Movie Walker Top > Myページ > あらりん > レビューした映画

あらりん
あらりん
フォローする
試写会・イベント・teach-inに通うミーハー^m^ 出演者・監督の話を聞くのがスキ。プラス思考なので点数が甘め(^^♪ (^o^)/7月のイベント予定\(^o^) ☆兄に愛されすぎて困ってます(2日目舞台挨拶) ☆君の膵臓をたべたい(試写会)☆結婚(大ヒット舞台挨拶)
映画力パラメーター
19MP
見たい映画 登録数
232MP
119MP
レビュー 登録数
157MP
レビュー への評価
3MP
フォロワーの数

レビューした映画

by あらりん
  • 8月25日公開  
    青い海&空&湘南ミニFM☆キラキラした青春物語
    タグ :
    • よみうりホール試写会

    湘南ミニFM☆彼女たちが起こすキセキの物語
    青い海と空、江ノ電、江ノ島…夏の湘南が舞台。
    女子高生たちが起こすキセキの物語。
    …ラクロス部の女子高生なぎさが偶然見つけるミニFMステーション。
    ラジオを通して育まれる友情に胸が温かくなる。

    “言葉には魂が宿る”と信じる女子高生なぎさ。
    素直で可愛い。
    部活、友情、自分の将来…難問が山積み。
    答えを先送りしていた彼女だけれど、ミニFMに本気で取り組みながら成長する。
    その姿が瑞々しい。

    新人キミコエ・オーディションで選ばれた若い6人の声優さんたちが魅力的。
    主人公なぎさ=片平美那さん。
    同級生かえで=田中有紀さん。
    同級生・雫=岩淵桃音さん。
    お嬢様・夕=飯野美紗子さん。
    謎の少女あやめ=神戸光歩さん。
    音大生・乙葉=鈴木陽斗実さん。
    そして、母が入院中の紫音=人気声優の三森すずこさん。

    劇中ライブで新人6人が歌う「キボウノカケラ」がとても素敵。
    声を通して、みんなの思いが届いた。

    起承転結が分かりやすくて、確かに予想外のことは起こらないけれど…素直に感動する映画。

    …LINE&SNSが気持ちを伝えるアイテムになった今だからこそ。
    言葉を「声」で伝える大切さ。
    言霊=コトダマが宿るという考えに自分もハッとさせられた。

    悪口はダメダメ。
    自分に返って来るよ!…と、なぎさに教えられた。

    公開は8月25日。
    舞台挨拶もあるらしい。
    いいなあ…彼女たちの生歌が聴きたい。
    忘れかけた青春が思い出せるかもしれないから…

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 8月4日公開  
    美しい杜王町を守る☆スタンド使いがカッコいい!
    タグ :
    • 公開記念舞台挨拶
    • TOHOシネマズ新宿

    観た、観たー。ジョジョ!
    スペインで撮影された風景や町並み。
    建物、学校、石畳などがとても美しかった。
    そのスペイン風景の中…
    警察官のじいちゃん役の國村さん。
    ジョジョの母ちゃん役の観月さん。
    学生服の小松さん&女子高生たち。
    賢人くんや神木くんたち。学ランの高校生。
    そして、特殊能力スタンドが混じって…
    摩訶不思議なジョジョワールドに浸った118分間。

    実写化で懸念されていたスタンドの特撮部分。
    最新技術を駆使した素晴らしい仕上がり。
    実写映画&アニメ映画を両方観たようなお得感がいい↑

    少年ジャンプの三原則「友情・勝利・勇気」が根底に根付いていて、主人公=東方仗助(賢人くん)の心意気に感動。
    家族の大切さ、友情を大切さ、そして命の大切さ…
    人として大切なことについて考えさせられる。

    伊勢谷さん、まーちん、まっけん、神木くん、山田さん、小松さん、柳くん…
    助演陣の演技力&濃い個性で目移りしてしまう。
    主役ジョジョの印象や存在感が、少し優しめかもしれない。
    でも、シリーズ第一章ということで
    「ジョジョ」というイメージが、次回もっと強くなることを期待。
    体重増やしたり、筋トレしたりの努力は伝わった。

    血がドバーッ!…は、三池監督らしく万治を想起。
    神木くんの髪型が最高。
    小松さん、もっと出てきてもいいかな。
    虹村兄=まーちんの本心にウルッときた。
    スタンド使いが集まった序章。
    そして、続きが観たい!

