映画-Movie Walker > 人物を探す > 韓英恵

年代別 映画作品( 2001年 ~ 2017年 まで合計22映画作品)

2017年

菊とギロチン

  • 2017年公開
  • 出演(十勝川 役)

監督
瀬々敬久
出演キャスト
木竜麻生 東出昌大 韓英恵 佐藤寛一?

獣道

「下衆の愛」の内田英治監督が大人に翻弄される地方都市の若者を映し出す、実話を下敷きにした青春ドラマ。母親に入れられた宗教施設が摘発され様々な人の間を転々とする愛衣。彼女に思いを寄せる不良の亮太。二人は現状から抜け出し居場所を探そうともがく。「下衆の愛」に続き、イギリスの映画製作・配給会社サードウィンドウフィルムズ代表アダム・トレルがプロデューサーを務める。「悪の教典」の伊藤沙莉扮する愛衣、「スイートプールサイド」の須賀健太扮する亮太を中心に、本能のまま荒くれた人生を突き進む若者を描く。共演はお笑いコンビ・マテンロウのアントニー、「太陽を掴め」の吉村界人ほか。

監督
内田英治
出演キャスト
伊藤沙莉 須賀健太 アントニー 吉村界人

いぬむこいり

鈴木清順監督の「オペレッタ狸御殿」などのプロデューサー片嶋一貴監督作品。小学校教師・梓の家には、軍功を上げた家来の犬がお姫様と結婚するという犬婿伝説が伝わっている。ある日、仕事で問題を起こし、婚約者と大喧嘩した梓は、空からお告げの声を聞く。出演は、「五つ星ツーリスト THE MOVIE 究極の京都旅、ご案内します!!」の有森也実、ジャズパンクバンド・勝手にしやがれの武藤昭平、「戦争と一人の女」の江口のりこ、「The Room」の尚玄、「アジアの純真」の笠井薫明、「半グレvsやくざ」シリーズの山根和馬、「知らない、ふたり」の韓英恵、「さらば あぶない刑事」のベンガル。

監督
片嶋一貴
出演キャスト
有森也実 武藤昭平 江口のりこ 尚玄
2016年

蜜のあわれ

  • 2016年4月1日(金)公開
  • 出演

大正から昭和にかけて活躍した詩人で小説家の室生犀星が、自身をモデルに老作家と金魚の化身とのエロティックな日常を描いた小説を映画化したファンタジー。二階堂ふみが老作家の仕事場に現れては自由奔放にふるまい、惑わす金魚の化身・赤子を演じる。監督は『ソレダケ / that’s it』の映像派、石井岳龍。

監督
石井岳龍
出演キャスト
二階堂ふみ 大杉漣 真木よう子 高良健吾

知らない、ふたり

  • 2016年1月9日(土)公開
  • 出演(ソナ 役)

「サッドティー」に続いて今泉力哉監督が今を生きる男女の等身大の恋愛模様を綴る群像劇。人との接点を避ける靴職人見習いの韓国人青年や彼に思いを寄せる日本人女性ら互いの胸の内を知らないまますれ違う7人を通し、恋愛の本質に迫る。韓国の男性ヴォーカルグループ『NU’EST』(ニューイースト)からレン、ミンヒョン、JRが参加。ほか、ファッションモデルの青柳文子、「ペタル ダンス」の韓英恵、「福福荘の福ちゃん」の芹澤興人、「想いのこし」の木南晴夏らが出演。

監督
今泉力哉
出演キャスト
レン 青柳文子 ミンヒョン JR
2013年

んで、全部、海さ流した。

  • 2013年11月2日(土)公開
  • 出演

文化庁委託事業としてVIPO(映像産業振興機構)が企画する“ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2012”の製作実地研修として製作された作品。東日本大震災の被災地、石巻を舞台に、喪失感を抱えた少女と少年の交流を描く。出演は「マイ・バック・ページ」の韓英恵。監督はCM製作などに携わってきた庄司輝秋。2013年3月2日より、東京・ユナイテッド・シネマ豊洲、3月23日より、大阪・梅田ガーデンシネマにて「ndjc2012」完成作品上映会で1週間限定公開。

監督
庄司輝秋
出演キャスト
韓英恵 篠田涼也 足立智充 半海一晃

ペタル ダンス

  • 2013年4月20日(土)公開
  • 出演

CMディレクターとして知られる石川寛が『好きだ、』以来7年ぶりに手がけた長編作。大学時代の友人に会うべく、車を走らせる3人の女性が、旅を通して自分を見つめなおしていく姿を描く。『好きだ、』でも主演を務めた宮崎あおいのほか、安藤サクラ、忽那汐里、吹石一恵という若手実力派女優が顔を揃えた。

監督
石川寛
出演キャスト
宮崎あおい 忽那汐里 安藤サクラ 吹石一恵
2012年

たとえば檸檬

  • 2012年12月15日(土)公開
  • 出演(カオリ 役)

歪んだ愛と憎しみの間で依存し合う二組の母娘の姿を描く「アジアの純真」の片嶋一貴監督作。出演は「アジアの純真」の韓英恵、「育子からの手紙」の有森也実、「その夜の侍」の綾野剛、「のど自慢」の室井滋、「十三人の刺客」の伊原剛志、古田新太、「悪夢探偵2」の内田春菊、「シグナル 月曜日のルカ」の白石隼也。

監督
片嶋一貴
出演キャスト
韓英恵 有森也実 綾野剛 佐藤寛子
2011年

アジアの純真

  • 2011年10月15日(土)公開
  • 出演

姉を殺された在日朝鮮人少女と、その現場で見て見ぬ振りをしてしまった日本人の少年が自転車に乗って旅をしながら、やがて“テロリスト”と呼ばれるようになる様を描くロードムービー。監督は「小森生活向上クラブ」の片嶋一貴。出演は「マイ・バック・ページ」の韓英恵、「ユリ子のアロマ」の笠井しげ。

監督
片嶋一貴
出演キャスト
韓英恵 笠井しげ 黒田耕平 丸尾丸一郎

マイ・バック・ページ

  • 2011年5月28日(土)公開
  • 出演(浅井七重 役)

川本三郎による同名ノンフィクション小説を基に、1960年代後半という激動の時代に2人の青年が出会い、理想と現実の狭間で揺れ動く姿を描く社会派青春ドラマ。妻夫木聡がジャーリストを松山ケンイチが革命家に扮して初共演。『リンダ リンダ リンダ』の山下敦弘監督が、革命熱の強まる時代を生きた人間の強さと脆さを映し出す。

監督
山下敦弘
出演キャスト
妻夫木聡 松山ケンイチ 忽那汐里 石橋杏奈

関連ニュース

妻夫木聡、デビュー当時は「芸能界をナメていた」と振り返る
妻夫木聡、デビュー当時は「芸能界をナメていた」と振り返る (2011年5月28日)

俳優の妻夫木聡が5月28日、都内で行われた映画『マイ・バック・ページ』の初日舞台挨拶に共演者の松山ケンイチ、忽那汐里、韓英恵、中村蒼、そして山下敦弘監督と登壇。…

妻夫木聡、松山ケンイチらと一緒にあなたの“今、信じていること”を綴ろう
妻夫木聡、松山ケンイチらと一緒にあなたの“今、信じていること”を綴ろう(2011年5月24日)

若きジャーナリストと活動家の交錯を描く『マイ・バック・ページ』(5月28日)に出演の妻夫木聡、松山ケンイチ、忽那汐里、石橋杏奈、韓英恵、中村蒼が「今、一番信じて…

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 韓英恵

ムービーウォーカー 上へ戻る