映画-Movie Walker > 人物を探す > 宮崎あおい

年代別 映画作品( 1999年 ~ 2017年 まで合計52映画作品)

2017年

ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜

  • 2017年11月3日(金)公開予定
  • 出演(山形千鶴 役)

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮崎あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

監督
滝田洋二郎
出演キャスト
二宮和也 綾野剛 笈田ヨシ 西島秀俊
2016年

バースデーカード

  • 2016年10月22日(土)公開
  • 出演

橋本愛と宮崎あおいが共演し、母娘の愛を描く人間ドラマ。亡き母親から毎年届く、バースデーカードの内容に戸惑いつつも成長していくヒロインを橋本愛が透明感のある演技で魅せ、宮崎あおいが家族を大きな愛で包む母親を演じる。監督は『キトキト!』などオリジナル作品を手がけ、人物描写に定評のある吉田康弘。

監督
??田康弘
出演キャスト
橋本愛 ユースケ・サンタマリア 須賀健太 中村蒼

怒り

  • 2016年9月17日(土)公開
  • 出演(槙愛子 役)

原作・吉田修一、監督・李相日という『悪人』のコンビによるミステリアスなドラマ。顔を整形し、社会に紛れ込んだ殺人犯らしき人物と出会った、千葉、東京、沖縄の人々の身に起きる出来事を描き、人を“信じる”とは?という根源的な問いを投げかける。渡辺謙、森山未來、松山ケンイチら日本映画界を代表する実力派が多数出演する。

監督
李相日
出演キャスト
渡辺謙 森山未來 松山ケンイチ 綾野剛

世界から猫が消えたなら

  • 2016年5月14日(土)公開
  • 出演(彼女 役)

川村元気の同名小説を佐藤健主演で映画化したヒューマンドラマ。余命わずかと宣告された30歳の男が、悪魔と取引し、大切なものと引き換えに1日の命を与えられ、かつての恋人や親友、両親の想いを知る姿を描く。佐藤が主人公と悪魔の2役を演じるほか、宮崎あおい、濱田岳、奥田瑛二、原田美枝子といった実力派が顔を揃える。

監督
永井聡
出演キャスト
佐藤健 宮﨑あおい 濱田岳 奥野瑛太
2015年

バケモノの子

  • 2015年7月11日(土)公開
  • 出演(声)(九太(少年期) 役)

『おおかみこどもの雨と雪』など、独特の世界観で海外からも高い注目を浴びる細田守監督によるアドベンチャーアニメ。人間の世界とバケモノの世界という、本来なら交わるはずのない2つの世界に住む、ひとりぼっちの少年と暴れんぼうのバケモノが出会い、奇想天外な冒険を繰り広げるさまが描かれる。

監督
細田守
出演キャスト
役所広司 宮崎あおい 染谷将太 広瀬すず
2014年

バンクーバーの朝日

  • 2014年12月20日(土)公開
  • 出演(笹谷トヨ子 役)

差別や貧困をものともせず、フェアプレーの精神で戦い、03年にカナダ野球殿堂入りした実在の野球チーム、バンクーバー朝日軍の知られざる姿を描く人間ドラマ。その戦いぶりで人々に勇気を与えていく野球チームのメンバーを妻夫木聡、勝地涼のほか、亀梨和也、上地雄輔といった野球経験者が演じる。監督は『舟を編む』の石井裕也。

監督
石井裕也
出演キャスト
妻夫木聡 亀梨和也 勝地涼 上地雄輔

神様のカルテ2

  • 2014年3月21日(金)公開
  • 出演(栗原榛名 役)

自身が医師でもある作家・夏川草介の同名小説を嵐の櫻井翔主演で映画化し、話題を呼んだ人間ドラマの続編。妻の出産を控えた主人公、かつての親友とその妻、恩師とその妻という3組の夫婦の姿を通し、仕事、愛、友情とは何かが語られる。主人公の親友役を藤原竜也が演じる。監督は前作同様、人間ドラマに定評のある深川栄洋。

監督
深川栄洋
出演キャスト
櫻井翔 宮崎あおい 藤原竜也 要潤
2013年

はじまりのみち

  • 2013年6月1日(土)公開
  • ナレーション、出演(学校の先生 役)

『河童のクゥと夏休み』など数々のアニメ作品で知られる原恵一監督が、初めて実写作品に挑戦した家族ドラマ。日本映画史に名を残す巨匠・木下惠介の実話を、映画『陸軍』製作時のエピソードを回想形式で盛り込みながら描く、母と子の物語。木下監督を幅広い演技で知られる実力派の加瀬亮が巧みに演じる。

