映画-Movie Walker > 人物を探す > コルム・ミーニー

年代別 映画作品( 1992年 ~ 2006年 まで合計10映画作品)

2006年

レイヤー・ケーキ

  • 2006年7月1日(土)公開
  • 出演(ジーン 役)

「007」シリーズの新ボンドで注目のダニエル・クレイグ主演作。ふとしたことから絶体絶命の危機に見舞われる男の運命を描いた、スタイリッシュな犯罪サスペンスだ。

監督
マシュー・ボーン
出演キャスト
ダニエル・クレイグ コルム・ミーニー ケネス・クランハム ジョージ・ハリス
2005年

ダブリン上等!

  • 2005年2月19日(土)公開
  • 出演(ジェリー 役)

アイルランド・ダブリンを舞台に、どこか憎めない小悪党3人組が企てた破天荒な強盗計画のてん末を追う。地元出身のコリン・ファレル出演による痛快青春狂騒劇。

監督
ジョン・クロウリィ
出演キャスト
コリン・ファレル キリアン・マーフィー ケリー・マクドナルド シャーリー・ヘンダーソン
1998年

草原とボタン

  • 1998年1月15日(木)公開
  • 出演(Father of Geronimo 役)

南アイルランドの美しい風景をバックに、少年たちのユーモラスな対決と爽やかな友情を描く作品。監督はこれが長編デビュー作となるジョン・ロバーツ。製作は「ミッドナイト・エクスプレス」「炎のランナー」「ミッション」など多数の国際映画祭受賞作を手掛け、映画界で高く評価されているプロデューサーのひとり、デイヴィッド・パットナム。脚本は「炎のランナー」のコリン・ウェランド。撮影は「ラウンド・ミッドナイト」のブルーノ・ドゥ・ケイゼル。音楽はレイチェル・ポートマン。美術は「クライング・ゲーム」のジム・クレイ。出演はグレッグ・フィッツジェラルド、ジョン・コフィー、エヴィーナ・ライアン、ポール・バットらオーディションで選ばれた子役のほか、「スナッパー」のコルム・ミーニー、「白馬の伝説」のリーアム・カニンガムほか。

監督
ジョン・ロバーツ
出演キャスト
ジョン・コフィー エヴィーナ・ライアン ポール・バット コルム・ミーニー
1997年

コン・エアー

  • 1997年10月25日(土)公開
  • 出演(Duncan Malloy 役)

凶悪犯たちにハイジャックされた囚人犯専用の護送機で、孤立無援の戦いを挑む男の活躍を描いた航空パニック・アクション。特異なシチュエーションとキャラクターが織りなすストーリーとアクションのおもしろさ、爆破シーンの迫力が見どころ。監督は音楽ビデオやCMの演出家として活躍し、これが初の劇場用長編となるサイモン・ウェスト。脚本は「デンバーに死す時」「ビューティフル・ガールズ」のスコット・ローゼンバーグのオリジナル。製作は「ザ・ロック」のジェリー・ブラッカイマー、音楽は「スピード2」のマーク・マンチーナと「グリマーマン」のトレヴァー・ラビンの共同。主演は「ザ・ロック」のニコラス・ケイジ、「訣別の街」のジョン・キューザック、「狼たちの街」のジョン・マルコヴィッチ。共演は新星モニカ・ポッター、「トゥリーズ・ラウンジ」のスティーヴ・ブシェミ、「素顔のままで」のヴィング・レイムズ、「キルトに綴る愛」のミケルティ・ウィリアムソン、「悪魔たち、天使たち」のレイチェル・ティコティン、「ウェールズの山」のコーム・ミーニーほか。

監督
サイモン・ウェスト
出演キャスト
ニコラス・ケイジ ジョン・キューザック ジョン・マルコヴィッチ スティーヴ・ブシェーミ
1996年

ケロッグ博士

  • 1996年9月14日(土)公開
  • 出演(Dr. Lionel Badger 役)

20世紀初頭のアメリカを舞台に、珍妙な健康法に狂騒する人々をシニカルに描いたブラック・コメディ。実話を基にしたT・コラサッゲン・ボイルの小説『ケロッグ博士』(邦訳・新潮文庫刊)を、「ザ・コミットメンツ」「愛と哀しみの旅路」のアラン・パーカーの監督・脚本で映画化。製作はパーカーと「ザ・コミットメンツ」のアーミヤン・バーンスタイン、「ミシシッピー・バーニング」のロバート・F・コールズベリー、エグゼクティヴ・プロデューサーはトム・ローゼンバーグとマーク・エイブラハム、撮影はピーター・ビジウ、音楽は「スモーク」のレイチェル・ポートマン、美術は「ザ・コミットメンツ」のブライアン・モリス、編集はゲリー・ハンブリング、衣裳は「キャリントン」のペニー・ローズがそれぞれ担当。出演は「ニクソン」のアンソニー・ホプキンス、「ケーブルガイ」のマシュー・ブロデリック、「アサシン」のブリジット・フォンダ、「ブロードウェイと銃弾」のジョン・キューザック、「ウェインズ・ワールド」のダナ・カーヴィ、「ウェールズの山」のコルム・ミーニー、「スリーサム」のララ・フリン・ボイル、「バロン」のジョン・ネヴィルなど個性派俳優が競演。

監督
アラン・パーカー
出演キャスト
アンソニー・ホプキンス ブリジット・フォンダ マシュー・ブロデリック ジョン・キューザック

ウェールズの山

  • 1996年5月11日(土)公開
  • 出演(Morgan the Goat 役)

