映画-Movie Walker > 人物を探す > ショーン・コネリー

年代別 映画作品( 1957年 ~ 2003年 まで合計57映画作品)

2003年

リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた戦い

  • 2003年10月11日(土)公開
  • 製作総指揮、出演(Allan Quatermain 役)

コミック原作の奇想天外な冒険物語が、新たに登場。7人の世界的な名作小説のヒーロー&ヒロインたちが、悪の組織と壮絶な闘いを展開するアクション・アドベンチャーだ。

監督
スティーヴン・ノリントン
出演キャスト
ショーン・コネリー ナジルラディン・シャー ペータ・ウィルソン トニー・カラン
2001年

小説家を見つけたら

  • 2001年3月10日(土)公開
  • 製作、出演(Forrester 役)

名優ショーン・コネリーが製作を兼ねて主演したヒューマン・ドラマ。孤独で気難しい老人と、人生の岐路に立った少年が織りなす交流劇を、文学をモチーフに綴る。

監督
ガス・ヴァン・サント
出演キャスト
ショーン・コネリー ロブ・ブラウン F・マーリー・エイブラハム アンナ・パキン
2000年

マイ・ハート,マイ・ラブ(1999)

  • 2000年5月20日(土)公開
  • 出演(Paul 役)

過去を乗り越えて生きようとする男女の姿を描く群像劇。監督・脚本は『ヘルガイバー 魔獣大戦』(V)のウィラード・キャロル。撮影は「ゴースト&ダークネス」のヴィルモス・ジグモンド。音楽は「007」シリーズのジョン・バリー。出演は「エントラップメント」のショーン・コネリー、「将軍の娘」のマデリーン・ストウ、「ボーン・コレクター」のアンジェリーナ・ジョリー、「Xファイル ザ・ムービー」のジリアン・アンダーソン、「ミルドレッド」のジーナ・ローランズ、「クルーエル・インテンションズ」のライアン・フィリップ、「ドラゴンハート」のデニス・クェイドほか。ナスターシャ・キンスキーが特別出演。

監督
ウィラード・キャロル
出演キャスト
ショーン・コネリー マデリーン・ストウ アンジェリーナ・ジョリー ライアン・フィリップ
1999年

エントラップメント

  • 1999年8月14日(土)公開
  • 製作、出演(Robert 'Mac' MacDougal 役)

老練な美術泥棒と美貌の保険会社調査員の駆け引きを描くサスペンス・ロマン。監督は「コピーキャット」のジョン・アミエル。脚本は「グッドナイト・ムーン」のロン・バスと「アポロ13」のウィリアム・ブロイルズ・Jr.。原案はバスと本作の製作のマイケル・ハーツバーグ。製作は主演のショーン・コネリー(「ザ・ロック」「アベンジャーズ」)、ハーツバーグ、コネリーのパートナーであるロンダ・トーレフソン(「理由」)。製作総指揮はバス、「フィフス・エレメント」。のイアン・スミス、「セブン」のアーノン・ミルチャン。撮影は「マスク・オブ・ゾロ」のフィル・メヒュー。音楽は「ラウンダース」のクリストファー・ヤング。美術は「ロスト・イン・スペース」のノーマン・ガーウッド。編集は「エイリアン3」のテリー・ローリングス。衣裳は「ミッションインポッシブル」のペニー・ローズ。共演は「マスク・オブ・ゾロ」のキャサリン・ゼータ=ジョーンズ、「アウト・オブ・サイト」のヴィング・レイムス、「アルマゲドン」のウィル・パットンほか。

監督
ジョン・アミエル
出演キャスト
ショーン・コネリー キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ヴィング・レイムス ウィル・パットン
1998年

アベンジャーズ

  • 1998年10月3日(土)公開
  • 出演(Sir August de Wynter 役)

