映画-Movie Walker > 人物を探す > スティーヴ・バーテク

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2002年 まで合計7映画作品)

2002年

ノボケイン 局部麻酔の罠

  • 2002年8月17日(土)公開
  • その他

ベテラン俳優スティーブ・マーチンほか、個性派女優2人を主演に迎えたサスペンス。幸福なエリート歯科医が、女性の誘惑に負けたことから思わぬ事件に巻き込まれる。

監督
デイヴィッド・アトキンス
出演キャスト
スティーヴ・マーティン ヘレナ・ボナム・カーター ローラ・ダーン イライアス・コティーズ
2001年

マイアミ・ガイズ 俺たちはギャングだ

  • 2001年10月27日(土)公開
  • 音楽

ハリウッドが誇るベテラン俳優が競演した痛快クライム・サスペンス。陽光きらめく南の楽園を舞台に、住み家を追われた老ギャング4人組のオヤジ・パワーが炸裂!

監督
マイケル・ディナー
出演キャスト
リチャード・ドレイファス バート・レイノルズ ダン・ヘダヤ シーモア・カッセル
1999年

サイコ(1998)

  • 1999年9月11日(土)公開
  • 音楽プロデューサー、編曲

謎めいた青年の狂気の犯罪を描いた、アルフレッド・ヒッチコック監督によるサスペンスの古典「サイコ」(60年)のリメイク。監督は「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のガス・ヴァン・サント。脚本にはオリジナル同様、ロバート・ブロックの同名作を原作に、ジョゼフ・ステファーノが再登板。製作はガス・ヴァン・サントと「身代金」のブライアン・グレイザー。製作総指揮はダニー・ウルフ。撮影は「孔雀 KUJAKU」(監督も)のクリストファー・ドイル。音楽はバーナード・ハーマンのオリジナルをべースに、「グッド・ウィル・ハンティング」のダニー・エルフマンが音楽プロデューサーと編曲を担当(スティーヴ・バーテクと共同)。美術はトム・フォデン。編集はエイミー・ダドルストン。衣裳はビアトリクス・アルテ・パスター。出演は「ムーンライト・ドライブ」のヴィンス・ヴォーン、「6デイズ7ナイツ」のアン・ヘッシュ、「ダイヤルM」のヴィーゴ・モーテンセン、「Safe」のジュリアン・ムーア、「ブギーナイツ」のウィリアム・H・メイシーほか。

監督
ガス・ヴァン・サント
出演キャスト
ヴィンス・ヴォーン アン・ヘッチ ジュリアン・ムーア ヴィゴ・モーテンセン
1997年

ロミーとミッシェルの場合

  • 1997年11月8日(土)公開
  • 音楽

卒業から10年目の高校の同窓会に、サクセス・ストーリーをでっちあげて出席した2人の女性が巻き起こす騒動を軸に、現代女性のライフスタイルと友情を、ポップでカラフルなタッチで描いたコメディ。LAの即興劇団ザ・グラウンドリングスなどの舞台やテレビで活躍する脚本家ロビン・シフが、自身のヒット舞台『レディース・ルーム』に登場するロビーとミッシェルをフィーチャーした後日談として脚本を執筆。監督には、TVドラマ『ザ・シンプソンズ』で製作総指揮と脚本を手掛けたデイヴィッド・マーキンが当たり、これが劇場用映画デビューとなった。製作はローレンス・マーク、製作総指揮はシフとバリー・ケンプ。撮影はレイモンド・ヴィラロボス、音楽はスティーヴ・バーテクで、ロバート・パーマーの『恋におぼれて』、カルチャー・クラブの『カーマは気まぐれ』、シンディ・ローパーの『タイム・アフター・タイム』、バナナラマの『クルーエル・サマー』など80年代のヒットポップスが全編に流れる。美術はメイン・バーク、編集はデイヴィッド・フィンファー、衣裳はモナ・メイ。主演は「誘惑のアフロディーテ」のミラ・ソルヴィーノと、ザ・グラウンドクリングスのメンバーでTVドラマ『フレンズ』で人気を集めたリサ・クードロウ。共演は「小さな贈り物」のジャニーン・ギャロファロ、「Emma エマ」のアラン・カミング、テレビ界で活躍するヴィンセント・ヴェントレスカほか。

