映画-Movie Walker > 人物を探す > アンドリュー・ダン

年代別 映画作品( 公開時期不明 ~ 2016年 まで合計9映画作品)

2016年

ミス・シェパードをお手本に

  • 2016年12月10日(土)公開
  • 撮影

イギリスの劇作家アラン・ベネットの回想録を映画化。ベネットの家の敷地に車を停めて生活する風変わりなミス・シェパードとの、長きにわたる奇妙な共同生活と友情を綴る。舞台でミス・シェパードを演じ続けたアカデミー賞女優マギー・スミスが本作でも主演。監督は「英国万歳!」でもベネットと組んだ、舞台演出家としての顔も持つニコラス・ハイトナー。ベネットには、「クィーン」などに出演し舞台を中心に活躍するアレックス・ジェニングスが扮する。ベネットとミス・シェパードが実際に暮らしていたロンドン北部の町カムデンのグロスター・クレセント通りで撮影された。

監督
ニコラス・ハイトナー
出演キャスト
マギー・スミス アレックス・ジェニングス ジム・ブロードベント フランシス・デ・ラ・トゥーア
2014年

大統領の執事の涙

  • 2014年2月15日(土)公開
  • 撮影

奴隷から大統領の執事にまで上り詰め、30年もの間、ホワイトハウスで過ごし、7人の大統領に仕えた黒人男性と彼の家族の姿をつづる、フォレスト・ウィテカー主演のヒューマンドラマ。34年間、ホワイトハウスに勤め、トルーマンからレーガンまで8人の大統領に仕えた実在の黒人執事ユージン・アレンがモデルになっている。

監督
リー・ダニエルズ
出演キャスト
フォレスト・ウィテカー オプラ・ウィンフリー ジョン・キューザック ジェーン・フォンダ
2013年

ウォールフラワー

  • 2013年11月22日(金)公開
  • 撮影監督

『RENT レント』の脚本家として知られるスティーヴン・チョボスキーが、ベストセラーとなった同名小説を自らメガホンを握り、映画化した青春ドラマ。小説家を目指す内気な少年が、風変わりな兄妹との出会いを通して成長していく姿がつづられる。『パーシー・ジャクソン』シリーズのローガン・ラーマンら注目の若手が顔を揃えた。

監督
スティーブン・チョボスキー
出演キャスト
ローガン・ラーマン エマ・ワトソン エズラ・ミラー メイ・ホイットマン
2012年

善き人

  • 2012年1月1日(日)公開
  • 撮影

英国の劇作家、C.P.テイラーの遺作舞台劇を「Oiビシクレッタ」のヴィセンテ・アモリン監督が映画化。ヒトラーに小説を気に入られたことから予期せぬ人生を歩む文学教授の姿を描く。出演は「ザ・ロード」のヴィゴ・モーテンセン、「グリーン・ゾーン」のジェイソン・アイザックス、「ヴィーナス」のジョディ・ウィッテカー。

監督
ヴィセンテ・アモリン
出演キャスト
ヴィゴ・モーテンセン ジェイソン・アイザックス ジョディ・ウィッテカー スティーヴン・マッキントッシュ
2011年

ラブ・アゲイン

  • 2011年11月19日(土)公開
  • 撮影

『40歳の童貞男』のスティーブ・カレル主演によるハートウォーミング・ラブコメディ。ある日突然、妻から離婚を迫られた40男が、遊び人の男のアドバイスを受けて大変身。妻の気持ちを取り戻そうとする姿をコミカルに描き出す。主人公に愛想をつかす妻を演じるのは『キッズ・オールライト』のジュリアン・ムーア。

監督
グレン・フィカーラ ジョン・レクア
出演キャスト
スティーヴ・カレル ライアン・ゴズリング ジュリアン・ムーア エマ・ストーン
2010年

小さな命が呼ぶとき

  • 2010年7月24日(土)公開
  • 撮影

ブレンダン・フレイザー&ハリソン・フォード主演の感動ドラマ。難病に冒され、余命わずかと診断された子供のために、私財を投げ打ってその治療薬を開発する会社を設立しようとする父親と、彼の情熱に突き動かされた天才科学者との実話を映画化。ハリソン・フォードが研究者役だけでなく、自ら製作総指揮にも挑んだ渾身の一作だ。

監督
トム・ヴォーン
出演キャスト
ブレンダン・フレイザー ハリソン・フォード ケリー・ラッセル コートニー・B・ヴァンス

プレシャス

  • 2010年4月24日(土)公開
  • 撮影監督

2009年のサンダンス映画祭でグランプリなど3冠に輝いたヒューマンドラマ。苛酷で悲惨な家庭環境で育った16歳の少女が、1人の女性教師との出会いを経て希望を見出していく。

監督
リー・ダニエルズ
出演キャスト
ガボレイ・シディベ モニーク ポーラ・パットン マライア・キャリー
1999年

エバー・アフター

  • 1999年4月24日(土)公開
  • 撮影

童話『シンデレラ』の物語をアレンジしたラヴ・ロマンス。監督は「愛さずにはいられない」のアンディ・テナント。脚本はテナント、「愛さずにはいられない」のリック・パークス(本作が初クレジット)、「ポカホンタス」のスザンナ・グラント。製作は「ジャングル・ブック」のミレイユ・ソリア、「ホーム・アローン3」のトレイシー・リンチ。撮影は「恋におぼれて」のアンドリュー・ダン。音楽は「ユー・ガット・メイル」のジョージ・フェントン。美術は「Emma エマ」のマイケル・ハウエルズ。編集は「ジャングル・ジョージ」のロジャー・ボンデリ。衣裳はジェームズ・アイヴォリー作品で知られるジェニー・ビーヴァン(「ジェイン・エア」)。出演は「ウェディング・シンガー」のドリュー・バリモア、「アダムズ・ファミリー1、2」のアンジェリカ・ヒューストン、「ディープ・インパクト」のダグレイ・スコット、「愛のめぐりあい」のジャンヌ・モロー、「逃亡者」のセローン・クラッベ、舞台出身のミーガン・ドッズ、「乙女の祈り」のメラニー・リンスキー、「日の名残り」のパトリック・ゴドフリー、ほか。「遠い夜明け」のティモシー・ウェスト、「オスカー・ワイルド」のジュディ・パーフイット、「ダークシティ」のリチャード・オブライエンほか。

監督
アンディ・テナント
出演キャスト
ドリュー・バリモア アンジェリカ・ヒューストン ダグレイ・スコット Patrick Godfrey
9999年

かぞくはじめました

  • 公開中止公開予定
  • 撮影監督

ひょんなことから一緒に赤ちゃんを育てることになった、仲の悪い独身男女の奮闘をリアルに描く子育てコメディ。テレビドラマ『ドーソンズ・クリーク』の脚本家として頭角を現したグレッグ・バーランティが監督をつとめ、『男と女の不都合な真実』などコメディエンヌとして大活躍のキャサリン・ハイグルが主演と製作を兼任する。

監督
グレッグ・バーランティ
出演キャスト
キャサリン・ハイグル ジョシュ・デュアメル ジョシュ・ルーカス クリスティナ・ヘンドリックス
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アンドリュー・ダン

ムービーウォーカー 上へ戻る