映画-Movie Walker > 人物を探す > 鈴木卓爾

年代別 映画作品( 1990年 ~ 2017年 まで合計55映画作品)

2017年

あゝ、荒野 後篇

  • 2017年10月21日(土)公開予定
  • 出演

寺山修司が遺した唯一の長編小説を大胆に再構築し、2部作として映画化した青春ドラマの後編。生まれも育ちも違う2人の男が出会い、共にプロボクサーを目指す姿がつづられる。主演は菅田将暉と、映画監督としても活躍するヤン・イクチュン。監督は長編デビュー作『二重生活』で第14回ウラジオストク国際映画祭最優秀監督賞に輝いた岸善幸。

監督
岸善幸
出演キャスト
菅田将暉 ヤン・イクチュン 木下あかり モロ師岡

あゝ、荒野 前篇

  • 2017年10月7日(土)公開予定
  • 出演

寺山修司が遺した唯一の長編小説を大胆に再構築し、2部作として映画化した青春ドラマの前編。生まれも育ちも違う2人の男が出会い、共にプロボクサーを目指す姿がつづられる。主演は菅田将暉と、映画監督としても活躍するヤン・イクチュン。監督は長編デビュー作『二重生活』で第14回ウラジオストク国際映画祭最優秀監督賞に輝いた岸善幸。

監督
岸善幸
出演キャスト
菅田将暉 ヤン・イクチュン 木下あかり モロ師岡
2016年

ヴィレッジ・オン・ザ・ヴィレッジ

  • 2016年8月6日(土)公開
  • 出演(古賀 役)

ピンク映画の監督・脚本を手掛ける黒川幸則の自主制作映画。バンドのツアー中に見知らぬ町に取り残された中西は、町のボスのような存在・古賀の仕事を手伝うようになる。町の住民たちは酒を飲み、外れにある川からさまよい出てくるものたちを追い返していた。出演は“のっぽのグーニー”や“ju sei”などで活動するミュージシャンの田中淳一郎、「ジョギング渡り鳥」監督の鈴木卓爾、「恋の渦」の柴田千紘、「サロメの娘 アナザサイド in progress」の長宗我部陽子。

監督
黒川幸則
出演キャスト
田中淳一郎 鈴木卓爾 柴田千紘 佐伯美波

セトウツミ

  • 2016年7月2日(土)公開
  • 出演(おじさん 役)

2人の男子高校生が河原で交わす関西弁によるユニークな放課後トークを描いた、此元和津也の人気コミックを映画化した青春ストーリー。クールな塾通いの内海を池松壮亮、天然な元サッカー部の瀬戸を菅田将暉が演じるほか、瀬戸が思いを寄せるヒロイン役で中条あやみが出演する。監督は『まほろ駅前狂騒曲』の大森立嗣。

監督
大森立嗣
出演キャスト
池松壮亮 菅田将暉 中条あやみ 鈴木卓爾

SHARING

東日本大震災を題材に、心に傷を負った二人の女性の心の葛藤と交流を映し出すドラマ。震災で亡くなった恋人の夢を3年間見続けている社会心理学教授の瑛子。一方、震災をテーマにした卒業公演の準備に追われる学生の薫も不思議な夢にうなされていた。監督は「あれから」の篠崎誠。出演は「ピース オブ ケイク」の山田キヌヲ、「さよなら歌舞伎町」の樋井明日香、「サイクロプスの涙」の河村竜也、「ひとまずすすめ」の木村知貴、小林優斗。劇場公開に先駆け、第15回東京フィルメックス特別招待作品として2014年11月24日に上映された。

監督
篠崎誠
出演キャスト
山田キヌヲ 樋井明日香 河村竜也 木村知貴

ジョギング渡り鳥

  • 2016年3月19日(土)公開
  • 監督、場面構成

「ゲゲゲの女房」の鈴木卓爾監督が講師を務める映画美学校アクターズ・コースの生徒たちと作り上げた異色SFドラマ。神を探す長い旅を経て地球に辿り着いた宇宙人たち。故郷へ帰れなくなった彼らは、町の人々をカメラとマイクで観察し始める。「イヌミチ」の中川ゆかり、古屋利雄、永山由里恵、古川博巳、矢野昌幸、「女の子よ死体と踊れ」の古内啓子ら出演者がスタッフも担い、やがて作品そのものが逸脱していくという実験的手法が用いられている。