    原作ファンが多いので賛否両論あるけれど…
    夏休みの小学生から大人まで楽しめる作品。
    続編を彷彿させるエンディングが面白かったー。

    そうだよね…
    力=スタンドは、守るべきも大切なもののために使うんだよね。
    ジョジョの若さと情熱がまぶしい映画だった。

    • ◆このレビューを 2人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 7月14日公開  
    銀色に輝く魂☆笑って泣いて、アツくなる!
    タグ :
    • 新宿バルト9
    • 公開記念舞台挨拶

    笑った、笑ったー!
    スカッと大笑い。

    予想をはるかに超える超絶ギャグの連続。
    はちゃめちゃ~~
    あまりのワルふざけに笑うしかなーい!

    カブト狩り篇&紅桜篇の実写化。
    一番楽しんでいるのは福田監督かもね。
    菅田くんが縫ったオレンジ色のシャツ着て、
    あーんなに大はしゃぎ。
    映画は作り手が楽しくなくちゃ~
    ヒット作は生まれませんね。

    それにしても、銀さーーーん!
    元々、小栗さんスキだけど…
    あんなにギャグに馴染むのは初めてかも。
    そんな中にも、ちょいちょい見せる真顔&男気に胸ズキューン!!
    ギャグ:本気が……7:3くらい?
    その絶妙な混じり具合とバランスが銀魂人気の秘密なのね。

    宇宙からやってきた天人(あまんと)が幅を利かせるパラレルワールド=江戸。
    あんなに独創的な世界を実写にできるなんてびっくり!
    リアルすぎない、ちょっと作り物感を醸し出すCGが本作に合っている気がする。

    そこに、エリザベーーース!
    私はズラ=桂小五郎=岡田まーちんがスキ。
    なので不思議生物=エリザベスもスキ。

    新八=菅田くんはまんま。
    神楽=橋本環奈ちゃんと
    妙=長澤まさみさんのキャラ変は呆れ返るやらびっくりするやらで大感激。

    高杉=堂本さん率いる過激派武装集団も個性的な強者揃い。
    人斬り似蔵=新井浩史さんの怪演が熱かったー!
    二丁拳銃の使い手・来島また子=菜々緒ねーさんの露出度高い衣装。
    武市変平太=佐藤二朗さんはいつもの佐藤節全開。

    新撰組ーー!どこか抜けているけど妙にカッコいい。
    勘九郎さんがキンキラキンだし、
    柳楽さんヘビースモーカーだし、
    何と言ってもキンパの吉澤亮くーーんがイケメン過ぎるしー!
    ドラマ版のミツバ篇でも大人気。

    紅桜兄妹…安田顕さん、早見あかりさんにホロリとさせられる。
    助演の豪華すぎる俳優陣が濃いね~

    人はね、守りたい者が出来すぎると
    本当に強くなるんだねー銀さん!

    エンディングで流れる…
    UVERworldが歌い上げる主題歌「DECIDED」
    この作品の根底にある“愛”に心を揺さぶられる。

    ♪愛するって決めたから~愛して
    そう信じるって決めたなら、もう信じていくだけ~♪

    おめでとう!大ヒット。
    銀魂、最高です!!

