映画-Movie Walker > 人物を探す > ハンスイエルグ・ヴァイシュブリッヒ

年代別 映画作品( 2014年 ~ 2016年 まで合計4映画作品)

2016年

フランコフォニア ルーヴルの記憶

アレクサンドル・ソクーロフが、第二次世界大戦当時のナチス・ドイツのパリ侵攻を入り口に、ルーヴル美術館が見つめてきた美と戦争の歴史を辿る叙事詩。ルーヴルの館長ジョジャールとナチス将校メッテルニヒは、美術館を守るという使命で結ばれてゆく。撮影は実際にルーヴル美術館内で行われている。出演は「めぐりあう日」のルイ=ド・ドゥ・ラングサン。

監督
アレクサンドル・ソクーロフ
出演キャスト
ルイ=ドー・ド・ランクザン ヴァンサン・ネメス ベンヤミン・ウッツェラート ジョアンナ・コータルス・アルテ

コロニア

  • 2016年9月17日(土)公開
  • 編集

南米チリの独裁政権下で起きた史実を基に「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で映画化。キャビンアテンダントのレナは、クーデターに巻き込まれた恋人を救出するため、ナチス残党と結びつき拷問施設となった“コロニア・ディグニダ”に潜入する。共演は「ラッシュ プライドと友情」のダニエル・ブリュール、「ジョン・ウィック」のミカエル・ニクビスト。監督は「ジョン・ラーベ 南京のシンドラー」のフロリアン・ガレンベルガー。

監督
フロリアン・ガレンベルガー
出演キャスト
エマ・ワトソン ダニエル・ブリュール ミカエル・ニュークヴィスト リチェンダ・ケアリー
2014年

リスボンに誘われて

  • 2014年9月13日(土)公開
  • 編集

2004年の刊行以来、世界31カ国で翻訳され、400万部を突破したベストセラー小説『リスボンへの夜行列車』を映画化。偶然手にした古本に心を動かされた大学教授が、リスボンを訪れて人生を見つめ直してゆく姿を描く。監督と主演は、「愛と精霊の家」でもコンビを組んだビレ・アウグストとジェレミー・アイアンズ。

監督
ビレ・アウグスト
出演キャスト
ジェレミー・アイアンズ メラニー・ロラン ジャック・ヒューストン マルティナ・ゲデック

ジョン・ラーベ 南京のシンドラー

  • 2014年5月17日(土)公開
  • 編集

日中戦争下、日本軍の攻撃で陥落した南京を舞台に、数少ない残留外国人で結成した南京安全区国際委員会の委員長となったジョン・ラーベの人道的活動を描くドラマ。監督・脚本はフロリアン・ガレンベルガー。出演はウルリッヒ・トゥクール、ダニエル・ブリュール、スティーヴ・ブシェミ、チャン・チンチュー、香川照之、杉本哲太、柄本明、ARATAほか。2014年5月17日、東京・両国 江戸東京博物館ホールにて上映。

監督
フロリアン・ガレンベルガー
出演キャスト
ウルリッヒ・トゥクール ダニエル・ブリュール スティーヴ・ブシェーミ アンヌ・コンシニ
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハンスイエルグ・ヴァイシュブリッヒ

ムービーウォーカー 上へ戻る