映画-Movie Walker > 人物を探す > 清水崇

年代別 映画作品( 1998年 ~ 2017年 まで合計39映画作品)

2017年

こどもつかい

  • 2017年6月17日(土)公開
  • 監督、脚本

『呪怨』シリーズなどホラー映画を得意とする清水崇監督が、“こどもの霊”を操る“こどもつかい”の恐怖を描くホラー。連続不審死事件の謎に迫る新人記者が“こどもの呪い”と“こどもつかい”に立ち向かう姿をつづる。本作が映画初主演となる滝沢秀明が特殊メイクを施し、ミステリアスなキャラクター、こどもつかいを演じる。

監督
清水崇
出演キャスト
滝沢秀明 有岡大貴 門脇麦 尾上寛之

バイオハザード:ヴェンデッタ

  • 2017年5月27日(土)公開
  • エグゼクティブ・プロデューサー

人気サバイバルホラー・アクションゲーム「バイオハザード」の世界観を基に、『呪怨』シリーズの清水崇がエグゼクティブ・プロデューサーを務めて製作された、フルCGによるオリジナル劇場版アニメ。クリスやレオンといったシリーズの人気キャラクターたちが登場し、新型ウイルスによるバイオテロの脅威に立ち向かう姿を描く。

監督
辻本貴則
出演キャスト
ダンテ・カーヴァー

ブルーハーツが聴こえる

1995年に解散するも、いまもなお絶大な人気を誇るロックバンド、THE BLUE HEARTS。彼らが残したメッセージ性の強い楽曲をモチーフに、飯塚健、下山天、井口昇ら6人の映画監督がコメディ、SF、ファンタジーなどジャンルも様々な6つのエピソードをつづるオムニバス作。尾野真千子、市原隼人、斎藤工ら豪華俳優陣にも注目。

監督
飯塚健 下山天 井口昇 清水崇
出演キャスト
尾野真千子 角田晃広 萩原みのり 伊藤沙莉
2016年

雨女

  • 2016年6月4日(土)公開
  • 監督、脚本

『呪怨』シリーズの清水崇が、体感型上映システムとして人気の4DXの劇場での上映を念頭に製作したホラー。雨の日に必ず見る悪夢によって常軌を逸していくヒロインの姿が描かれる。清野菜名がヒロイン役でホラー映画に初挑戦するほか、モデルや俳優として活躍する柳俊太郎がその恋人役を演じる。

監督
清水崇
出演キャスト
清野菜名 栁俊太郎 高橋ユウ みやべほの
2015年

7500

  • 2015年7月25日(土)公開
  • 監督

「呪怨」シリーズの清水崇監督と「ダイヤモンド・イン・パラダイス」の脚本家クレイグ・ローゼンバーグが組んだホラー。飛行中のジャンボ・ジェット機を舞台に、ある乗客の死をきっかけに、恐怖に襲われる人々の姿を描く。出演は「ハイネケン誘拐の代償」のライアン・クワンテン、「君が生きた証」のジェイミー・チャン。

監督
清水崇
出演キャスト
ジェイミー・チャン レスリー・ビブ ジェリー・フェラーラ ニッキー・ウィーラン
2014年

キョンシー

  • 2014年10月25日(土)公開
  • プロデューサー

「呪怨」の清水崇がプロデュースした1980年代のキョンシー映画にオマージュを捧げたホラー作品。香港の人気歌手・俳優活躍しているジュノ・マックの初監督作品。1980年代のキョンシー映画へのオマージュに満ち、チン・シュウホウ(錢小豪)をはじめ「霊幻道士」シリーズゆかりの俳優も出演しているが、往年のコミカルなキョンシー違い、シリアスなホラーとなっている。第26回(2013年)東京国際映画祭上映作品「リゴル・モルティス/死後硬直」を改題。

監督
ジュノ・マック
出演キャスト
チン・シウホウ クララ・ワイ パウ・ヘイチン アンソニー・チャン

劇場版 稲川怪談 かたりべ

  • 2014年9月20日(土)公開
  • プロデューサー

日本を代表する怪談の語り部・稲川淳二の怪談を再現するドラマの撮影現場を撮ったメイキング映像を映画化。封印され、お蔵入りとなったその映像に映っていた不可解な現象とは……。監督は、「へんげ」の大畑創。プロデュースは、「呪怨」シリーズの清水崇。出演は、稲川淳二、アイドルユニット・妄想キャリブレーション。

監督
大畑創
出演キャスト
胡桃沢まひる 神堂未祐奈 桜野羽咲 双葉苗

呪怨 終わりの始まり

  • 2014年6月28日(土)公開
  • 原案

ハリウッドリメイクもされた人気ホラーシリーズを、『感染』の落合正幸監督が佐々木希を主演に迎えて再び映画化。呪われた家に足を踏み入れてしまったために、恐ろしい出来事に見舞われる女性の姿が描かれる。白塗りの少年・俊雄、その母・伽椰子などおなじみのキャラクターが登場し、身の毛もよだつような恐怖が繰り広げられる。