気象を操って世界征服を企む悪党相手に戦いを挑む諜報員と女性科学者の活躍を描くスパイ・アクション。60年代に英国のABCテレビ(現テームズ・テレビ)で制作、ITV局で放映された人気ドラマ・シリーズ『The Avengers』(61~69年、日本では『おしゃれ(秘)探偵』『スパイ(秘)作戦』の題名で一部を放映)の映画化。オリジナル版でパトリック・マクニー(諜報員ジョン・スティード役、本作では声だけの特別出演)とダイアナ・リグ(科学者エマ・ピール役、正確には同シリーズの二代目のヒロイン)が演じた役には、「オスカーとルシンダ」のレイフ・ファインズと「ガタカ」のユマ・サーマンが起用された。監督は「悪魔のような女」のジェレマイア・チェチック。脚本は「ビギナーズ」などのドン・マクファーソン。製作は「スペシャリスト」「ヴェガス・バケーション」のジェリー・ワイントローブ。製作総指揮は「ベガス・バケーション」のスーザン・イーキンズ。撮影は「未来世紀ブラジル」「ラブ・アンド・ウォー」のロジャー・プラット。音楽は「エアフォース・ワン」のジョエル・マクニーリー。オリジナル・テーマ作曲はローリー・ジョンソン。美術は「ラブ・アンド・ウォー」のスチュアート・クレイグ。編集は「12モンキーズ」のミック・オーズリー。衣裳は「101」のアンソニー・パウエル。視覚効果監修は「チェーン・リアクション」のニック・デイヴィス。共演は「ザ・ロック」のショーン・コネリー、「リチャード三世」のジム・ブロードベント、「アンナ・カレーニナ」のフィオナ・ショー、英国の人気コメディアンのエディ・イザード、「ウルフ」のアイリーン・アトキンス、「リチャード三世」のジョン・ウッドほか。

監督
ジェレマイア・S・チェチック
出演キャスト
レイフ・ファインズ ユマ・サーマン ショーン・コネリー パトリック・マクニー
1996年

ザ・ロック

  • 1996年9月14日(土)公開
  • 製作総指揮、出演(John Patrick Mason 役)

猛毒の神経ガス・ロケット弾を奪ってアルカトラズ島を占拠したテロリスト集団と、密命を帯びて島に潜入した2人の男の戦いを描いたアクション大作。スリリングなストーリー、大がかりなアクション、主演の3人の男優の好演など見どころは多い。「ホーリー・ウェディング」のデイヴィッド・ウェイスバーグとダグラス・S・クックの原案を基に、彼らとこれがデビューとなるマーク・ロスナーが共同で脚本を執筆。監督に前作「バッドボーイズ(1995)」でデビューし、注目されたマイケル・ベイが抜擢された。製作は「クリムゾン・タイド」「バッドボーイズ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマーで、95年に他界したシンプソンの遺作となった。エグゼクティヴ・プロデューサーはウィリアム・スチュアート、ルイス・A・ストローサー、主演のショーン・コネリーの共同。撮影は「ハードロック・ハイジャック」のジョン・シュワルツマン、音楽は「9か月」のニック・グレニー・スミスと「デンジャラス・マインド 卒業の日まで」のハンス・ジマー、美術は「クリムゾン・タイド」のマイケル・ホワイト、編集は「セブン」のリチャード・フランシス・ブルース、衣裳は「バッドボーイズ」のボビー・リード。特殊効果コーディネーターは「ツイスター」のマイケル・メイナーダス、特殊視覚効果はドリーム・クエスト・イメージスが担当。主演は「理由」のショーン・コネリー、「リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジ、「ニクソン」のエド・ハリス。共演は「トゥームストーン」のマイケル・ビーン、「12モンキーズ」のデイヴィッド・モース、「デンバーに死す時」のウィリアム・フォーサイス、「彼と彼女の第2章」のジョン・スペンサー、共に舞台で活躍し、これが映画デビューとなったクレア・フォーラーニとヴァネッサ・マーシルほか。

監督
マイケル・ベイ
出演キャスト
ニコラス・ケイジ ショーン・コネリー エド・ハリス マイケル・ビーン

ドラゴンハート

  • 1996年8月31日(土)公開
  • 出演(Draco (voice) 役)

中世ヨーロッパを舞台に、騎士とドラゴンが力を合わせて、悪政を敷く王と戦うヒロイック・ファンタジー。CGIで作られたドラゴンと人間が同一画面に自然に収まっており、SFXの巧みさがみごと。監督は「ドラゴン ブルース・リー物語」のロブ・コーエン。脚本は「ザ・フライ」のチャールズ・エドワード・ポーグ、製作は「キングコング(1976)」などのラファエラ・デ・ラウランティス。撮影は「マッドマックス」のデイヴィッド・エグビー、音楽は「悪魔のような女」(96)のランディ・エデルマン、美術はベンジャミン・フェルナンデス。ドラゴンのデザインは「ロボコップ」シリーズのフィル・ティペットが手掛け、「ジュラシック・パーク」「マスク」のスコット・スキヤーズ率いるI.L.M.が特殊視覚効果を担当。主演は「ワイアット・アープ」のデニス・クエイドで、ドラゴンの声の出演は「理由」のショーン・コネリーが務めている。共演は「ネイキッド」のデイヴィッド・シューリス、「ユージュアル・サスペクツ」のピート・ポスルスウェイト、10年ぶりのスクリーン復帰となる「ドクトル・ジバゴ」のジュリー・クリスティほか。