    また、次も実写化してね~福田監督o(^_^)o

    • ◆このレビューを 1人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 7月28日公開  
    儚く美しい青春映画☆君に伝えたかった想い
    タグ :
    • 東宝試写室

    この刺激的なタイトルに惹かれた。
    どんなストーリーなのか。
    感動なんて、できるのか。
    原作を読まずに鑑賞した私。
    …結果、ごめんなさい。
    初めから終わりまで、泣きっぱなしの115分間。

    『ミュージアム』の監禁シーンを撮影中に原作を読んだ小栗さんが、
    監禁部屋で泣いたというエピソードを読んだ。
    その原作は住野よるさんのベストセラー小説。
    2016年本屋大賞第2位。
    タイトルに惹かれ、書店で手に取ったことがある。
    原作が素晴らしいので、ストーリーや台詞が心に残る。
    高校時代と12年後の現在をうまく交錯させ、行ったり来たりする展開。
    もうすぐ解体される古い図書館に桜良が現れて笑い声が響くあたりから、
    もう涙腺を刺激されていた。

    …というより、ヒロイン桜良を演じる浜辺美波ちゃんが素晴らしい。
    ドラマ「あの花」でも感じたけれど、雰囲気や声に透明感があって
    この桜良の役にぴったり。笑顔がいい。
    ほとんどが会話劇で進む。
    特に、桜良の台詞が長くて多いから苦労も多かったはず。

    高校時代の“僕”を演じる北村匠海くん。
    感情を表に出さない、不器用な青年の役がよく似合う。
    そういう彼だからこそ、涙を流すシーンに心を揺さぶられるのだろう。

    “僕”が偶然知ってしまった、彼女の秘密。
    他人に興味がないという、一人ぼっちが平気な僕。
    クラスの人気者、人と関わることが好きな桜良。
    真逆な2人が次第に心を通わせていく姿が純粋で、
    一緒に過ごす数か月のきらめきが眩しくて…
    少しでも長く見ていたいと、思わず願ってしまう。

    原作にはないという12年後の“現在”…
    “一発撮り”をしたという桜良の親友・恭子役の北川景子さんの演技。
    号泣する花嫁姿に魅了されて、もらい泣きしてしまった。
    大人になった“僕”小栗さんの静かな演技が印象に残る。
    声を震わせながら言う台詞と表情が切ない。
    そして助演の矢本くん、花恋さん、桜田くん、森下くん、上地さん…それぞれの持ち味を生かした演技。

    満開の桜。古い図書館。校舎など…月川監督らしい美しい映像が感動を彩る。
    そして、エンディングを飾るMr.Childrenの主題歌「himawari」が感動を盛り上げてくれた。

    12年の時を超えて…桜良から届けられる大切な人への想いに
    胸を締め付けられて、たくさん泣いた。
    …それは、それは、儚くも美しい青春映画だった。

    もうすぐ夏休み。
    ぜひ中高生に観てほしい。
    “君の膵臓がたべたい”…タイトルの本当の意味が分かるとき
    これからの生き方が変わるかもしれない。

    そうだね。鬱陶しくても、まどろっこしくても…
    たくさんの人と心を通わせて、私も生きていこう。

    • ◆このレビューを 2人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 7月15日公開  
    6年たっても続く、あの終わらない季節
    タグ :
    • 新宿武蔵野館
    • 初日舞台挨拶

    福島出身の廣木監督がご自身の小説を映画化。
    故郷への想いが込められた作品。
    廣木監督のオリジナル脚本である本作。
    前作「PとJK」とは、全く毛色が違う。

    廣木マジックと私が呼んでいる映像の美しさは健在。
    でも、津波被害の爪痕が残る風景は復興までの道のりが
    長いことを語っている。
    ドキュメンタリーのようだ。

    そして、主人公みゆきに同化しながら観た。
    瀧内公美さん体当たりの演技が心に残る。
    あまり笑わない。そんな彼女がやたらとリアルだ。
    きっと、“彼女”はたくさんいるのだ。
    被害にあった町や日本中に必死に暮らしているのだ。
    大切なものを津波に飲み込まれた彼女の人生。
    取り返せない歯がゆさ。失われた命、町、そして心。
    光石さん、時夫さん、高良さん、蓮佛さん、安藤さんの演技にたくさん泣いた。

