映画-Movie Walker > 人物を探す > スティーヴン・ポール

年代別 映画作品( 1991年 ~ 2017年 まで合計10映画作品)

2017年

ゴースト・イン・ザ・シェル

押井守監督などによってアニメ化されてきた士郎正宗の人気コミックを、スカーレット・ヨハンソン主演でハリウッドで実写映画化したSFアクション。近未来を舞台に、脳以外は全身義体化された最強の戦士、少佐がサイバーテロ組織との戦いを通して、自分が何者なのかを探ろうとする姿を描く。少佐の上司、荒巻をビートたけしが演じる。

監督
ルパート・サンダース
出演キャスト
スカーレット・ヨハンソン 北野武 マイケル・ピット ピルー・アスベック
2016年

ハリウッドがひれ伏した銀行マン

  • 2016年7月16日(土)公開
  • 出演

20世紀後半のハリウッドに変革をもたらした銀行員フランズ・アフマンの真実に迫るドキュメンタリー。ロッテルダムの銀行員だったアフマンは、大プロデューサー、ディノ・デ・ラウレンティスと知り合い、プリセールスという製作資金調達方法を編み出す。本編にはケヴィン・コスナー、ミッキー・ローク、オリヴァー・ストーン、ポール・バーホーヴェンら錚々たる顔ぶれが証言者として登場。メガホンを取ったのは、フランズ・アフマンの娘ローゼマイン・アフマン。死期の迫ったアフマンが、娘のカメラに向かって思い出を語る姿も収められている。

監督
ローゼマイン・アフマン
出演キャスト
フランズ・アフマン アンニャ・アフマン スティーヴ・ブルーム ケヴィン・コスナー

鉄拳 Kazuya's Revenge

  • 2016年1月9日(土)公開
  • 脚本、製作

人気対戦格闘ゲーム『鉄拳』を、「テラフォーマーズ」のケイン・コスギ主演で映画化したアクション。ゲームのメインキャラクターを主人公に、新たなストーリーが展開する。特集上映「未体験ゾーンの映画たち2016」にて上映。記憶を失った主人公の葛藤を織り交ぜつつ、激しい武闘アクションが繰り広げられる。「47RONIN」のケイリー=ヒロユキ・タガワが共演。監督を務めたのは「バリスティック」のカオス。

監督
カオス
出演キャスト
ケイン・コスギ ケイリー=ヒロユキ・タガワ ゲイリー・ダニエルズ
2013年

ゴーストライダー2

  • 2013年2月8日(金)公開
  • 製作

ニコラス・ケイジがマーベルコミックの人気キャラクターに扮したアクション作の続編。病気の父親を救うため、悪魔と契約を交わし、ゴーストライダーとなった男ジョニーが、自らにかけられた呪いを解こうと、ある“運命を背負った少年”を助ける事に。監督は『アドレナリン』のマーク・ネヴェルダイン&ブライアン・テイラー。

監督
マーク・ネヴェルダイン ブライアン・テイラー
出演キャスト
ニコラス・ケイジ キーラン・ハインズ ヴィオランテ・プラシド ジョニー・ウィトウォース
2010年

TEKKEN

  • 2010年3月20日(土)公開
  • 製作

人気格闘ゲーム「鉄拳」の世界観を実写映画化したアクション大作。母親の復讐のために格闘技大会に参戦した若き格闘家の青年の戦いを迫力満点のアクションシーンとともに描く。

監督
ドワイト・リトル
出演キャスト
ジョン・フー ケリー・オーヴァートン ケリー・ヒロユキ・タガワ イアン・アンソニー・デイル
2009年

ドゥームズデイ

  • 2009年9月19日(土)公開
  • 製作

「ディセント」の俊英、二ール・マーシャル監督によるSFサスペンス・アクション。荒廃した近未来を舞台に、人気若手女優ローナ・ミトラが過激かつ多彩なバトルを見せる。

監督
ニール・マーシャル
出演キャスト
ローナ・ミトラ マルコム・マクダウェル デイヴィッド・オハラ ボブ・ホスキンス
1997年

ブレイク・スルー クレイゴ島からの脱出

  • 1997年6月7日(土)公開
  • 製作

死亡率97%の殺人ウイルスをめぐる陰謀を描いたアクション。「コン・エアー」「ロック」などで長くスタント指導をつとめたジャック・ギルの初監督作品。製作はスティーヴン・ポール。脚本はグレゴリー・ギーラス、アンドレア・バック、ダンカン・マクラクラン。撮影はロバート・ヘイズ。美術はジャック・エベール。スタント指導はアンドリュー・R・ギル。主演はラルフ・ローレンのモデルで「レッド・スコルピオン2」「フリージャック」のマット・マッコウム。

