Movie Walker Top > Myページ > トチロー > レビューした映画

トチロー
トチロー
フォローする
映画力パラメーター
0MP
見たい映画 登録数
117MP
115MP
レビュー 登録数
73MP
レビュー への評価
6MP
フォロワーの数

レビューした映画

by トチロー
  • 3月31日公開  
    友達以上、恋人未満(男と男)
    タグ :
    未設定

     ネタばれ(クリックして読む)

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 3月24日公開  
    面白いドラマ展開でした!
    タグ :
    未設定

     ネタばれ(クリックして読む)

    • ◆このレビューを 1人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 3月3日公開  
    予備知識無しで翻弄されよう!
    タグ :
    未設定

        
     お~モロかったですよ~殆ど予備知識もなく、知人の口コミだけで行って来ました。
         
     都内で2館しかやってないんですね、んで満員ですよ。オモロそうな匂いを嗅ぎつけた映画好きな人たちが集まって来てる感じだ。
         
     エロチックサスペンス? くらいな予備知識しかなかったのが大正解。作者の意図に翻弄されて~十二分に楽しませて頂きました。
         
     3部構成になっていて~第1部の終わりで唖然としてから時間が戻り、視点を変えた第2部、更に第3部と続き、その中でも時間軸いじりまくりで壮大なサスペンスが展開するという趣向。
        
     時間軸いじり放題で複雑な展開がひとつの着地点へ向かうという構成は、ペドロ・アルモドバルの「バッド・エデュケーション」やフランス映画「女はみんな生きている」を思わせる。
        
     そ~れが本作は何と日本軍に併合されてた頃の朝鮮半島が舞台、というのが異色だ。何しろセリフの半分は現地の人が話すカタコトの日本語で、和洋鮮? 折衷のセットや美術の中で展開するのが新鮮で、味わったことのないエキゾシズムを醸し出している。
        
     こ~の鮮烈な映像と複雑に絡みながら鮮やかに昇華するラストは見事でした。エロ描写も韓国映画はここまで来たか、と思わせます。
        
     いや~本当エンタメしました。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2月25日公開  
    主演女優賞でしょう!
    タグ :
    未設定

          
     この映画を製作した〝現代ぷろだくしょん″て聞いたことあると思っていたら~かの山村聰監督の「蟹工船」1953! から始まって、オレも公民館で観た「はだしのゲン」やかの橋本忍の大傑作「真昼の暗黒」も作ってる。
         
     設立から一貫して社会問題や人権問題を鋭く問い掛ける作品を作り続け、設立者が亡くなると奥様が跡を継ぎ、脈々と映画製作を続けているという、凄い会社なのでした。
         
    「真昼の暗黒」は冤罪と言われた裁判がまだ進行中なのに企画を立ち上げ、当局からの「やめろ」という圧力にも屈せず製作~上映したという反骨精神も凄いけど、今観ても超絶凄い脚本で見応えバッチシ! こうした警察の行き過ぎた取り調べ~虚偽の自白強要って60年も前から変わってないんだな、と空恐ろしくなる。
          
     でこの映画ですよ「蟹工船」小説の作者で当時特高警察に捕まって取り調べリンチで殺害された小林多喜二のお母さんの物語。
          
     まず思ったのは懐かしいタッチ! カメラはほぼフィクス! フィクス! フィックスですよ! というか実は時代考証を施した建物とかを映してちょっとでもパンすると現代が映っちゃうのかな……とも思うんだけど(笑)何せお金を掛けずに作ってるのがみえてしまったり。
          
     でもオイラはやたら手持ちでユ~ラユラ画面を揺らすのが嫌いなので~コレぞ映画の撮り方だと落ち着いて観れました。ドラマは役者の演技を堪能する物ですからねぇ、コレのがずっとストレートですよ。
          
     セット等にお金を掛けられない分(失礼)役者さんは寺島しのぶさんを初め渡辺いっけいさんとか上手い人が沢山出てました。
          
     まぁねぇ、娯楽作という訳ではないし、若い人とかやっぱラララ~の方に行っちゃうんでしょけれど、大作メジャーの一方でこうした映画屋魂みたいな物もあるのだということを知って欲しいですねぇ。
          
     全国で10館しかやらないし、新宿なんて朝一回きりのモーニングショーですぜ。でも満員で入れない方もいました。殆ど年輩の方ばかり。
          
     こ~の方言とか佇まいとか、見事な役作りをされた寺島しのぶさんに主演女優賞をあげて欲しいんですけどねぇ。
          

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2月24日公開  
    昔懐かしい ♪♪
    タグ :
    未設定

     ネタばれ(クリックして読む)

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 1月27日公開  
    血沸き肉踊らない……
    タグ :
    未設定

     ネタばれ(クリックして読む)

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 1月21日公開  
    篠田正浩版と比べたら……
    タグ :
    未設定

     ネタばれ(クリックして読む)

    • ◆このレビューを 1人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 1月6日公開  
    最低な二人
    タグ :
    未設定

     ネタばれ(クリックして読む)

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2016年12月公開  
    ターキン! ターキン! モフ・ターキン!
    タグ :
    未設定

     ネタばれ(クリックして読む)

    • ◆このレビューを 1人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2016年11月公開  
    楽しい楽しい群像活劇!
    タグ :
    未設定


        
     心情的な感動はあまりないけれど「面白かった!」タイプの爽快感がありました。
        
     CMとか見ると阿部寛さんがガッツリ主役な感じだけれど、実は極秘に開発された細菌兵器を巡る奇想天外な群像活劇といった趣向だ。
        
     何せ一番の見せ場であるスノボーチェイスはAKBの大島さん担当ですからねぇ。
        
     雪山に細菌兵器の瓶が埋められてるという図式はかの「復活の日」を彷彿とさせるけど、本作はガラリと変ったドタバタコメディテイスト。
        
     いるだけでそこはかとない可笑しみを醸し出す阿部寛さんの存在が作品の色合いを物語っています。
        
     ボスキャラの柄本明さんが嬉々として演じている悪役は~きっと一日で撮影しちゃったんでしょうけれど、全く楽しそうにシャウトして分かりやすい(笑)
        
     モロツヨシさんのふざけっぷりも楽しいですね。この役はどの様にも演じられる余白のあるところを、お持ちの個性をのびのびと爆発させてる感じでした。
        
     マクガフィンを巡るハチャメチャ活劇が終盤見事に集結していくという展開は、昔フランスのニューヌーベルバーグと言われた「ディーバ」とか思い出しました。
        
     痛快でしたよ~
        

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
My映画館
Myエリア
最近チェックした映画
映画
おすすめ情報
見て良かったランキング
ゴースト・イン・ザ・シェル
ゴースト・イン・ザ・シェル

士郎正宗原作のSFアクションをスカーレット・ヨハンソン主演で実写映画化

キングコング:髑髏島の巨神
キングコング:髑髏島の巨神

トム・ヒドルストンらが出演、キング・コング誕生の起源を描くアドベンチャー

LION/ライオン 25年目のただいま
LION/ライオン 25年目のただいま

5歳で迷子になりオーストラリアで育ったインド人青年の本当の家族を探す旅を描く

WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > Myページ > トチロー > レビューした映画

ムービーウォーカー 上へ戻る