Movie Walker Top > Myページ > 月うさぎ > レビューした映画

月うさぎ
月うさぎ
フォローする
映画力パラメーター
0MP
見たい映画 登録数
89MP
46MP
レビュー 登録数
12MP
レビュー への評価
1MP
フォロワーの数

レビューした映画

by 月うさぎ
  • 2006年1月公開  
    ラストが違いますが
    タグ :
    • 切ない
    • 心温まる
    • 知的
    • 悲しい

    第1回本屋大賞受賞作の小説を映画化したもの。

    交通事故の後遺症で80分しか記憶が持たない「博士」は「数学」と義姉しか存在しない世界に住んでいる。

    そこに家政婦としてやってきた主人公とその息子の√(ルート)は、博士との奇妙だが純粋な人柄に親しみを覚えてゆく。

    情緒溢れる品のある作風。
    穏やかで美しくそして寂しい作品だ。

    映画では、その世界を壊さずに、しかしストーリーの見せ方は大胆に変更し、
    息子の「ルート」の語りで昔を振り返るというスタイルをとった。

    キャストも小説とはイメージが異なるが、それでもこの映画の中では人間が描かれていると思う。
    特に深津絵里がいい。

    リアルを追求するのは、この映画にはふさわしくない。
    小説世界の詩情を壊すだけだから。

    ただし、ラストが違ったものになっているのは気になるところ。

    人は自分を忘れ去られても、きっと人を愛することをやめはしない。
    人は愛されるより愛することを選ぶものだから。

    このテーマを追求するなら小説のラストのほうが
    ふさわしい終わり方だと思うのだが。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
My映画館
Myエリア
最近チェックした映画
映画
おすすめ情報
見て良かったランキング
メッセージ
メッセージ

突如現れた球体型宇宙船と彼らと意志疎通を図ろうとする言語学者を描くSFドラマ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

銀河のはみ出し者たち、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの活躍を描く人気作の続編

マンチェスター・バイ・ザ・シー
マンチェスター・バイ・ザ・シー

兄の死で故郷へ戻った男が甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合う姿を描く人間ドラマ

WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > Myページ > 月うさぎ > レビューした映画

ムービーウォーカー 上へ戻る