監督
ジャック・ギル
出演キャスト
マット・マッコウム モーガン・ブリタニー キャロル・アルト ロン・パールマン

欲情の媚薬

  • 1997年6月7日(土)公開
  • 製作

一夜の過ちから殺人事件に巻き込まれる男の姿を描いたサスペンス。監督は「スリー・オブ・ハーツ」のユレク・ボガエヴィッチ。製作はスコット・エインビンダー、キャロル・コッテンブルック、「ブロンドの標的」のスティーヴン・ポール。脚本はJ・S・カルドンとデイヴィッド・ウォマークの原案を基にカルドンとユレク・ボガエヴィッチが執筆。製作総指揮はハンク・ポール、カルドンとウォマークの共同。撮影はエリクソン・コア。音楽はマイカル・ロレンク。美術はジャック・ユベール。編集はゲイル・ヤスナガ。衣裳はパリス・リビーがそれぞれ担当。主演は「ダブルチーム」のミッキー・ローク。共演は「シザーハンズ」のアンソニー・マイケル・ホール、「クライシス2050」のアナベル・スコフィールド、「蘭の女」で共演後ローク夫人となったキャリー・オーティスほか。

監督
ユレク・ボガエヴィッチ
出演キャスト
ミッキー・ローク アナベル・スコフィールド アンソニー・マイケル・ホール キャリー・オーティス
1994年

ブロンドの標的

  • 1994年9月10日(土)公開
  • 製作

父親の遺産を継いだ青年が、2人の謎のブロンド美女に翻弄されるさまを描いたフィルムノワール調の悪女サスペンス。主演女優2人が見事な肢体を披露してみせる、官能描写も魅力の一つ。監督は19歳でUCLAフィルムスクールを卒業し、「ゴーストバスターズ」「2010年」などの製作アシスタントを経て、本作でデビューしたデュエイン・クラーク。脚本はランドール・フォンタナで、着想は40年代のフィルムノワールの名作や、ジャック・ターナー、ニコラス・レイ監督などの諸作から得ているという。製作はスティーヴン・ポールとゲイリー・ビンコウ、撮影はアダム・ケイン、音楽はマイケル・タヴェサが担当。主演は元エイス・ワンダーのヴォーカルで、「リーサル・ウェポン2」「シュリンジ」のパッツィ・ケンジット、「ドアーズ」「心臓が凍る瞬間」「ダリアン」のジェニファー・ルービン、ボールドウィン兄弟の末っ子で「7月4日に生まれて」「黒豹のバラード」のスティーブン・ボールドウィン。彼の兄アダム・ボールドウィンが助演している。

監督
デュエイン・クラーク
出演キャスト
パッツィ・ケンジット スティーブン・ボールドウィン ジェニファー・ルービン アダム・ボールドウィン
1991年

エタニティ 永遠の愛

  • 1991年6月15日(土)公開
  • 監督、脚本、製作

永遠の愛を誓い合った中世の恋人同士が、現代で愛を全うする。監督・製作はスティーヴン・ポール。製作総指揮はジョン・ヴォイト、ハンク・ポール、ドロシー・ポール。共同製作はスチュワート・ポール。脚本はジョン・ヴォイト、スティーブン・ポール、ドロシー・ポール。音楽は「ネバーセイ・ネバーアゲイン」のミシェル・ルグラン。撮影はジョン・ランバート。出演は「暴走機関車」のジョン・ヴォイト、「殺したいほど愛されて」のアーマンド・アサンテ、アイリーン・デヴィッドソン他。

監督
スティーヴン・ポール
出演キャスト
ジョン・ヴォイト アーマンド・アサンテ アイリーン・デヴィッドソン ウィルフォード・ブリムリー
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > スティーヴン・ポール

ムービーウォーカー 上へ戻る