監督
デイヴィッド・マーキン
出演キャスト
ミラ・ソルヴィーノ リサ・クドロー ジャニーヌ・ギャロファロ アラン・カミング
1996年

ヤング・ヒットマン

  • 1996年1月19日(金)公開
  • 音楽

若き天才殺し屋の青春像を、クールかつユーモラスなタッチで描いたサスペンス編。監督・製作・脚本は、テレビ界で活躍し、2度のエミー賞に輝く33歳のM・ウォーレス・ウォロダースキーで、これが初の劇場用映画。製作は、脚本にひかれて映画化を進めた俳優のマイケル・J・フォックス(助演も)と、マット・トルマック、ブラッド・ジェンケル、「蜘蛛女」のコンビであるブラッド・クレヴォイとスティーヴ・ステイブラーの共同。撮影はロバート・イオマン、音楽はスティーヴ・バーテク、美術はレイ・フォックスが担当。ロボットめいた無機的な演技を見せた主演は、「カレンダーガール」やテレビ『ビバリーヒルズ高校白書』のジェイソン・プリーストリー。共演は「花嫁のパパ」のキンバリー・ウィリアムズ、「マスク」のピーター・リーガート、『ワイルド・パームス』(V)のロバート・ロッジアほか。

監督
M・ウォーレス・ウォロダースキー
出演キャスト
ジェイソン・プリーストリー ピーター・リガート キンバリー・ウィリアムズ Robert Garofalo
1992年

ミッドナイト25時 殺しの訪問者

  • 1992年6月20日(土)公開
  • 音楽

ソーシャル・ワーカーの女性が、自分が担当した服役者の男性と恋に落ちたことから起こるサスペンス・スリラー。監督は本作が長編デビューとなるテレビ出身のジャン・イライアスバーグ(女性)。製作はリサ・M・ハンセン、エグゼクティヴ・プロデューサーはポール・ハーツバーグ、脚本はフランク・ノーウッド、撮影は「ドラッグストア・カウボーイ」のロバート・ヨーマン、音楽はスティーヴ・バーテクが担当。

監督
ジャン・イライアスバーグ
出演キャスト
ルトガー・ハウアー ナターシャ・リチャードソン クランシー・ブラウン ガイ・ボイド
1987年

世にも不思議なアメージング・ストーリー

  • 1987年7月18日(土)公開
  • 音楽

全米NBC・TVで85年にスタートしたオムニバス・ファンタジー・シリーズの劇場公開版。エグゼクテイヴ・プロデューサーはスティーヴン・スピルバーグ、製作はデイヴィッド・E・ヴォーゲルが担当。第1話の監督は「カラーパープル」のS・スピルパーグ、脚本はメンノ・メイエス、撮影はジョン・マクファーソン、音楽はジョン・ウィリアムス(2)が担当。出演はケヴィン・コスナー、ピーター・ジェイスンほか。第2話の監督は、これが認められ「ハリーとヘンダスン一家」を撮ることになったウィリアム・ディア、脚本はアール・ポメランツ、撮影はロバート・スティーヴンス、音楽はダニー・エルフマンとスティーヴ・バーテクが担当。出演はトム・ハリソン、ブロンソン・ピンチョットほか。第3話の監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のロバート・ゼメキス、脚本はミック・ギャリス、トム・マクローリン、ボブ・ゲイル、撮影はジョン・マクファーソン、音楽はアラン・シルヴェストリが担当。出演はクリストファー・ロイド、メアリー・スチュアート・マスターソンほか。

監督
スティーヴン・スピルバーグ ウィリアム・ディア ロバート・ゼメキス
出演キャスト
ケヴィン・コスナー ケーシー・シマスコー キーファー・サザーランド Jeffrey Jay Cohen
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > スティーヴ・バーテク

ムービーウォーカー 上へ戻る