映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・アルバートソン

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1981年 まで合計9映画作品)

1981年

ゾンゲリア

  • 1981年6月20日(土)公開
  • 出演(Dobbs 役)

テキサスの田舎町で起きた連続殺人事件を発端に、死者たちが蘇り、ゾンビとなって町を襲うという恐怖映画。製作総指揮はリチャード・R・St・ジョーンズ、製作はロナルド・シュセットとロバート・フェントレス、監督はゲーリー・A・シャーマン。ジェフ・ミラーとアレックス・スターンの原案を基にロナルド・シュセットとダン・オバノンが脚色。撮影はスティーブ・ポスター、音楽はジョー・レンゼッティが各々担当。出演はジェームズ・ファレンティノ、メロディ・アンダーソン、ジャック・アルバートソン、デニス・レッドフィールド、ナンシー・ロック・ハウザーなど。

監督
ゲイリー・A・シャーマン
出演キャスト
ジェームズ・ファレンティーノ メロディ・アンダーソン ジャック・アルバートソン デニス・レッドフィールド
1973年

ポセイドン・アドベンチャー

  • 1973年3月17日(土)公開
  • 出演(Manny_Rosen 役)

1400名の乗客を乗せてニューヨークからギリシャに向かう豪華客船ポセイドン号が32メートルの大津波に襲われ転覆爆破し、生き残った船客が超人的な勇気で脱出をこころみる姿を描く。製作は「海底探検」のアーウィン・アレン、監督は「クリスマス・キャロル(1970)」のロナルド・ニーム、ポール・ギャリコのベスト・セラー小説を「夜の大走査線」のスターリング・シリファントと「脱走特急」のウェンデル・メイズが共同脚色。撮影はハロルド・E・スタイン、特撮は「トラ・トラ・トラ!」でアカデミー特撮賞を獲得したL・B・アボット、音楽はジョン・ウィリアムズ、美術はウィリアム・クリーバー、、セットデザインはラファエル・ブレットン、編集はハロルド・F・クレスが各々担当。出演はジーン・ハックマン、アーネスト・ボーグナイン、レッド・バトンズ、キャロル・リンレイ、ロディ・マクドウォール、ステラ・スティーヴンス、シェリー・ウィンタース、ジャック・アルバートソン、パメラ・スー・マーティン、エリック・シーア、フレッド・サドフ、レスリー・ニールセン、シーラ・マシューズ、ジャン・アーバンなど。

監督
ロナルド・ニーム
出演キャスト
ジーン・ハックマン アーネスト・ボーグナイン レッド・バトンズ キャロル・リンレイ
1969年

青春の光と影

  • 1969年7月5日公開
  • 出演(The_Father 役)

ビル・E・ケリーとホール・バートレットのオリジナル・シナリオをホール・バートレットが監督した青春もの。撮影はリチャード・ムーア、音楽はティム・バックレー。出演は新人ケント・レイン、「エル・ドラド」のミシェル・ケーリー、「主題はバラだった」(日本未公開)でアカデミー助演男優賞を得たジャック・アルバートソンなど。

監督
ホール・バートレット
出演キャスト
ケント・レイン ミシェル・ケーリー マヌエラ・サース マーシャ・ストラスマン
1967年

恋とペテンと青空と

  • 1967年公開
  • 出演(Mr._Packard 役)

ガイ・オウェンのユーモア小説「いかさま男のバラード」を、「おかしな、おかしな、おかしな世界」のウィリアム・ローズが脚色、「素晴らしき男」のアーヴィン・カーシュナーが監督にあたった。撮影は「おれの女に手を出すな」のチャールズ・ラング、音楽は「砲艦サンパブロ」のジェリー・ゴールドスミスが担当した。出演は「天地創造」のジョージ・C・スコット、「トニー・ローム殺しの追跡」のスー・リオン、カナダ生まれの新人マイケル・サラザンほか。製作はローレンス・ターマン。

監督
アーヴィン・カーシュナー
出演キャスト
ジョージ・C・スコット スー・リオン マイケル・サラザン ハリー・モーガン
1965年

女房の殺し方教えます

  • 1965年3月13日公開
  • 出演(Dr.Bentley 役)

