映画-Movie Walker > 人物を探す > 行定勲

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2018年 まで合計37映画作品)

2018年

リバーズ・エッジ

  • 2018年公開
  • 監督

監督
行定勲
出演キャスト
二階堂ふみ 吉沢亮
2017年

ナラタージュ

  • 2017年10月7日(土)公開予定
  • 監督

2006年版「この恋愛小説がすごい!」1位に輝くなど話題を呼んだ島本理生の同名ベストセラー小説を、恋愛映画の名手である行定勲監督が映画化した大人のためのラブストーリー。高校教師と生徒が時を経て再会し、究極の恋に落ちるさまがつづられる。ヒロインの泉を有村架純、教師の葉山を松本潤が演じる。

監督
行定勲
出演キャスト
松本潤 有村架純
2016年

ジムノペディに乱れる

  • 2016年11月26日(土)公開
  • 監督、脚本

限られた予算の中、“10分に1回の濡れ場があれば、内容は自由”というスタイルで、70年代以降に日活が製作した成人映画のレーベル“日活ロマンポルノ”。その45周年を記念し、5人の映画監督がロマンポルノに挑んだプロジェクトの1作。行定勲監督が、主演に板尾創路を迎え、自暴自棄になった映画監督と女たちの物語を描き出す。

監督
行定勲
出演キャスト
板尾創路 芦那すみれ 岡村いずみ 田山由起

ピンクとグレー

  • 2016年1月9日(土)公開
  • 監督、脚本

NEWSの加藤シゲアキが、芸能界の嘘とリアルを描き、衝撃を呼んだ同名小説を行定勲監督が映画化。亡き親友の伝記を書いた事で時の人となった主人公が、喪失感や偽りの名声に苦しみ、次第に自分を見失っていく姿がつづられる。ドラマ「水球ヤンキース」などで人気のHey! Say! JUMPの中島裕翔が主人公役で映画初主演する。

監督
行定勲
出演キャスト
中島裕翔 菅田将暉 夏帆 岸井ゆきの
2015年

世田谷ラブストーリー

  • 2015年5月3日(日)公開
  • 監督、脚本

ロックバンド『back number』が2014年に発表したアルバム『ラブストーリー』に収録された同名曲にインスパイアを受け「クローズド・ノート」の行定勲監督が制作した短編作品。東京・下北沢に縁のある作品を集めた特集上映『街と映画・下北沢』にて劇場上映された。

監督
行定勲
出演キャスト
浅香航大 清野菜名 安井順平 有元由妃乃
2014年

真夜中の五分前

  • 2014年12月27日(土)公開
  • 監督

上海を舞台に、双子の姉に恋をした青年がたどる運命を描く、三浦春馬主演のミステリアスなラブストーリー。行定勲監督が初の海外オールロケを敢行。異国情緒あふれる上海の街並みが作品を盛り上げる。ヒロインに扮するのは中国の若手トップスターとして人気のリウ・シーシーと台湾のチャン・シャオチュアン。

監督
行定勲
出演キャスト
三浦春馬 リウ・シーシー チャン・シャオチュアン

円卓 こっこ、ひと夏のイマジン

  • 2014年6月21日(土)公開
  • 監督

“天才子役”の名をほしいままにする芦田愛菜が、口の悪い大阪在住の小学3年生の少女に扮した、映画初主演となるヒューマンドラマ。9歳にして孤独に憧れる、8人家族の末っ子の少女が、ひと夏の経験を通して成長していく姿を描き出す。『きいろいゾウ』などで知られる西加奈子の同名小説を映画化したのは、『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲。

監督
行定勲
出演キャスト
芦田愛菜 平幹二朗 いしだあゆみ 八嶋智人
2013年

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語

  • 2013年1月26日(土)公開
  • 監督、脚本

直木賞作家・井上荒野の同名小説を、阿部寛を主演に迎えて、行定勲が映画化した恋愛群像ドラマ。阿部扮する主人公がガンで昏睡状態に陥った妻と過去に関係のあった男たちを訪ね、その男にまつわる女たちとのエピソードが次々と明らかになる。小泉今日子、野波麻帆、風吹ジュンら多数の男女が登場し、壮絶な愛憎劇が展開する。

