Movie Walker Top > Myページ > 月うさぎ > レビューした映画

月うさぎ
月うさぎ
フォローする
映画力パラメーター
0MP
見たい映画 登録数
89MP
46MP
レビュー 登録数
12MP
レビュー への評価
1MP
フォロワーの数

レビューした映画

by 月うさぎ
  • 2006年1月公開  
    ラストが違いますが
    タグ :
    • 切ない
    • 心温まる
    • 知的
    • 悲しい

    第1回本屋大賞受賞作の小説を映画化したもの。

    交通事故の後遺症で80分しか記憶が持たない「博士」は「数学」と義姉しか存在しない世界に住んでいる。

    そこに家政婦としてやってきた主人公とその息子の√(ルート)は、博士との奇妙だが純粋な人柄に親しみを覚えてゆく。

    情緒溢れる品のある作風。
    穏やかで美しくそして寂しい作品だ。

    映画では、その世界を壊さずに、しかしストーリーの見せ方は大胆に変更し、
    息子の「ルート」の語りで昔を振り返るというスタイルをとった。

    キャストも小説とはイメージが異なるが、それでもこの映画の中では人間が描かれていると思う。
    特に深津絵里がいい。

    リアルを追求するのは、この映画にはふさわしくない。
    小説世界の詩情を壊すだけだから。

    ただし、ラストが違ったものになっているのは気になるところ。

    人は自分を忘れ去られても、きっと人を愛することをやめはしない。
    人は愛されるより愛することを選ぶものだから。

    このテーマを追求するなら小説のラストのほうが
    ふさわしい終わり方だと思うのだが。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
My映画館
Myエリア
最近チェックした映画
映画
おすすめ情報
見て良かったランキング
ダンケルク
ダンケルク

1940年の史上最大の救出作戦、ダンケルクの戦いを描くスペクタクル・サスペンス

三度目の殺人
三度目の殺人

是枝裕和監督による法廷心理ドラマ。福山雅治が弁護士、役所広司が殺人犯を演じる

エイリアン:コヴェナント
エイリアン:コヴェナント

リドリー・スコット監督による、『エイリアン』前日譚3部作の第2章となるSFドラマ

WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > Myページ > 月うさぎ > レビューした映画

ムービーウォーカー 上へ戻る