監督
ロブ・コーエン
出演キャスト
デニス・クエイド ショーン・コネリー デイヴィッド・シューリス ピート・ポスルスウェイト

トゥルーナイト

  • 1996年2月17日(土)公開
  • 出演(King Arthur 役)

アーサー王伝説に基づく、愛と冒険の歴史スペクタクル・ロマン。過去に40作以上映画化されてきた物語を、ラブ・ロマンスの要素を強調して描いている。監督は「ゴースト ニューヨークの幻」「マイ・ライフ」のジェリー・ザッカー。製作は「永遠の愛に生きて」のウィリアム・ニコルソン。製作は「ラスト・オブ・モヒカン」「マイ・ライフ」のハント・ローリー、エグゼクティヴ・プロデューサーはギル・ネッター、エリック・ラトリー、ジャネット・ザッカーの共同。英国にオール・ロケした撮影は「ゴースト」でも監督と組んだ、「ノース ちいさな旅人」のアダム・グリーンバーグ。音楽は「激流」の巨匠ジェリー・ゴールドスミス、美術は「アラビアのロレンス」などで4度のアカデミー賞に輝くジョン・ボックス。編集は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、衣裳は「レディホーク」のネーナ・チェッキ、剣技指導をフェンシングの元五輪コーチのボブ・アンダーソンがそれぞれ担当。主演は「ライジング・サン」のショーン・コネリー、「心のままに」のリチャード・ギア、「サブリナ」のジュリア・オーモンド。「炎のランナー」のベン・クロス、「プロスペローの本」のジョン・ギールグッドらが脇を固める。

監督
ジェリー・ザッカー
出演キャスト
ショーン・コネリー リチャード・ギア ジュリア・オーモンド ベン・クロス
1995年

理由(1995)

  • 1995年7月1日(土)公開
  • 製作総指揮、出演(Paul Armstrong 役)

猟奇殺人の真相を追う法律学者の活躍と、事件に秘められた意外な真実を描くサスペンス。ジョン・カッツェンバックの同名小説を「マンボ・キングス わが心のマリア」のアーネ・グリムシャーの監督で映画化。主演はエグゼクティヴ・プロデューサーも担当した「グッドマン・イン・アフリカ」のショーン・コネリー。製作はリー・リッチ、グリムシャー、スティーヴ・ペリー、脚本は「ダイ・ハード」「逃亡者(1993)」のジェブ・スチュアートと「シャレード」「料理長殿、ご用心」のピーター・ストーン、音楽は「逃亡者(1993)」のジェームズ・ニュートン・ハワード、撮影は「男が女を愛する時」のラヨシュ・コルタイ、美術はパトリシア・フォン・ブランデンスタイン、編集はウィリアム・A・アンダーソン、共同製作はゲイリー・フォスターとアーネ・ラインハートがそれぞれ担当。共演は「ミルク・マネー」のエド・ハリス、「ボビー・フィッシャーを探して」のローレンス・フィッシュバーン、「めぐり逢い(1994)」のケイト・キャプショー、「黒豹のバラード」のブレア・アンダーウッドなど。

監督
アーネ・グリムシャー
出演キャスト
スカーレット・ヨハンソン ショーン・コネリー ローレンス・フィッシュバーン ケイト・キャプショー

グッドマン・イン・アフリカ

  • 1995年2月18日(土)公開
  • 出演(Dr.Murray 役)

