映画-Movie Walker > 人物を探す > 貫地谷しほり

年代別 映画作品( 2002年 ~ 2017年 まで合計33映画作品)

2017年

望郷

「少女」など映像化が続くミステリー作家・湊かなえの同名連作短編集収録の『夢の国』『光の航路』を映画化。しきたりを重んじる家に育ち島に縛られる夢都子。確執を抱えたまま死別した父の本当の思いを知った航。二人はそれぞれ葛藤を胸に、故郷と向き合う。監督は「ハローグッバイ」の菊地健雄。小説の舞台のモデルであり、湊かなえの出身地でもある瀬戸内の因島を中心に撮影された。主演は、同じく湊かなえ原作の「白ゆき姫殺人事件」でも共演した貫地谷しほりと大東駿介。一般公開に先駆け、特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017』シークレット作品として上映(上映日:2017年8月11日)。

監督
菊地健雄
出演キャスト
貫地谷しほり 大東駿介 木村多江 緒形直人

西遊記2~妖怪の逆襲~

日本でも有名な伝記小説を基にしたチャウ・シンチー監督によるファンタジー『西遊記 はじまりのはじまり』の続編。天竺へ向けて旅を続ける三蔵法師と孫悟空ら一行の奇想天外な旅の行方がつづられる。本作ではシンチーは製作と脚本に回り、“香港映画界のスピルバーグ”の異名をもつツイ・ハークが監督を務める。

監督
ツイ・ハーク
出演キャスト
クリス・ウー ケニー・リン ヤオ・チェン リン・ユン

結婚

結婚詐欺師と騙された女たちの業を描写した直木賞作家・井上荒野の長編小説を、国内外で広く活動するディーン・フジオカ主演で映画化。偶然知り合った結婚詐欺師・古海の被害者たちは、彼の行方を探すことに。女を騙さなければ生きられない彼の秘密とは……。ディーン・フジオカは女たちを翻弄する結婚詐欺師・古海健児を演じるほか、DEAN FUJIOKA名義で主題歌も担当。監督は、「渋谷」などの映画作品のほか、ディーン・フジオカが出演したNHK連続テレビ小説『あさが来た』の演出を手がけた西谷真一。

監督
西谷真一
出演キャスト
ディーン・フジオカ 柊子 中村映里子 松本若菜
2015年

悼む人

  • 2015年2月14日(土)公開
  • 出演(坂築美汐 役)

第140回直木賞に輝いた天童荒太の同名小説を、堤幸彦監督が高良健吾を主演に迎えて映画化した人間ドラマ。縁もゆかりもない死者を“悼む”ために全国を放浪する青年と、夫を殺した過去をもつヒロインの旅の行方を描き、人が誰しも直面する“死”のありかたを問う。ヒロインの倖世を演じるのは石田ゆり子。

監督
堤幸彦
出演キャスト
高良健吾 石田ゆり子 井浦新 貫地谷しほり
2014年

バンクーバーの朝日

  • 2014年12月20日(土)公開
  • 出演(ベティ三宅 役)

差別や貧困をものともせず、フェアプレーの精神で戦い、03年にカナダ野球殿堂入りした実在の野球チーム、バンクーバー朝日軍の知られざる姿を描く人間ドラマ。その戦いぶりで人々に勇気を与えていく野球チームのメンバーを妻夫木聡、勝地涼のほか、亀梨和也、上地雄輔といった野球経験者が演じる。監督は『舟を編む』の石井裕也。

監督
石井裕也
出演キャスト
妻夫木聡 亀梨和也 勝地涼 上地雄輔

救いたい

  • 2014年11月22日(土)公開
  • 出演(鷹峰純子 役)