監督
行定勲
出演キャスト
阿部寛 小泉今日子 野波麻帆 風吹ジュン
2011年

カメリア

  • 2011年10月22日(土)公開
  • 監督

国際都市・釜山の過去・現在・未来という3つの時代で繰り広げられる、せつない愛の行方を、タイのウィシット・サーサナティヤン、日本の行定勲、韓国のチャン・ジュナンというアジアの俊英3人が描き出すオムニバスドラマ。2010年の釜山国際映画祭でクロージング上映され、話題を呼んだ1作だ。

監督
ウィシット・サーサナティアン 行定勲 チャン・ジュヌァン
出演キャスト
マイケル・シャオワナーサイ キム・ミンジュン ソル・ギョング 吉高由里子
2010年

女たちは二度遊ぶ

  • 2010年7月3日(土)公開
  • 監督

「パレード」に続いて行定勲が芥川賞作家、吉田修一の小説を映像化。男にとって忘れられない存在となった5人の女性の恋を描くオムニバス。携帯電話用に製作された作品を劇場公開。出演は「NECK ネック」の相武紗季、「今度は愛妻家」の水川あさみ、「カムイ外伝」の小雪、「恋に唄えば♪」の優香、「七夜待」の長谷川京子。

監督
行定勲
出演キャスト
相武紗季 柏原崇 水川あさみ 高良健吾

関連ニュース

板尾創路がロマンポルノで主演「濡れ場の連続はハードだった」
板尾創路がロマンポルノで主演「濡れ場の連続はハードだった」(2016年11月25日)

かつて輝きを放っていた「日活ロマンポルノ」が、行定勲監督、塩田明彦監督、白石和彌監督、園子温監督、中田秀夫監督によって蘇る。そんな「ロマンポルノ・リブートプロジ…

板尾創路、行定勲監督のロマンポルノで濡れ場の難しさを実感
板尾創路、行定勲監督のロマンポルノで濡れ場の難しさを実感(2016年11月24日)

「ロマンポルノ・リブートプロジェクト」と聞いて、胸がざわざわした映画ファンは少なくないだろう。かつての「日活ロマンポルノ」といえば、単なる成人映画レーベルという…

芦田愛菜「自分のことを思って泣いてくれる友達がいたら良いな」
芦田愛菜「自分のことを思って泣いてくれる友達がいたら良いな」(2014年6月20日)

芦田愛菜が「うるさい、ボケ!」と関西弁のゲキを飛ばす姿が痛快!『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)の行定勲監督がメガホンをとった『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン…

阿部寛の「家中の包丁を研ぎました」という役作りに行定勲監督も驚愕!
阿部寛の「家中の包丁を研ぎました」という役作りに行定勲監督も驚愕!(2013年1月23日)

阿部寛と、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)の行定勲監督の初顔合わせで贈る『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』(公開中)。本作は恋多き女・艶を巡り、…

阿部寛の「何kgやせましょうか?」の申し出に行定勲監督が感動
阿部寛の「何kgやせましょうか?」の申し出に行定勲監督が感動(2013年1月23日)

阿部寛主演、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)の行定勲監督による『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』が1月26日(土)より公開される。小泉今日子、野…

野波麻帆が女優とスタイリストの二足のわらじを履く理由とは?
野波麻帆が女優とスタイリストの二足のわらじを履く理由とは?(2013年1月22日)

女優・野波麻帆は、スタイリストという、もう一つの肩書きも持つ。女優としては『愛を乞うひと』(98)で主人公の娘役を演じてスポットライトを浴びてから、数多くの作品…

野波麻帆、女優魂を見せた濡れ場のシーンは「有言実行でした」
野波麻帆、女優魂を見せた濡れ場のシーンは「有言実行でした」(2013年1月22日)

阿部寛主演、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)の行定勲監督作『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』(1月26日公開)に出演した野波麻帆。恋多き女・艶を…

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 行定勲

ムービーウォーカー 上へ戻る