映画-Movie Walker > 人物を探す > アリシア・ヴィキャンデル

年代別 映画作品( 2013年 ~ 2018年 まで合計11映画作品)

2017年

光をくれた人

オーストラリア人作家、M・L・ステッドマンのベストセラー小説を『ブルー・バレンタイン』のデレク・シアンフランス監督が映画化したラブストーリー。オーストラリアの孤島で灯台守をする夫婦の身に起きる出来事が描かれる。主人公のトムをマイケル・ファスベンダー、その妻をアリシア・ヴィキャンデルが演じる。

監督
デレク・シアンフランス
出演キャスト
マイケル・ファスベンダー アリシア・ヴィキャンデル レイチェル・ワイズ ブライアン・ブラウン
2016年

ジェイソン・ボーン

  • 2016年10月7日(金)公開
  • 出演(Heather Lee 役)

マット・デイモンが最強の暗殺者、ジェイソン・ボーンを演じたシリーズ前3作の流れを継ぐサスペンスアクション。すべての記憶を取り戻したはずのボーンが、自身の家族を巡る謎や、新たな敵に挑む姿を描く。トミー・リー・ジョーンズらが新たに加わり、シリーズ2作を手がけたポール・グリーングラスが監督を務める。

監督
ポール・グリーングラス
出演キャスト
マット・デイモン ジュリア・スタイルズ アリシア・ヴィキャンデル ヴァンサン・カッセル

イングリッド・バーグマン〜愛に生きた女優〜

  • 2016年8月27日(土)公開
  • ボイスオーバー

イングリッド・バーグマンの生誕100周年を記念し、2015年にカンヌ国際映画祭でプレミア上映されたドキュメンタリー作品。アカデミー賞に3度輝いた大女優である一方でスキャンダルを重ねた彼女の足跡を辿り、一人の女性としての姿を浮かび上がらせる。監督はウディ・アレン監督やラース・フォン・トリアー監督へのインタビューが日本でも刊行されたスティーグ・ビョークマン。イングリッド・バーグマンと同じくスウェーデン出身で、「リリーのすべて」で第88回アカデミー賞助演女優賞を獲得したアリシア・ヴィキャンデルがナレーションを担当している。劇場公開に先立ち、第28回東京国際映画祭パノラマ部門にて上映された(上映日:2015年10月26日、28日/映画祭題「イングリッド・バーグマン (仮題)」)。

監督
スティーグ・ビョークマン
出演キャスト
イザベラ・ロッセリーニ イングリッド・ロッセリーニ ロベルト・ロッセリーニ ピア・リンドストローム

エクス・マキナ

  • 2016年6月11日(土)公開
  • 出演(エイヴァ 役)

人間と人工知能の主従関係を巡る心理戦を斬新なビジュアルで描き、第88回アカデミー賞で視覚効果賞に輝いたSFスリラー。『リリーのすべて』で同じくアカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルが女性型ロボットのエヴァを演じる。『わたしを離さないで』の脚本家、アレックス・ガーランドの初監督作となる。

監督
アレックス・ガーランド
出演キャスト
ドーナル・グリーソン アリシア・ヴィキャンデル オスカー・アイザック ソノヤ・ミズノ

二ツ星の料理人

  • 2016年6月11日(土)公開
  • 出演

ブラッドリー・クーパーが、腕は確かだがトラブルを抱える元二ツ星レストランのシェフを演じる人間ドラマ。ロンドンのフランチレストランを三ツ星店にしようと奮闘する主人公と仲間たちの奮闘を描く。シエナ・ミラーやダニエル・ブリュールらがレストランスタッフを演じる。監督は『8月の家族たち』のジョン・ウェルズ。

監督
ジョン・ウェルズ
出演キャスト
ブラッドリー・クーパー シエナ・ミラー オマール・シー ダニエル・ブリュール

リリーのすべて

  • 2016年3月18日(金)公開
  • 出演(ゲルダ・ヴェイナー 役)

1930年代に世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人、リリー・エルベの実話を描く人間ドラマ。自分の内側に潜んでいた女性の存在に気付き苦悩する主人公と、変わっていく夫に困惑する妻の姿が描かれる。『博士と彼女のセオリー』で第87回アカデミー賞主演男優賞に輝いたエディ・レッドメインが主人公のアイナーを演じる。

監督
トム・フーパー
出演キャスト
エディ・レッドメイン アリシア・ヴィキャンデル ベン・ウィショー アンバー・ハード
2015年

コードネーム U.N.C.L.E.

  • 2015年11月14日(土)公開
  • 出演(Gaby Teller 役)

『シャーロック・ホームズ』シリーズのガイ・リッチー監督が、1960年代に人気を博したテレビシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」を映画化したスパイ・サスペンス。CIAとKGBの敏腕エージェントが手を組み、世界の破滅を企む謎の国際犯罪組織に戦いを挑む姿を描く。スパイコンビを演じるのはヘンリー・カヴィルとアーミー・ハマー。

監督
ガイ・リッチー
出演キャスト
ヘンリー・カヴィル アーミー・ハマー アリシア・ヴィキャンデル エリザベス・デビッキ
2014年

ガンズ&ゴールド

  • 2014年11月1日(土)公開
  • 出演(ターシャ 役)

450万ドルの金塊を巡り、悪者たちの争奪戦が繰り広げられるさまを描く、ユアン・マクレガー主演のクライム・アクション。マフィアのボスも一目を置く伝説の強盗犯ブレンダンにマクレガーが扮し、犯罪をチェスに例えて語り、相手の心理を巧みに操るミステリアスさも兼ね備えた強烈なキャラクターを熱演している。

監督
ジュリアス・エイバリー
出演キャスト
ブレントン・スウェイツ ユアン・マクレガー アリシア・ヴィキャンデル マット・ネイブル
2013年

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮

  • 2013年4月27日(土)公開
  • 出演(カロリーネ・マティルデ王妃 役)

デンマーク王室最大のスキャンダルといわれる史実を基に、王と王妃、侍医の運命的な三角関係を描くラブストーリー。監督は「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」の脚本を担当したニコライ・アーセル。出演は「偽りなき者」のマッツ・ミケルセン、「アンナ・カレーニナ」のアリシア・ヴィカンダー。製作総指揮に「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアーが名を連ねている。

監督
ニコライ・アーセル
出演キャスト
マッツ・ミケルセン アリシア・ヴィキャンデル ミケル・ボー・フォルスガード トリーネ・ディアホルム

関連ニュース

マット・デイモン、9年越しの『ジェイソン・ボーン』への思いを告白
マット・デイモン、9年越しの『ジェイソン・ボーン』への思いを告白(2016年10月6日)

おかえりなさい、ジェイソン・ボーン!『ボーン』シリーズが9年ぶりに、マット・デイモンとポール・グリーングラス監督という最強タッグにより復活を果たした。その名も『…

オスカー女優アリシア・ヴィキャンデルがマット・デイモンのモノマネ芸を絶賛
オスカー女優アリシア・ヴィキャンデルがマット・デイモンのモノマネ芸を絶賛(2016年10月6日)

『リリーのすべて』(16)で第88回アカデミー賞助演女優賞に輝いたアリシアが、9年ぶりの『ボーン』シリーズ最新作『ジェイソン・ボーン』(10月7日公開)でヒロイ…

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アリシア・ヴィキャンデル

ムービーウォーカー 上へ戻る