映画-Movie Walker > 人物を探す > オーレリ・デュポン

年代別 映画作品( 2002年 ~ 2017年 まで合計7映画作品)

2017年

フェリシーと夢のトウシューズ

エル・ファニングがバレリーナを目指す少女の声を演じるアニメーション。施設で育った少女が持ち前の情熱で度重なる困難を克服し、夢を叶えようとする姿が描かれる。バレエシーンの振付をパリ・オペラ座バレエ団芸術監督であるオレリー・デュポンとジェレミー・ベランガールが担当するなど細部へのこだわりにも注目。

監督
エリック・サマー エリック・ワリン
出演キャスト
エル・ファニング デイン・デハーン カーリー・レイ・ジェプセン マディ・ジーグラー
2016年

ミルピエ 〜パリ・オペラ座に挑んだ男〜

  • 2016年12月23日(金)公開
  • 出演

「ブラック・スワン」の振付師であり、ナタリー・ポートマンの夫として知られる稀代のダンサー、バンジャマン・ミルピエに密着したドキュメンタリー。史上最年少でパリ・オペラ座の芸術監督に抜擢された彼が、歴史と伝統に対峙しながら新演目に挑む姿を追う。レオノール・ボーラックやユーゴ・マルシャン、ジェルマン・ルーヴェら次世代のバレエダンサーたちも出演。ティエリー・デメジエールとアルバン・トゥルレーが共同で監督を務める。

監督
ティエリー・デメジエール アルバン・トゥルレー
出演キャスト
バンジャマン・ミルピエ レオノール・ボーラック ユーゴ・マルシャン ジェルマン・ルーヴェ

パリ・オペラ座 オーレリ・デュポン引退公演「マノン」

  • 2016年6月18日(土)公開
  • 出演(マノン・レスコー 役)

パリ・オペラ座で長年、トップエトワールとして活躍してきたオーレリ・デュポン。2015年5月に開かれたその引退公演をインタビュー映像と共に上映。収録に当たっては、「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」のセドリック・クラピッシュが監督を務めた。公演にはステファン・ピュリオン、アリス・ルナヴァンなど、豪華エトワールが参加している。

監督
セドリック・クラピッシュ Miguel Octave
出演キャスト
オーレリ・デュポン ロベルト・ボッレ ステファン・ビュリョン アリス・ルナヴァン
2013年

パリ・オペラ座へようこそ ライブビューイング2012-2013「ラ・シルフィード」

  • 2013年8月16日(金)公開
  • 出演

舞台芸術の最高峰パリ・オペラ座。そんなパリ・オペラ座で2012~2013年に上演される舞台を臨場感たっぷりに、さらにクラシック評論家アラン・デュオとパリ・オペラ座バレエ団芸術監督ブリジット・ルフェーブルによる解説や舞台裏、出演者へのインタビューなどを盛り込み上映するシリーズ。本作では2004年7月にガルニエ宮オペラ座で行われたロマンティック・バレエを特別収録上映。「ラ・シルフィード」は1832年にフィリッポ・タリオーニの振付によりオペラ座で初演され、長らく途絶えていたタリオーニ版を振付師のピエール・ラコットが復元させた。エトワール(オペラ座バレエ団のダンサー最高位)であるマチュー・ガニオとオーレリ・デュポンが魅せる。

出演キャスト
マチュー・ガニオ オーレリ・デュポン
2009年

パリ・オペラ座のすべて

  • 2009年10月10日(土)公開
  • 出演(パリ・オペラ座バレエ団エトワール 役)

名ドキュメンタリー作家、フレデリック・ワイズマン監督が、パリ・オペラ座のすべてを映し取ったドキュメンタリー。誰も知らないパリ・オペラ座の姿を堪能できる。

監督
フレデリック・ワイズマン
出演キャスト
エミリー・コゼット オーレリ・デュポン ドロテ・ジルベール マリ=アニエス・ジロ
2002年

エトワール

  • 2002年3月30日(土)公開
  • 出演

伝統と格式高いバレエの殿堂の光と影に迫る、美しくも過酷な人間ドラマ。実際の舞台や練習風景を織り交ぜ、競争社会に生きるダンサーたちの情熱と葛藤を描き出す。

監督
ニルス・タヴェルニエ
出演キャスト
ローラン・イレール マリ・アニエス・ジロ クレールマリ・オスタ マニュエル・ルグリ
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > オーレリ・デュポン

ムービーウォーカー 上へ戻る