映画-Movie Walker > 人物を探す > パブロ・ラライン

年代別 映画作品( 2012年 ~ 2017年 まで合計5映画作品)

2017年

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命

ナタリー・ポートマンがジョン・F・ケネディ大統領の妻、ジャクリーン・ケネディを演じ、暗殺事件を彼女の目を通して描く人間ドラマ。夫が築き上げてきたものを単なる過去にさせまいと、葬儀までの4日間にとった彼女の行動が明らかになる。『ブラック・スワン』でポートマンとコンビを組んだダーレン・アロノフスキーが製作を務める。

監督
パブロ・ラライン
出演キャスト
ナタリー・ポートマン ピーター・サースガード グレタ・ガーウィグ ビリー・クラダップ
2014年

NO

  • 2014年8月30日(土)公開
  • 監督

『トニー・マネロ』のパブロ・ラライン監督によるチリ独裁政権3部作の完結編。1988年ピノチェト政権末期を舞台に、資本主義の象徴ともいえる広告業界を通じて当時の映像を交錯させながら、独裁政権の終焉を見つめる。出演は「モーターサイクル・ダイアリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナル、「グロリアの青春」のマルシアル・タグレ。2012年10月25日に東京国際映画祭コンペティション部門にて映画祭上映された。

監督
パブロ・ラライン
出演キャスト
ガエル・ガルシア・ベルナル アルフレド・カストロ ルイス・ニェッコ アントニア・セヘルス

グロリアの青春

  • 2014年3月1日(土)公開
  • 製作

離婚を乗り越えたくましく生きる中年女性グロリアを描いたドラマ。孤独ともうまく付き合い自分の足でしっかりと立つグロリアの姿は、数々の映画祭で喝采を博した。監督は「聖家族」(ラテンビート映画祭2006にて上映)のセバスティアン・レリオ。パワフルで前向きなグロリアに扮するのは、チリでテレビを中心に幅広く活躍するベテラン女優パウリーナ・ガルシア。本作で第63回ベルリン国際映画祭銀熊賞主演女優賞を受賞した。グロリアに交際を申し込みながらどこか煮え切らない男性を「NO」(第25回東京国際映画祭にて上映)「独りぼっちのジョニー」のセルヒオ・エルナンデスが演じる。第86回アカデミー賞外国語映画部門チリ代表選出作品。

監督
セバスティアン・レリオ
出演キャスト
パウリーナ・ガルシア セルヒオ・エルナンデス ディエゴ・フォンテシージャ マルシアル・タグレ
2012年

4:44 地球最期の日

  • 2012年10月6日(土)公開
  • 製作

地球温暖化によって地球最期の日を迎えるニューヨークを舞台に、残された時間を過ごす人々の姿を描くSFドラマ。監督は、「バッド・ルーテナント 刑事とドラッグとキリスト」のアベル・フェラーラ。出演は、「アンチクライスト」のウィレム・デフォー。第68回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

監督
アベル・フェラーラ
出演キャスト
ウィレム・デフォー シャニン・リー ポール・ヒップ
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > パブロ・ラライン

ムービーウォーカー 上へ戻る