撮影は「メン・イン・ブラック」のドン・ピーターマンと「フェイス/オフ」のオリヴァー・ウッド。音楽は「タイタニック」のジェームズ・ホーナー。美術は「身代金」のマイケル・コレンブリス。編集は「ミッションインポッシブル」のポール・ハーシュ。衣裳はモリー・マギニス。SFXはジョーのデザインと製作担当を「メン・イン・ブラック」などで著名なリック・ベイカーが手掛け、視覚効果をホイト・イエットマンを担当。出演は「ディアボロス 悪魔の扉」のシャリーズ・セロン、「タイタニック」のビル・パクストン、「セイント」のレート・セルベッジア、「エネミー・オブ・アメリカ」のレジーナ・キング、「レッサー・エヴィル」のデイヴィッド・ペイマーほか。

監督
ロン・アンダーウッド
出演キャスト
シャーリーズ・セロン ビル・パクストン レード・セルベッジア ピーター・ファース

ギャングシティ

  • 1999年3月20日(土)公開
  • 出演(Elliot Goff 役)

麻薬捜査をめぐり錯綜する人間関係が織りなすクライム・サスペンス。監督・脚本は「計画性のない犯罪」(監督)「ラッシュアワー」(脚本)のジム・コーフ。製作はブラッド・クレヴォイとスティーヴ・ステイブラーのコンビとジョン・ベルトッリ。製作総指揮は「コン・エアー」のリン・ビクロー=カウフ。撮影はブライアン・J・レイノルズ。音楽はスコアを「ハート・オブ・ダークネス コッポラの黙示録」のミッキー・ハート、音楽監修は「メリーに首ったけ」ハッピー・ウォルターズが担当。美術は「ブレードランナー」のチャールズ・ブリーン。編集は「エクソシスト3」のトッド・ラムゼイ。衣裳は「刑事ジョン・ブック 目撃者」のシャリ・フェルドマン。出演は「リバース」のジェームズ・ベルーシ、ラッパーで本作が遺作となった「グリッドロック」のトゥーパック・シャクール、「ため息つかせて」のレラ・ローコン、「愛に迷った時」のデニス・クエイド、「輝きの大地」のジェームズ・アール・ジョーンズ、「レッサー・エヴィル」のデイヴィッド・ペイマーほか。

監督
ジム・カウフ
出演キャスト
ジェームズ・ベルーシ トゥーパック・シャクール レラ・ローコン デニス・クエイド
1998年

レッサー・エヴィル

  • 1998年公開
  • 出演(George 役)

少年時代にはずみで犯した殺人事件をめぐって22年ぶりに再会した男たちの葛藤劇を描く異色スリラー。監督・製作は新鋭デイヴィッド・マッケイ。脚本はスティーヴン・シュルツェとジェレミー・レヴィンの共同で、シュルツェは撮影、レヴィンは美術と共同製作も担当。製作はダニエル・ヘルバーグ。製作総指揮はヨーラム・ペルマン。音楽はドン・デイヴィス。編集はブレッド・マーネル。出演は「アミスタッド」のアーリス・ハワードとデイヴィッド・ペイマー、「シティ・オブ・エンジェル」のコーム・フィオレ、「コレクター」のトニー・ゴールドウィンほか。

監督
デイヴィッド・マッケイ
出演キャスト
コルム・フィオール トニー・ゴールドウィン アーリス・ハワード デイヴィッド・ペイマー
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > デイヴィッド・ペイマー

ムービーウォーカー 上へ戻る