監督
落合正幸
出演キャスト
佐々木希 小林颯 青柳翔 トリンドル玲奈

魔女の宅急便

  • 2014年3月1日(土)公開
  • 監督、脚本

宮崎駿監督によるアニメ映画化でも知られる、角野栄子による児童文学を初めて実写映画化した青春ファンタジー。修行のため、見知らぬ街にやってきた13歳の魔女見習いの少女が、個性豊かな街の人々との交流を通し、成長していく姿を描く。全国オーディションでキキ役に選ばれたのは、新鋭・小芝風花。監督は『呪怨』シリーズの清水崇。

監督
清水崇
出演キャスト
小芝風花 尾野真千子 広田亮平 浅野忠信
2012年

劇場版 はらぺこヤマガミくん

  • 2012年3月3日(土)公開
  • 出演(シミズさん 役)

ネット配信されたショート着ぐるみコメディの劇場版。“神さま”たちが巻き起こす騒動をシュールに描く。「電人ザボーガー」の井口昇が、監督と主人公・ヤマガミくんの声を担当。共同監督は、「東京残酷物語」の西村喜廣、OV『裁判長!トイレ行ってきていいすか』の塩崎遵。ナレーションは、AKB48の仲谷明香。

監督
井口昇 西村喜廣 塩崎遵
出演キャスト
しいなえいひ 清水崇 桃瀬美咲 真凛

関連ニュース

清水崇監督、少年時代は「怖がり」ジャパニーズホラーの巨匠の原点とは
清水崇監督、少年時代は「怖がり」ジャパニーズホラーの巨匠の原点とは(2017年6月16日)

『呪怨』シリーズをはじめ、数々のヒット作を生み出している清水崇監督。最新作となるホラー映画『こどもつかい』(6月17日公開)では、7人の子どもの霊を操る謎の男“…

滝沢秀明の身体能力とストイックさに驚き!清水崇監督が明かす“こどもつかい”ができるまで
滝沢秀明の身体能力とストイックさに驚き!清水崇監督が明かす“こどもつかい”ができるまで(2017年6月15日)

清水崇監督が滝沢秀明を主演に迎えて描く、完全オリジナルのホラー映画『こどもつかい』(6月17日公開)。映画初主演となる滝沢が、子どもの怨念を操る謎の男“こどもつ…

『バイオハザード:ヴェンデッタ』清水崇Pと監修・小林裕幸が語るホラー描写
『バイオハザード:ヴェンデッタ』清水崇Pと監修・小林裕幸が語るホラー描写(2017年5月27日)

シリーズ累計販売本数7700万本超を誇る人気サバイバルゲーム『バイオハザード』。その完全新作ストーリーとなるCG長編アニメ映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』が…

『バイオハザード:ヴェンデッタ』の清水崇Pと辻本貴則監督が語る撮影秘話
『バイオハザード:ヴェンデッタ』の清水崇Pと辻本貴則監督が語る撮影秘話(2017年5月26日)

サバイバルホラーのフルCG長編アニメ映画最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』が5月27日(土)より公開となる。本作でエグゼクティブプロデューサーを務めた清水崇…

清水崇監督、無謀と承知で『魔女の宅急便』にトライ!「なぜ、監督が俺?」
清水崇監督、無謀と承知で『魔女の宅急便』にトライ!「なぜ、監督が俺?」(2014年2月28日)

話題沸騰の実写映画『魔女の宅急便』(3月1日公開)の監督に清水崇の名前が挙がった時、きっと映画ファンやアニメファンの誰もが新鮮な驚きを感じたのではないか。清水監…

『魔女の宅急便』とんぼ役の広田亮平「キキがうらやましかった」
『魔女の宅急便』とんぼ役の広田亮平「キキがうらやましかった」(2014年2月27日)

角野栄子の児童文学を、満を持して実写映画化した『魔女の宅急便』(3月1日公開)で、キキと交流するとんぼ役を演じた広田亮平を直撃。とんぼ役に抜擢された時は、喜びよ…

『魔女の宅急便』の原作者・角野栄子「キキの妹役で出演したかった」とおちゃめ発言
『魔女の宅急便』の原作者・角野栄子「キキの妹役で出演したかった」とおちゃめ発言(2014年2月27日)

角野栄子の児童文学初の実写映画『魔女の宅急便』が、3月1日(土)にいよいよ公開となる。宮崎駿監督のアニメ版はもちろん、蜷川幸雄演出の舞台版も大いに話題となったが…

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 清水崇

ムービーウォーカー 上へ戻る