監督
原恵一
出演キャスト
加瀬亮 田中裕子 濱田岳 ユースケ・サンタマリア

ペタル ダンス

  • 2013年4月20日(土)公開
  • 出演(ジンコ 役)

CMディレクターとして知られる石川寛が『好きだ、』以来7年ぶりに手がけた長編作。大学時代の友人に会うべく、車を走らせる3人の女性が、旅を通して自分を見つめなおしていく姿を描く。『好きだ、』でも主演を務めた宮崎あおいのほか、安藤サクラ、忽那汐里、吹石一恵という若手実力派女優が顔を揃えた。

監督
石川寛
出演キャスト
宮崎あおい 忽那汐里 安藤サクラ 吹石一恵

舟を編む

  • 2013年4月13日(土)公開
  • 出演(林香具矢 役)

2012年度の本屋大賞で第1位に輝いた、三浦しをんの同名ベストセラーを松田龍平&宮崎あおいの主演で映画化したヒューマンドラマ。15年の歳月をかけて、24万語収録の一冊の辞書を作り上げていく主人公と、老若男女揃った個性豊かな辞書編集部の仲間たちの姿を丁寧に描き出す。監督は『ハラがコレなんで』の石井裕也。

監督
石井裕也
出演キャスト
松田龍平 宮﨑あおい オダギリジョー 黒木華

関連ニュース

『怒り』の李相日監督が語る、渡辺謙らキャスト7人との撮影秘話【後編】
『怒り』の李相日監督が語る、渡辺謙らキャスト7人との撮影秘話【後編】(2016年9月17日)

日本映画界を担う実力派俳優たちが集結した勝負作『怒り』が遂に9月17日に封切られた。国内外で高い評価を受けた『悪人』(15)の吉田修一の小説を李相日監督が再び映…

『怒り』の李相日監督が語る、渡辺謙らキャスト7人との撮影秘話【前編】
『怒り』の李相日監督が語る、渡辺謙らキャスト7人との撮影秘話【前編】(2016年9月17日)

渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡という主役級のスターたちが競演した『怒り』が遂に9月17日より公開となった。このドリームキ…

宮崎あおい『怒り』クランクインが「怖かった」。心を丸裸にした“慟哭シーン”秘話語る
宮崎あおい『怒り』クランクインが「怖かった」。心を丸裸にした“慟哭シーン”秘話語る(2016年9月14日)

「人生で一番長くて、一番濃厚な2週間でした」。宮崎あおいは、李相日監督のもと新境地に挑んだ映画『怒り』(9月17日公開)の撮影をこう振り返る。「恐怖すら感じた」…

『怒り』の松山ケンイチが語る、渡辺謙と宮崎あおいから受けた刺激
『怒り』の松山ケンイチが語る、渡辺謙と宮崎あおいから受けた刺激(2016年9月9日)

日本アカデミー賞など国内の映画賞を多数受賞した『悪人』(10)から6年、李相日監督が原作者の吉田修一や、同作のスタッフ陣と再びタッグを組んだのが、渾身の群像劇『…

『怒り』の渡辺謙「子どもに近ければ近いほど誤解してしまう」
『怒り』の渡辺謙「子どもに近ければ近いほど誤解してしまう」(2016年9月8日)

『許されざる者』(13)に続き、李相日監督最新作の群像劇『怒り』(9月17日公開)でも、豪華キャストたちが組んだ円陣の中央にいた渡辺謙。過酷を極めると言われる李…

佐藤健に『せか猫』がピタリとハマる理由とは?
佐藤健に『せか猫』がピタリとハマる理由とは?(2016年5月13日)

120万部突破の川村元気によるベストセラーを映画化する『世界から猫が消えたなら』(5月14日公開)。余命わずかと宣告された“僕”を佐藤健が演じ、あらゆる世代へ「…

宮崎あおい、まさかの北海道推しに大泉洋が大興奮!
宮崎あおい、まさかの北海道推しに大泉洋が大興奮!(2015年7月11日)

『おおかみこどもの雨と雪』(12)の細田守監督作『バケモノの子』の初日舞台挨拶が、7月11日にTOHOシネマズスカラ座で開催。声優を務めた役所広司、宮崎あおい、…

師弟役の役所広司&宮崎あおいが語る『バケモノの子』
師弟役の役所広司&宮崎あおいが語る『バケモノの子』(2015年7月8日)

細田守監督3年ぶりの長編アニメとして注目の『バケモノの子』(7月11日公開)。一人ぼっちの少年・九太の声優を務めたのは、前作『おおかみこどもの雨と雪』(12)に…

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 宮崎あおい

ムービーウォーカー 上へ戻る