    震災から6年の月日が流れた。
    この映画が伝えたかったメッセージを胸に刻みつけて
    私は生きたいと思った。あの時にいなくなった友人の分も。
    強く、明るく、必死に。
    自分にできることを考えながら。

    ラストに“未来”というふた文字が頭をよぎる映画だった。

    エンドロールに流れるmegの曲「時の雨」の歌詞が胸に沁みる。
    …負けずに、明日へ歩こう。

    • ◆このレビューを 1人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 6月10日公開  
    儚い蛍たち☆切なすぎて胸が苦しくなる映画
    タグ :
    • TOHOシネマズ日劇

    あれから3年。
    完成した映画。
    観たかったはずなに、
    鑑賞後は眠れなくなった。
    胸が苦しくて…
    泣いたらいいのか。怒ったらいいのか。
    …心の置き場を失くして、浅い息をしてしまう。
    そんな日々が続いた。

    3年前の夏…午後3時の不倫ドラマなんて
    見てはいけないものを覗き見するような心地がした。
    回を追うごとに引き返せなくなる感覚に、のめり込んでしまう。
    上戸彩さんと斎藤工さんの妖艶な魅力。
    流れるテーマソングの雰囲気に酔わされたのだろう。
    ドラマの最終回。感じた理不尽さ。
    紗和ちゃんは全て失ったのに…
    なぜ北野先生は乃里子のところへ戻ったのか。
    納得できなかった。北野先生の本心が描かれていなかったから。

    結局、私は紗和ちゃんが嫌いなのだ…
    嫌悪=羨望とも言う。
    自分がやれないことを全うした紗和ちゃんが羨ましいのかもしれない。

    2人は不幸なのか。
    あんなに愛せる相手と出会ったのだから、もしかしたら誰よりも幸せだったのかもしれない。
    こうすれば良かったとか、ああしなければ良かったとか…
    誰も言うことはできない。
    例え、それがどんな結末であっても。

    乃里子も然り。
    プライドより執着が強かったのだろう。
    相手への気持ちが強ければ強いほど…
    ああ、そうですか。夫をどうぞ。
    とは、言えないのかもしれない。

    北野先生のひと言に尽きる。
    …分からない、でも紗和がすきなんだ。
    簡単に理解できるはずはない。
    愛は人類の永遠のテーマなのだから。

    人の道を踏み外すと天罰が下って地獄に落ちる…しつけ絵本「地獄」
    血のように赤い装丁を思い出す。
    作中で紗和ちゃんが言った。
    …幸せになりたいなんて思わない。ただ、1日でも長く彼といたい…って。
    胸が押し潰されそうで切ない。
    神様のイタズラのように、また引き合わされた2人が切なくて、
    幸せになれと願ってしまった125分間。

    結末がどうあろうと、短く、激しく…命がけの恋をした。
    そんな紗和ちゃんが悲しく、心のどこかで羨ましく想う夏の夜。

    今でも油断すると、ふーっとあの森に連れ戻されてしまう。
    こうやって一生、胸がザワザワして忘れ物をしたような気持ちになるのだろう。
    ああ、今夜も眠れない。

    • ◆このレビューを 2人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 7月1日公開  
    カリブの青い海☆お帰りなさい!ジャック・スパロウ
    タグ :
    • TOHOシネマズスカラ座みゆき座
    • 大ヒット記念イベント

    久々のパイレーツ!
    もう、曲が流れただけで泣きそうになった~

    中川大志くんボイキャスのヘンリー・ターナーが爽やかな青年へと成長。
    いよいよ世代交替か、を思わせる。

    パイレーツ・シリーズ3の時は、あんなに小さいさくてお母さんと手をつないでいたのに。
    父親ウィルを救うために、勇気ある冒険の数々。
    …ああ、やっぱり似ている。“あの二人”の息子だけある。

    新ヒロイン・カリーナ。あれれ?誰かに似ている。
    天文学者。聡明で意志の強い女性。

    待ちに待ったテーマソングと共に、スクリーンにジャック・スパロウが登場すると、嬉しさのあまり叫びそうになる。
    相変わらずの酔っ払い。しかも、みごとなダメっぷり。
    新旧キャラ入り乱れ、あれよーあれよーという間にカリブの青い海に引き込まれる。
    パイレーツファンにはたまりません。

