映画-Movie Walker > 人物を探す > アンディ・テナント

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2017年 まで合計8映画作品)

2017年

素敵な遺産相続

  • 2017年6月3日(土)公開予定
  • 監督

シャーリー・マクレーンとジェシカ・ラングが共演したコメディ。夫を亡くしたエヴァの元に、生命保険金が振り込まれる。ところが、5万ドルのはずの金額が、誤って500万ドルになっていた。そのお金でエヴァは、親友のマディと共にバカンスに旅立つが……。脇を固めるのは、「カルテット!人生のオペラハウス」のビリー・コノリー、「ゴースト/ニューヨークの幻」のデミ・ムーア。メガホンを取ったのは、「アンナと王様」のアンディ・テナント。

監督
アンディ・テナント
出演キャスト
シャーリー・マクレーン ジェシカ・ラング デミ・ムーア ビリー・コノリー
2010年

バウンティー・ハンター

  • 2010年7月10日(土)公開
  • 監督

賞金稼ぎとその元妻が繰り広げる騒動を描くクライム・アクション。私生活でもウワサになったジェニファー・アニストンとジェラルド・バトラーのセクシーな掛け合いが見もの。

監督
アンディ・テナント
出演キャスト
ジェニファー・アニストン ジェラルド・バトラー クリスティン・バランスキー ジョエル・ガーランド
2008年

フールズ・ゴールド カリブ海に沈んだ恋の宝石

  • 2008年5月31日(土)公開
  • 監督、脚本

マシュー・マコノヒー主演のアドベンチャー。カリブ海に沈むスペイン王朝の秘宝をめぐり、陽気な探検家と別居中の妻がスリルと笑いにあふれた恋と冒険を繰り広げる。

監督
アンディ・テナント
出演キャスト
マシュー・マコノヒー ケイト・ハドソン ドナルド・サザーランド ユエン・ブレンナー
2005年

最後の恋のはじめ方

  • 2005年6月4日(土)公開
  • 監督

ウィル・スミス扮するデート・コンサルタントが自らの恋に奮闘するラブ・コメディ。恋愛下手な男女が幸せをつかむまでを、軽妙な本音トークを交えて描く。

監督
アンディ・テナント
出演キャスト
ウィル・スミス エヴァ・メンデス ケヴィン・ジェームズ アンバー・ヴァレッタ
2003年

メラニーは行く!

  • 2003年6月14日(土)公開
  • 監督

若手人気女優リース・ウィザースプーン主演の痛快サクセス・ラブ・ストーリー。幸せをつかむため、前向きに奮闘する現代女性の姿をパワフルかつユーモラスに描いた痛快作。

監督
アンディ・テナント
出演キャスト
リース・ウィザースプーン ジョシュ・ルーカス パトリック・デンプシー キャンディス・バーゲン
2000年

アンナと王様

  • 2000年2月5日(土)公開
  • 監督

アジアの王国を舞台に、国王と家庭教師をめぐるドラマを描いたロマンス。監督は「エバー・アフター」のアンディ・テナント。原作は19世紀の英国人女性、アンナ・レオノーウェンズの手記。脚本は「ダブル・インパクト」のスティーヴ・ミアーソンとピーター・クライクス。撮影は「メッセージ・イン・ア・ボトル」のカレブ・デシャネル。音楽は「娼婦ベロニカ」のジョージ・フェントン。美術は「オスカーとルシンダ」のルチアーナ・アリジ。編集は「エバー・アフター」のロジャー・ボンデリ。衣裳は「エバー・アフター」のジェニー・ビーヴァン。出演は「コンタクト」のジョディ・フォスター、「リプレイスメント・キラー」のチョウ・ユンファ、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」のバイ・リン、「リプレイスメント・キラー」のランダル・ダク・キムほか。

監督
アンディ・テナント
出演キャスト
ジョディ・フォスター チョウ・ユンファ バイ・リン トム・フェルトン
1999年

エバー・アフター

  • 1999年4月24日(土)公開
  • 監督、脚本

童話『シンデレラ』の物語をアレンジしたラヴ・ロマンス。監督は「愛さずにはいられない」のアンディ・テナント。脚本はテナント、「愛さずにはいられない」のリック・パークス(本作が初クレジット)、「ポカホンタス」のスザンナ・グラント。製作は「ジャングル・ブック」のミレイユ・ソリア、「ホーム・アローン3」のトレイシー・リンチ。撮影は「恋におぼれて」のアンドリュー・ダン。音楽は「ユー・ガット・メイル」のジョージ・フェントン。美術は「Emma エマ」のマイケル・ハウエルズ。編集は「ジャングル・ジョージ」のロジャー・ボンデリ。衣裳はジェームズ・アイヴォリー作品で知られるジェニー・ビーヴァン(「ジェイン・エア」)。出演は「ウェディング・シンガー」のドリュー・バリモア、「アダムズ・ファミリー1、2」のアンジェリカ・ヒューストン、「ディープ・インパクト」のダグレイ・スコット、「愛のめぐりあい」のジャンヌ・モロー、「逃亡者」のセローン・クラッベ、舞台出身のミーガン・ドッズ、「乙女の祈り」のメラニー・リンスキー、「日の名残り」のパトリック・ゴドフリー、ほか。「遠い夜明け」のティモシー・ウェスト、「オスカー・ワイルド」のジュディ・パーフイット、「ダークシティ」のリチャード・オブライエンほか。

監督
アンディ・テナント
出演キャスト
ドリュー・バリモア アンジェリカ・ヒューストン ダグレイ・スコット パトリック・ゴッドフリー
1997年

愛さずにはいられない

  • 1997年7月19日(土)公開
  • 監督

ニューヨーカーの青年ビジネスマンと情熱的なメキシカン娘が互いのカルチャーギャップを乗り越え、運命と愛の力を信じるようになるまでを描いた、ハートウォーミングなラブ・ロマンス。監督はTV界で活躍し、劇場用映画は『彼女はふたりっ子!?』(V)に続いて2作目のアンディ・テナント。脚本は、ジョアン・テイラーと「フラッシュダンス」のキャサリン・リバックの原案を基に、リバックが執筆。製作は「スパイ・ハード」のダグ・ドレイツィンとその夫人アンナ・マリア・デイヴィスで、彼ら自身の出会いの実体験に基づいているという。製作総指揮は「ユージュアル・サスペクツ」のマイケル・マクドネル。撮影は「フリー・ウィリー」のロビー・グリーンバーグ、音楽は「花嫁のパパ2」のアラン・シルヴェストリがスコアを書き、タイトルの元になったエルヴィス・プレスリーの『好きにならずにいられない』、グロリア・エステファンの『ミ・ファミリア』とラテン系ミュージックのナンバーなどを使用。主演は「ジミー さよならのキスもしてくれない」の後、TVコメディ『フレンズ』で人気に火がついたマシュー・ペリーと「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のサルマ・ハエック。共演は「結婚しない女」のジル・クレイバーグ、マシューの実父で「インデペンデンス・デイ」のジョン・ベネット・ペリー、「ある女の存在証明」のトーマス・ミリアン、「推定無罪」のジョン・テニー、「フォレスト・ガンプ 一期一会」のシオバン・ファロンナほか。

監督
アンディ・テナント
出演キャスト
マシュー・ペリー サルマ・ハエック ジョン・テニー カルロス・ゴメス
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アンディ・テナント

ムービーウォーカー 上へ戻る