ノミネート作品一覧

助演女優賞

ヴィオラ・デイヴィス
『フェンス』

アメリカの女優。大学で演劇を学んだ後、ジュリアード音楽院にも進学。優れた演劇人に送られるトニー賞は2度受賞経験あり。映画デビューは96年。アカデミー賞も『ダウト あるカトリック学校で』(08)で助演女優賞、『ヘルプ 心がつなぐストーリー』(11)で主演女優賞にそれぞれノミネートされている

アカデミー賞ノミネート作品
ナオミ・ハリス
『ムーンライト』

イギリスの女優。11歳のときからテレビシリーズに出演。ダニー・ボイル監督の『28日後…』(02)で注目され、ハリウッドに進出。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの預言者ティア・ダルマ役や、『007』シリーズのマネーペニー役など大作で存在感を示す

アカデミー賞ノミネート作品
ニコール・キッドマン
『LION/ライオン ~25年目のただいま~』

オーストラリア出身の女優。生まれたのはアメリカ・ハワイで、3歳のときにオーストラリアに移る。14歳で映画デビュー。トム・クルーズと共演した『デイズ・オブ・サンダー』(90)でハリウッド進出する。『めぐりあう時間たち』(02)で第75回アカデミー賞主演女優賞に輝く

アカデミー賞ノミネート作品
オクタヴィア・スペンサー
『ヒドゥン・フィギュアズ(原題)』

アメリカの女優。『評決のとき』(96)で映画初出演。その後テレビドラマを含めさまざまな作品に登場するが、最も高い評価を受けたのが『ヘルプ 心がつなぐストーリー』(11)。物語の鍵となる黒人メイドを演じ、第84回アカデミー賞助演女優賞をはじめ、その年の主要な賞を獲得している

アカデミー賞ノミネート作品
ミシェル・ウィリアムズ
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

アメリカの女優。95年に映画デビュー。テレビシリーズ「ドーソンズ・クリーク」に出演し人気を集める。『ブロークバック・マウンテン』(05)でアカデミー賞助演女優賞に初めてノミネート。その後も『ブルーバレンタイン』(10)、『マリリン 7日間の恋』(11)とアカデミー賞のノミネートが続く

アカデミー賞ノミネート作品

写真:SPLASH/アフロ

おすすめ情報