ジョージ・アクセルロッドが製作・脚本を担当し、「パリで一緒に」のリチャード・クワインが監督したコメディ。撮影はハリー・ストラドリング、音楽は、ニール・ヘフティが担当した。出演は「ヤムヤム・ガール」のジャック・レモン、「黒いチューリップ」のヴィルナ・リージ、「おかしな、おかしな、おかしな世界」のテリー・トーマス、エディ・メイホフ、クレア・トレヴァーなど。

監督
リチャード・クワイン
出演キャスト
ジャック・レモン ヴィルナ・リージ テリー・トーマス エディ・メイホフ
1964年

キッスン・カズン

  • 1964年10月9日公開
  • 出演(Captain Robert Salbo 役)

「アパッチ騎兵隊」のジェラルド・ドレイソン・アダムスの原案を、彼とジーン・ネルソンが脚色し、ジーン・ネルソンが演出した喜劇。撮影は「ママは二挺拳銃」のエリス・W・カーター、音楽はフレッド・カーガーが担当した。製作はサム・カッツマン。出演は「アカプルコの海」のエルヴィス・プレスリー、「ブルー・ハワイ」のパメラ・オースチン、TV「サンセット77」のシンシア・ペッパー、「ヤング・ヤング・パレード」のイボンヌ・クレイグ、「ラインの監視」のドナルド・ウッズ、「夢の渚」のアーサー・オコンネルほか。

監督
ジーン・ネルスン
出演キャスト
エルヴィス・プレスリー アーサー・オコンネル グレンダ・ファレル ジャック・アルバートソン
1963年

酒とバラの日々

  • 1963年5月3日公開
  • 出演(Trayner 役)

アメリカのTV作家J・P・ミラーの脚本を「追跡(1962)」のブレイク・エドワーズが監督した社会ドラマ。撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽は「ハタリ!」のヘンリー・マンシーニでアカデミー主題歌賞を受賞した。出演者は「悪名高き女」のジャック・レモン、「追跡(1962)」のリー・レミック、「白昼の決闘」のチャールズ・ビックフォードなど。TVプロデューサー、マーティン・マヌリスの映画製作第1回作品である。

監督
ブレイク・エドワーズ
出演キャスト
ジャック・レモン リー・レミック チャールス・ビックフォード ジャック・クラッグマン
1958年

先生のお気にいり

  • 1958年7月29日公開
  • 出演(Guide 役)

「深く静かに潜航せよ」のクラーク・ゲーブルと「知りすぎていた男」のドリス・デイを組合わせた、タフな新聞記者と美しい女性大学教授をめぐる恋愛コメディ。「ラプソディー」のフェイ・カニンとマイケル・カニンの共同書下ろし脚本を、「失われた少年」のジョージ・シートンが監督した。撮影監督は「紐育ウロチョロ族」のハスケル・ボッグス。音楽はロイ・ウェッブ。ルイス・アルヴァレズとジョー・ルビンが主題歌“先生のお気に入り”と“ロックン・ロールをはじめた娘”を作詞作曲している。他に出演者は「必死の逃亡者」のギグ・ヤング、「奥様はジャズがお好き」のマミー・ヴァン・ドーレン、ニック・アダムス、マリオン・ロス、チャールズ・レーン(チャールズ・レヴィソン)等。製作はウィリアム・パールバーグ。

監督
ジョージ・シートン
出演キャスト
クラーク・ゲーブル ドリス・デイ ギグ・ヤング マミー・ヴァン・ドーレン
1956年

狙われた女(1956)

  • 1956年公開
  • 出演(Professor 役)

美しい女教師に対する高校生の暴行事件を中心とした異色作。女優ロザリンド・ラッセルとラリイ・マーカスのオリジナル・ストーリーからマーカスとハーブ・メドウが脚色、リパとFOXで専ら西部劇を手掛けたハリー・ケラーが監督。撮影は「ベニイ・グッドマン物語」のウィリアム・ダニエルス、音楽監督は「命知らずの男」のジョセフ・ガーシェンソン。主演はMGM専属からフリーになっては衝出演のエスター・ウィリアムス、「全艦発進せよ」のジョージ・ネイダー、新人ジョン・サクソン。

監督
ハリー・ケラー
出演キャスト
エスター・ウィリアムス ジョージ・ネイダー ジョン・サクソン エドワード・アンドリュース
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・アルバートソン

ムービーウォーカー 上へ戻る