映画-Movie Walker > 人物を探す > ニール・ジョーダン

年代別 映画作品( 1985年 ~ 2013年 まで合計14映画作品)

2013年

ビザンチウム

  • 2013年9月20日(金)公開
  • 監督

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』のニール・ジョーダン監督が、再び血塗られた運命を背負った者と人間との禁断の恋を描くラブストーリー。『ハンナ』のシアーシャ・ローナンが、永遠に16歳の風貌をまとったミステリアスなヒロインに扮し、『007 慰めの報酬』のジェマ・アータートンがその姉役を演じる。

監督
ニール・ジョーダン
出演キャスト
ジェマ・アータートン シアーシャ・ローナン サム・ライリー ジョニー・リー・ミラー
2007年

ブレイブ ワン

  • 2007年10月27日(土)公開
  • 監督

アカデミー賞主演女優賞に2度輝いたジョディ・フォスターが、暴漢への復讐を図るDJを演じたサスペンス。被害者が一転、狂気を宿した加害者になっていくさまを緻密に表現。

監督
ニール・ジョーダン
出演キャスト
ジョディ・フォスター テレンス・ハワード ナヴィーン・アンドリュース ニッキー・カット
2006年

プルートで朝食を

  • 2006年6月10日(土)公開
  • 監督、プロデューサー、脚本

「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のニール・ジョーダン監督による喜劇。女性的なものにひかれる風変わりな青年が、自らのルーツを探す波乱万丈の旅に出る。

監督
ニール・ジョーダン
出演キャスト
キリアン・マーフィ スティーヴン・レイ ブレンダン・グリーソン リーアム・ニーソン
2005年

ダブリン上等!

  • 2005年2月19日(土)公開
  • 製作

アイルランド・ダブリンを舞台に、どこか憎めない小悪党3人組が企てた破天荒な強盗計画のてん末を追う。地元出身のコリン・ファレル出演による痛快青春狂騒劇。

監督
ジョン・クロウリィ
出演キャスト
コリン・ファレル キリアン・マーフィ ケリー・マクドナルド シャーリー・ヘンダーソン
2004年

ギャンブル・プレイ

  • 2004年1月31日(土)公開
  • 監督、製作総指揮、脚本

名匠、ジャン=ピエール・メルビル監督の「賭博師ボブ」をもとにした犯罪劇。一獲千金の賭けに出たギャンブラーが、大胆なカジノ襲撃計画を実行する姿をスリリングに描き出す。

監督
ニール・ジョーダン
出演キャスト
ニック・ノルティ チェッキー・カリョ レイフ・ファインズ ナッサ・クヒアニチェ
2000年

ことの終わり

  • 2000年10月14日(土)公開
  • 監督、製作、脚本

 文豪G・グリーンの恋愛小説の名作を「クライング・ゲーム」のN・ジョーダン監督が映画化。運命に翻弄される男女の悲しいすれ違いを、官能的な映像美で語り明かす。

監督
ニール・ジョーダン
出演キャスト
レイフ・ファインズ ジュリアン・ムーア スティーヴン・レイ イアン・ハート
1997年

マイケル・コリンズ

  • 1997年3月1日(土)公開
  • 監督、脚本

アイルランド独立運動の英雄マイケル・コリンズ(1890~1922)の半生を描いた歴史ドラマ。監督・脚本は自身もアイルランド出身である、「クライング・ゲーム」「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のニール・ジョーダン。製作のスティーヴン・ウーリー、共同製作のレドモンド・モリス、音楽のエリオット・ゴールデンサル(「ヒート」)、衣裳のサンディ・パウエル(「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」)は、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」に続きジョーダンと組んだ。撮影はジョーダンとは『殺人天使』(V、82)以来となる「セカンド・ベスト 父を探す旅」のクリス・メンゲス、美術は「嵐の中で輝いて」のアンソニー・プラット、編集は『殺人天使』「マイ・レフト・フット」のJ・パトリック・ダフネーと「オセロ」(95)のトニー・ローソンのコンビ。主演はジョーダン同様アイルランド出身の「判決前夜 ビフォア・アンド・アフター」のリーアム・ニーソン。共演は「ジキル&ハイド」のジュリア・ロバーツ、「月下の恋」のエイダン・クイン、「いつか晴れた日に」のアラン・リックマン、「ナッシング・パーソナル」のイアン・ハート、ジョーダンとは『殺人天使』以来5作で組む「プレタポルテ」のスティーヴン・レイ、『アクシデント』(V)のチャールズ・ダンスほか。