麻酔科医として患者を懸命に守り、また地域医療に奔走する夫を支える女性を通し、東日本大震災からの復興に向けひたむきに生きる人々を描いたヒューマンドラマ。国立病院機構仙台医療センターで麻酔科医長等を務める川村隆枝が、あまり知られていない麻酔科医の姿や自身の体験談を綴ったエッセー『心配ご無用――手術室には守護神がいる』を映画化。監督は「大河の一滴」「ハチ公物語」の神山征二郎。苦難を乗り越え前向きに生きようとする麻酔科医を「セカンドバージン」「ラヂオの時間」の鈴木京香が、被災地での診療に身を捧げる夫を「沈まぬ太陽」「伊豆の踊子」の三浦友和が演じる。前売券の売上の一部が、地域医療振興に向け寄付される。

監督
神山征二郎
出演キャスト
鈴木京香 三浦友和 貫地谷しほり 渡辺大

白ゆき姫殺人事件

  • 2014年3月29日(土)公開
  • 出演

湊かなえの長編作を『奇跡のリンゴ』の中村義洋監督が、井上真央を主演に迎えて映画化したサスペンス。とある美人OL殺人事件を巡り、その容疑者とされた女性にまつわる“噂”が、周囲の人々の悪意ある発言によって広まっていくさまがつづられる。事件を追うワイドショーのディレクターを綾野剛が演じる。

監督
中村義洋
出演キャスト
井上真央 綾野剛 菜々緒 金子ノブアキ

偉大なる、しゅららぼん

  • 2014年3月8日(土)公開
  • 出演(藤宮濤子 役)

映画化された『鴨川ホルモー』などマキメワールドと称される独特の世界観で知られる万城目学の同名小説を映画化したアドベンチャー。琵琶湖のほとりに住み、不思議な力を備えた高校生の青年と彼のもとにやってきた青年が繰り広げる騒動が描かれる。濱田岳、岡田将生らが、赤い制服に身を包んだ高校生に扮し、笑いを誘う。

監督
水落豊
出演キャスト
濱田岳 岡田将生 深田恭子 渡辺大
2013年

くちづけ

  • 2013年5月25日(土)公開
  • 出演(マコ 役)

2012年いっぱいで解散した劇団・東京セレソンデラックスの人気舞台を堤幸彦監督が映画化したヒューマンドラマ。とあるグループホームを舞台に、住人たちとそこへやってきた漫画家とその娘との交流を温かい視線で描く。主演の貫地谷しほりのほか、東京セレソンデラックスを主宰し、脚本を務めた宅間孝行も出演している。

監督
堤幸彦
出演キャスト
貫地谷しほり 竹中直人 宅間孝行 田畑智子
2012年

ぱいかじ南海作戦

  • 2012年7月14日(土)公開
  • 出演(アパ 役)

“現代版ロビンソン・クルーソー”と評された椎名誠の同名小説を映画化したサバイバル・コメディ。気分転換で訪れた西表島で全財産を奪われるも、前向きかつのほほんと生きる主人公を阿部サダヲが好演。そんな彼と生活を友にする若者役に永山絢斗、貫地谷しほり、佐々木希が扮する。監督は本作が初長編作となる新鋭、細川徹。

監督
細川徹
出演キャスト
阿部サダヲ 永山絢斗 貫地谷しほり 佐々木希

関連ニュース

貫地谷しほりと竹中直人、衝撃の共演シーンの舞台裏
貫地谷しほりと竹中直人、衝撃の共演シーンの舞台裏(2013年5月22日)

堤幸彦監督が、2012年に解散した劇団・東京セレソンデラックスの人気舞台を映画化した『くちづけ』(5月25日公開)で、2度目の親子役を演じた貫地谷しほりと竹中直…

貫地谷しほりと竹中直人が語る堤幸彦監督への特別な思い
貫地谷しほりと竹中直人が語る堤幸彦監督への特別な思い(2013年5月22日)

堤幸彦監督が人気舞台を映画化した『くちづけ』(5月25日公開)で、仲良し親子を演じた貫地谷しほりと竹中直人にインタビュー。ふたりは、固い絆で結ばれた仲良し親子の…

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 貫地谷しほり

ムービーウォーカー 上へ戻る