    それに、悪役サラザールの不気味さと言ったら、もう最高。
    悪役は、ああでなければ…濃すぎるキャラがうれしい。
    起承転結が明快で、娯楽映画はこうでなくちゃね。
    冒険活劇としてのエンターテイメント性も高い。
    息つく暇もなく次から次へと展開されるストーリー。
    そして笑い。
    次に何が来るー?おおっと、そう来たかー!のワクワク感。

    でも、今作は痛快なだけでなない。
    バルボッサに泣かされた。

    次は4Dで観よう。真夏の水しぶき、最高だろうな。
    そしてエンディング…私は“コレ”が観たかったんだよー!
    ああ、涙で目が霞む。

    パイレーツ大好き。ますます大好き。

    • ◆このレビューを 1人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 6月30日公開  
    胸キュン☆兄系イケメン・フェスティバル!
    タグ :
    • 2日目舞台挨拶
    • 丸の内ピカデリー

    原作コミックを「チア☆ダン」の河合監督が実写映画化。
    女子高生の恋を描いた胸きゅんラブコメで~す。
    ドラマを観たので、結末が気になって鑑賞。

    恋愛体質なのに全くモテない妹・橘せとか。
    告白12連敗中。
    原因は妹に誰も寄せ付けない恐~い兄・橘はるかの存在。
    優柔不断?女性から見ると、イラっとくる妹キャラ。
    「せとかちゃんは自分とは真逆の女の子」という太鳳ちゃん。
    確かに今までとちょっと違った役。カワイイと言えばカワイイ。

    突然のモテ期到来であっちへフラフラ~こっちへフラフラ~
    それもそのはず…だって兄系イケメンズ・フェスティバル!

    ☆ヤンキー系ツンデレお兄…はるか
    「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太くん。
    ☆セレブ系ののしり王子…高嶺を千葉雄大くん。
    ☆ホスト系スウィートBOY…千秋を「超特急」の草川拓弥くん。
    ☆同級生ヘタレ系塩顔男子…国光を杉野遥亮くん。
    そりゃ、悩む。タイプの違うイケメンにアタックされたら。

    大きな事件も起きず、イケメンに辟易した頃に現れる教育実習の矢高先生。
    ノンスタ井上さんが英語を話しながら笑いを取ってアクセントになる。
    壁ドン、お姫様抱っこ…井上さんだと胸キュンじゃなくて大笑い。

    そして、みんなが知らないヒ・ミ・ツが橘家にはある。
    妹を、ずっと大切に見守るお兄が切ない。
    ドラマのお兄・片寄くんはヤンキー系でやたらと強かったけど、
    映画では弱いところが見えて可愛かった。
    歌えるし、イケメンだし、スタイル抜群だし…
    これからの活躍が楽しみ。
    片寄くんが歌う主題歌「空」は、せとかへの愛を歌う胸キュンSONG♡甘いボイス最高。

    2人で走る姿や自転車を必死にこぐ姿、海の面した家…
    ロケーションも美しい。
    イケメンにパワーもらいました。

    • ◆このレビューを 1人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 5月20日公開  
    魂の叫び☆笑って、泣いて、アツくなれ!
    タグ :
    • テアトル新宿トークショー

    5対5のチーム対決。
    リング上で自作の詩を朗読。
    どちらの言葉が心に届くかを審査員が判定して決まる勝敗。
    「詩のボクシング」
    こんなバトルがあるなんて!