監督
ニール・ジョーダン
出演キャスト
リーアム・ニーソン ジュリア・ロバーツ エイダン・クイン アラン・リックマン
1994年

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

  • 1994年12月10日(土)公開
  • 監督

吸血鬼に魅入られ、不老不死となった青年が遂げる数奇な運命を描いたホラー・ロマン。女性作家アン・ライスの代表作でカルト的な人気を誇る小説『夜明けのヴァンパイア』(早川書房)を、彼女自身の脚本で映画化。過去に何度も映画化が企画され、幾多の監督や俳優が候補に上ったが、いずれも実現しなかった。結局、「クライング・ゲーム」のニール・ジョーダンが監督に決まったものの、主役のトム・クルーズに熱狂的な愛読者が反対運動を起こし、さらに原作者本人が彼の配役に不満の意を表明(完成品を見た彼女は後に発言を撤回し、『ヴァラエティ』紙の広告スペースを私費で買い取り、絶賛する文章を掲載した)。その上、撮影が開始されてからは、マロイ役のリヴァー・フェニックスが急逝するなど、数々の話題を提供した(完成作品は、リヴァーの思い出に捧げられている)。製作は、ジョーダンの初監督作『殺人天使』(V)以来、10年来のコンビを組んでいるスティーヴン・ウーリーと、ゲフィン・カンパニーの創立者デイヴィッド・ゲフィンの共同。撮影は「リバー・ランズ・スルー・イット」のフィリップ・ルースロ、美術はフェリーニ作品で知られる、「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のダンテ・フェレッティ、特殊メイクは「シザーハンズ」のスタン・ウィンストンが担当。音楽はオリジナル・スコアをエリオット・ゴールデンサルが書き、主題歌はガンズ&ローゼスがローリング・ストーンズの曲をカバーした『悪魔を憐れむ歌』。出演は「ザ・ファーム 法律事務所」のトム・クルーズ、「トゥルー・ロマンス」のブラッド・ピット、クリスチャン・スレイターほか。

監督
ニール・ジョーダン
出演キャスト
トム・クルーズ ブラッド・ピット アントニオ・バンデラス スティーヴン・レイ
1993年

クライングゲーム

  • 1993年6月19日(土)公開
  • 監督、脚本

元IRA(アイルランド共和国軍)兵士と、彼が死に至らしめた男の恋人との、危険で甘美な恋を描いたサスペンスタッチのラヴストーリー。アメリカでは最初、ニューヨークで単館上映されたが、次第に話題となり拡大公開し、ヨーロッパ映画としては異例の大ヒットとなった。九二年度アカデミーオリジナル脚本賞受賞。監督・脚本は「スターダスト」のニール・ジョーダン。製作はスティーブン・ウーリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはニック・パウエルと、ジョーダン作品でおなじみのコンビ。撮影は「エドワードII」のイアン・ウィルソン。音楽は「フィル・コリンズ in バスター」のアン・ダッドリーで、同名の主題歌は元カルチャー・クラブのボーイ・ジョージがそれぞれ担当。出演は「狼の血族」のスティーブン・レイと、本作が映画初出演のファッションモデルのジェイ・デイヴィッドソン。共演は「バード」のフォレスト・ウィテカー、「ダメージ」のミランダ・リチャードソン、「ヒア・マイ・ソング」のエイドリアン・ダンバーら。キネマ旬報ベストテン第四位。

監督
ニール・ジョーダン
出演キャスト
スティーヴン・レイ ジェイ・デイヴィッドソン ミランダ・リチャードソン フォレスト・ウィテカー
1991年

スターダスト(1990)

  • 1991年6月1日(土)公開
  • 監督、脚本

年上の女性に恋した少年のひと夏を、叙情豊かなアイルランドの風景を織りなして描いた物語。監督は「俺たちは天使じゃない」のあと凱旋帰国したニール・ジョーダン、製作はスティーブン・ウーリーとレドモンド・モリス、撮影は「危険な関係」のフィリップ・ルスロ、音楽はアン・ダッドリーが担当。出演はビヴァリー・ダンジェロ、ドナル・マッキャンほか。

監督
ニール・ジョーダン
出演キャスト
ビヴァリー・ダンジェロ ドナル・マッキャン ニール・バーン Lorrainn Pilkington
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ニール・ジョーダン

ムービーウォーカー 上へ戻る