西アフリカの大地を舞台に、若きイギリス人外交官と人格者たる白人医師の交流を、洗練されたユーモア感覚と人間を見つめる暖かな眼差しで描いたヒューマン・ドラマ。現代英国文学の人気作家ウィリアム・ボイドの同名処女長編(邦訳・ハヤカワ文庫刊)を、彼自身の脚色で映画化。監督には彼と旧知の仲で、西アフリカを舞台にした「英雄モラント」やアカデミー作品賞を受賞の「ドライビング・MISS・デイジー」のブルース・ベレスフォードが当たり、数年越しの念願の企画を実現させた。製作は「愛を殺さないで」「シリアル・ママ」のジョン・フィードラーとマーク・ターロフ。撮影は「愛と追憶の日々」のアンジェイ・バートコウィアック、音楽は「ワンダとダイヤと優しい奴ら」のジョン・デュプレ、美術は「ピクニックatハンギング・ロック」のハーバート・ピンター、編集は「キリング・フィールド」のジム・クラークが担当。主演はオーストラリア出身で「ダークマン」「ディンゴ」のコリン・フリールズと、「ライジング・サン」のショーン・コネリー。共演は「トイ・ソルジャー」のルイス・ゴセット・ジュニア 、「ペリカン文書」のジョン・リスゴー、テレビドラマ『スカーレット』のジョアン・ウォーリー・キルマーら。

監督
ブルース・ベレスフォード
出演キャスト
コリン・フリールズ ショーン・コネリー ジョン・リスゴー ダイアナ・リグ

関連ニュース

ダニエル・クレイグが激白!「ずっとボンド役を辞めたかった」
ダニエル・クレイグが激白!「ずっとボンド役を辞めたかった」(2012年11月9日)

『007 スカイフォール』(全米11月9日、日本12月1日公開)の公開一週間の興収がイギリス国内歴代最高の記録を樹立し、今や“ショーン・コネリーを超えた”との声…

ジェームズ・ボンド役で男性ホルモン上昇!ダニエル・クレイグにハゲの危機!?
ジェームズ・ボンド役で男性ホルモン上昇!ダニエル・クレイグにハゲの危機!?(2012年11月8日)

『007 スカイフォール』の公開(全米11月9日、日本12月1日公開)が待ち遠しい6代目ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグは、“初代ボンドのショーン・コネリ…

既婚女性が浮気したいジェームズ・ボンドのNo.1は誰の頭上に?
既婚女性が浮気したいジェームズ・ボンドのNo.1は誰の頭上に?(2012年10月27日)

最新作『007 スカイフォール』(全米11月9日、日本12月1日公開)を控え、イギリス最大の既婚者デートサイトIllicitEncounters.comが、既婚…

最もベッドシーンが多かった歴代のジェームズ・ボンドは?
最もベッドシーンが多かった歴代のジェームズ・ボンドは?(2012年10月24日)

007シリーズが、『007 ドクター・ノオ』(62)の公開から50周年を迎えた今年、全世界で様々なイベントが開催されているが、このほどイギリス最大の既婚者デート…

ダニエル・クレイグ、『カジノ・ロワイヤル』で履いた海パンがオークションに!
ダニエル・クレイグ、『カジノ・ロワイヤル』で履いた海パンがオークションに!(2012年9月7日)

ダニエル・クレイグが『007 カジノ・ロワイヤル』(06)で履いた水色の海パンがオークション販売される、と英紙ガーディアンが伝えている。 『007 カジノ・ロワ…

ジェームズ・ボンド、愛飲酒をマティーニからビールに切り替えでファン激怒!
ジェームズ・ボンド、愛飲酒をマティーニからビールに切り替えでファン激怒!(2012年4月6日)

今年は「007」シリーズが映画化されてから50周年という節目の年だが、49年間、ジェームズ・ボンドが愛飲してきたアペリチフが、マティーニからビールになることがわ…

ユアン・マクレガー、大先輩ショーン・コネリーを公然と批判
ユアン・マクレガー、大先輩ショーン・コネリーを公然と批判(2010年4月1日)

ユアン・マクレガーが、英国Live誌に、同じスコットランド出身のショーン・コネリーの政治スタンスを公然と批判する発言をしている。 ユアンは、2008年にもスコッ…

ショーン・コネリー、『インディ〜5』で復活!?
ショーン・コネリー、『インディ〜5』で復活!?(2009年9月26日)

ショーン・コネリーが、「インディ・ジョーンズ」シリーズ第5弾で、今度こそ復活するつもりらしい。 コネリーは、同シリーズでインディの父親役のヘンリー・ジョーンズ教…

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ショーン・コネリー

ムービーウォーカー 上へ戻る