    玉置勤(岡山天音くん)
    妄想癖あり。閉塞感漂う田舎の実家暮らし。梅農家。連日草刈り。
    自分の力を発揮できる場所を探し求めている。

    「詩のボクシング教室」での個性的な人々との出会い。
    チーム…自称ラッパー(芹澤興人さん)、暗そうな女性(山田真歩さん)、年金暮らしの老人(下條アトムさん)、役所のクレーム係の先生(角田晃広さん)
    そして後から加わる丸山杏(武田玲奈さん)
    孤独なボクシング女子高生。本当の気持ちを隠している。

    梅農家の父・鶴見さん。母・美保さん。
    山﨑賢人くん友情出演の他、ライバル春山高校のエンジェルスがかわいい。

    胸に秘めたそれぞれの熱い思いを「詩」で表現する姿や
    全力で闘う姿にハラハラしたり思わず応援したり。
    涙も出てしまった95分間。
    エンドロールで流れるMrs.GREEN APPLEの「soFt-dRink」が青春映画を爽やかに彩る。
    田辺・弁慶映画祭の第10回開催を記念して製作された長編。
    飯塚俊光監督。お若くて、これからが楽しみ。
    「詩」を通して変化・成長していく勤と杏の笑顔が忘れられない。
    元気が出る青春映画だった。

    都内ラスト上映にかけ込み鑑賞。
    夜遅い時間なのに大勢の観客。
    リピーターが多い様子。
    ラストトークショーで話が聞け、ハイタッチお見送りまでしてもらえた。
    小さな映画館で発掘する良作も好きだなあ…とつくづく思う映画。

    • ◆このレビューを 1人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 6月24日公開  
    美しい結婚詐欺師ウルミー☆笑顔の代金100万円
    タグ :
    • 初日・2日目舞台挨拶
    • 角川シネマ新宿
    • 横浜ブルク13
    • 切ない
    • セクシー

    シーン…と静まり返る満席の映画館。
    スクリーンを見つめる女性客の熱を帯びた視線。
    美しい結婚詐欺師・古海健児の深くて切ない海へ身も心も沈められた118分間。

    後ろ姿、歌、社交ダンス、ピアノ演奏、笑顔、怒り、涙、歩く、走る、食べる、溺れる、泥だらけ…どんな姿でも古海(ウルミ)は息を飲むほど美しい。
    それに加え、オールバックの髪型とレトロ感漂うファッション。
    まさに“ディーンによるディーンのための映画”

    結婚すなわち幸せだ、と思い込む女性たちを虜にする色気や優しさ。
    そのなかに孤独や闇が見え隠れする。
    女性たちが何故、あんなにまで古海という男に心惹かれていくのか?
    ディーンが演じることによって、その魅力がより鮮明になってスクリーンに描き出されていく。
    千石るり子(柊子さん)に自分を重ねて観る。
    “自分だけ特別感”=独占欲が胸に渦巻く。
    ああ~私だけのウルミーにしたーい!とバカな女に成り下がる自分を持て余す。
    ディーン・フジオカという俳優をスクリーンで輝かせてくれた西谷監督に感謝。
    続編?シリーズ化?希望。ウルミーの虜になった。

    ♪朝が来た~♪から始まるDEANFUJIOKA書き下ろし主題歌「 PermanentVacation」も最高。

    余談:「一か月間付き合ってくれるなら100万円って安いよねえ~?」上映後に友人が言った。
    うんうん…私もそう思う。
    ウルミーになら騙されてもいい!

    初日と2日目舞台挨拶付き上映を連続鑑賞。原作未読。
    DEANファンなので映画に対する冷静な判断はできないのであしからずm(__)m
    次は国際フォーラムでライブ♪生歌楽しみ~~(^^♪

    • ◆このレビューを 1人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
My映画館
Myエリア
最近チェックした映画
映画
おすすめ情報
見て良かったランキング
スパイダーマン:ホームカミング
スパイダーマン:ホームカミング

トム・ホランドがピーター・パーカー/スパイダーマンを演じるシリーズ第1作

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

荒木飛呂彦による人気コミック「ジョジョの奇妙な冒険」の第4部を実写映画化

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

1932年の『ザ・マミー/ミイラ再生』をリメイクしたトム・クルーズ主演のアドベンチャー

WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > Myページ > あらりん > レビューした映画

ムービーウォーカー 上へ戻る