第一次大戦後の英国ウェールズの小村を舞台に、ある丘の測量結果をめぐる騒動をハートウォーミングなタッチで描く一編。ウェールズ出身のクリストファー・マンガーが、故郷の伝説を基に自ら監督、脚本。エグゼクティヴ・プロデューサーは「大地と自由」のサリー・ヒビンと、ロバート・ジョーンズ、ミラマックスを率いるボブ&ハーヴェイ・ワインスタインが担当。主演は「いつか晴れた日に」のヒュー・グラント。共演は「泉のセイレーン」のタラ・フィッツジェラルド、「スナッパー」のコーム・ミーニー、「ジム・キャリーのエースにおまかせ!」のイアン・マクニース、「フォー・ウェディング」のケネス・グリフィス、「バック・ビート」のイアン・ハート。なお、劇中の村人たちの多くがロケ地ウェールズの人々から選ばれ、物語さながらに丘の盛り土作業に従事したという。

監督
クリストファー・マンガー
出演キャスト
ヒュー・グラント タラフィッツ・ジェラルド コルム・ミーニー イアン・マクニース
1994年

スナッパー

  • 1994年7月30日(土)公開
  • 出演(Dessie_Curley 役)

「危険な関係」、「グリフターズ」と、しばらくハリウッドで活躍していたスティーブン・フリアーズ監督が古巣BBCから持ち込まれたアイルランドの人気作家ロディ・ドイルの原作(キネマ旬報社刊)に惚れ込み、軽快溌刺の演出で撮り上げた、笑いと涙の鮮やかなアイリッシュ・コメディ。脚色も担当しているロディ・ドイルは93年度ブッカー賞を受賞し、デビュー作の「ザ・コミットメンツ」の映画化の際も脚色に参加している。製作は、リンダ・マイルズ。撮影のオリヴァー・ステイプルトン、編集のミック・オーズリー、音楽のスタンリー・マイヤーズは、フリアーズ作品の常連である。キャストは、全員がダブリン育ち。シャロン役のティナ・ケラハーは、舞台女優で映画は初出演。父親のデージーには、ジョン・ヒューストン監督の遺作「ザ・デッド」で映画でデビューしたコルム・ミーニー。母親のケイ役には「マイ・レフトフット」のルース・マッケイブ。

監督
スティーヴン・フリアーズ
出演キャスト
ティナ・ケラハー コルム・ミーニー ルース・マッケイブ エーナ・マクリーアム
1993年

白馬の伝説

  • 1993年公開
  • 出演(Barreller 役)

トラベラーズ(旅職人)と呼ばれるアイルランド・ジプシーの兄弟と不思議な白い馬の冒険を、リアリズムと神話的ファンタジーが調和したタッチで綴った一編。スタッフ、キャストにアイルランド出身の人材が結集し、アイルランド・スピリッツ溢れる作品となった。アイルランド・ジプシーというあまり知られることのなかった存在を、言語や衣装に至るまで忠実に描き出している点が注目される。ゲール地方の伝説に基づくマイケル・ピアースの原案を、「マイ・レフトフット」のジム・シェリダンが脚色し、「フォー・ウェディング」のマイク・ニューウェルが監督。現地の荒涼とした風景を巧みにとらえた撮影は「今夜はトーク・ハード」のトム・シーゲル、独特のアイルランド・メロディーをフィーチャーした音楽はパトリック・ドイルが担当。主演はアイルランド出身で「アサシン」のガブリエル・バーン(脚本に惚れ込んだ彼は、製作補佐も兼任)と、「ボーイズ・ライフ」のエレン・バーキンで、撮影当時、夫婦だった2人が息の合ったところを見せる。兄弟役のチャーラン・フィッツジェラルドとルーアリー・コンロイは、「遥かなる大地へ」でも共演しているイギリス映画界の名子役。

監督
マイク・ニューウェル
出演キャスト
ガブリエル・バーン エレン・バーキン チャーラン・フィッツジェラルド ルーアリー・コンロイ

沈黙の戦艦

  • 1993年5月15日(土)公開
  • 出演(Daumer 役)

テロリスト集団に占拠された戦艦を奪回するため、孤軍奮闘する男の姿を描く海洋サスペンスアクション。アラバマ州モービル湾に停泊し、現在は船の博物館となっているUSAアラバマ号を改造して撮影された。監督は「刑事ニコ 法の死角」のアンドリュー・デイヴィス。製作は「マンボ・キングス わが心のマリア」のアーノン・ミルチャン。エグゼクティヴ・プロデューサーはゲイリー・ゴールドスタインと脚本を兼ねる「ミストレス」のJ・F・ロートン。撮影は「刑事ジョー ママにお手上げ」のフランク・ティディー。音楽はゲイリー・チャンが担当。主演は「アウト・フォー・ジャスティス」のスティーヴン・セガール。ほかに「JFK」のトミー・リー・ジョーンズ、「ハートブルー」のゲイリー・ビジーらが共演。

監督
アンドリュー・デイヴィス
出演キャスト
スティーヴン・セガール トミー・リー・ジョーンズ ゲイリー・ビジー エリカ・エレニアック
1992年

遥かなる大地へ

  • 1992年7月18日(土)公開
  • 出演(Kelly 役)

19世紀、アイルランドよりアメリカへと渡った若い男女の闘いを描いた人間ドラマ。監督は「バックドラフト」のロン・ハワード、製作は「マイ・ガール」のブライアン・グレイザーとハワード、エグゼクティヴ・プロデューサーはトッド・ハロウェル、「ウィロー」のボブ・ドルマンとハワードの原案をドルマンが脚本化、撮影は「バックドラフト」のミカエル・サロモン、音楽は「フック」のジョン・ウィリアムス(2)が担当。70ミリで撮影。

監督
ロン・ハワード
出演キャスト
トム・クルーズ ニコール・キッドマン トーマス・ギブソン ロバート・プロスキー
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > コルム・ミーニー

ムービーウォーカー 上へ戻る