監督
鈴木卓爾
出演キャスト
中川ゆかり 古屋利雄 永山由里恵 古川博巳
2015年

Dressing Up ドレッシングアップ

  • 2015年8月15日(土)公開
  • 出演

亡くなった母親の隠された過去を知った少女を描く青春映画。監督・脚本・編集は安川有果。出演は、祷キララ、鈴木卓爾、佐藤歌恋ほか。2012年3月9日より開催された第7回大阪アジアン映画祭インディー・フォーラム部門でCO2助成作品として上映。2013年5月11日より、東京・オーディトリウム渋谷にて開催された「CO2 東京上映展2013」にて上映。

監督
安川有果
出演キャスト
祷キララ 佐藤歌恋 渡辺朋弥 鈴木卓爾

正しく生きる

  • 2015年3月7日(土)公開
  • 出演(各務泰志/いつかの夫 役)

“とある大きな災害”をきっかけに様々な事情を抱えたまま“愛”を求め疾走し始める人々の姿を描く群像劇。監督・脚本・プロデューサーは「愛してよ」の福岡芳穂、共同脚本で「BOX 袴田事件 命とは」の高橋伴明が参加。出演は「大鹿村騒動記」の岸部一徳、「悪人」の柄本明、「モーニングセット、牛乳、春」の水本佳奈子。京都造形芸術大学映画学科による映画製作プロジェクト“北白川派”の第5作。

監督
福岡芳穂
出演キャスト
岸部一徳 水本佳奈子 青山理紗 宮里紀一郎
2014年

恋につきもの

  • 2014年4月12日(土)公開
  • 出演

ふみふみこの同名コミックを原作に実写映画化したオムニバス。特異体質の女子高生たち、ある秘密を抱えた夫婦、恋をする幽霊といった様々な愛の形が綴られる。出演は「サイドカーに犬」の松本花奈、「ロストハーモニー/Lost Harmony」の伊藤沙莉、「莫逆家族 バクギャクファミーリア」の石田法嗣、「ばななグローブとジンベエザメ」の趣里、「劇場版 仮面ティーチャー」の柳俊太郎。

監督
桝井大地 五十嵐耕平 一見正隆
出演キャスト
松本花奈 伊藤沙莉 葉山奨之 吉岡睦雄
2013年

楽隊のうさぎ

  • 2013年12月14日(土)公開
  • 監督

吹奏楽に励む中学生たちの輝きを描いた中沢けいの同名小説を原作に「ゲゲゲの女房」の鈴木卓爾監督が映画化。主人公となる中学生キャストは、その多くが物語の舞台となる静岡県浜松市在住の子どもたちをオーディションで選出。共演は「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」の宮崎将、「SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー 傷だらけのライム」の山田真歩、「かぞくのくに」の井浦新、「しあわせカモン」の鈴木砂羽。

監督
鈴木卓爾
出演キャスト
川崎航星 井手しあん ニキ 鶴見紗綾

関連ニュース

宮藤官九郎、『ゲゲゲの女房』初日挨拶で「きっと良い映画だと思います」
宮藤官九郎、『ゲゲゲの女房』初日挨拶で「きっと良い映画だと思います」(2010年11月20日)

「ゲゲゲの鬼太郎」や「悪魔くん」などで知られる漫画家・水木しげると、その妻・布枝の夫婦生活をつづった自伝エッセイを映画化した『ゲゲゲの女房』が、11月20日公開…

88歳水木しげるは達者!「映画は儲からんだろう?」
88歳水木しげるは達者!「映画は儲からんだろう?」(2010年7月22日)

「ゲゲゲの鬼太郎」の生みの親、水木しげるの妻・布枝が綴る自伝エッセイ「ゲゲゲの女房」が映画化され今年11月に公開予定。その先駆けとなる舞台挨拶が21日都内で行わ…

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 鈴木卓爾

ムービーウォーカー 上へ戻る