Movie Walker Top > Myページ > TUKUYOMI > レビューした映画

TUKUYOMI
TUKUYOMI
フォローする
月読です。
映画力パラメーター
0MP
見たい映画 登録数
56MP
52MP
レビュー 登録数
70MP
レビュー への評価
1MP
フォロワーの数

レビューした映画

by TUKUYOMI
  • 6月10日公開  
    アンフェア
    タグ :
    未設定

    映画館で流れる予告はもちろんCMでも使われている印象的なシーンが、実際にはあるシーンに別のシーンのセリフを合成したものだった。予告を見て映画館に足を運んだ多くの人が無意識にミスリードさせられたに違いない。正直かなりタチが悪いと思う。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 6月1日公開  
    キャッチコピーと煽り文句の問題
    タグ :
    未設定

     ネタばれ(クリックして読む)

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 6月1日公開  
    鑑賞上の注意
    タグ :
    未設定

    ヒュー・ジャックマンがXメンシリーズでローガン(ウルヴァリン)を演じる最後の作品とされる本作はR15指定であり、首が飛んだり腕が飛んだりとグロテスクな表現が多用されている。
    同シリーズでR指定だったデッドプールがグロ表現が多用されているだけで内容はコメディ色の強いお子様向けのストーリーだったのに比べ、本作は内容も重厚で完全大人向けの作品になっている。

    ミュータントが自然に生まれなくなった世界。ローガンは正体を隠してハイヤーの運転手をしながら、アルツハイマーを患って発作的に力を暴発させる爆弾とかした90歳のチャールズ(プロフェッサー)の世話をしている。ローガン自身もアダマンチウムの毒により治癒能力が弱まって若さを保つことが出来なくなり、着実に死が近づいているなかで酒びたりになって自殺すら考えている。そんな彼が実験で生み出されたミュータントの少女を助けるために最後の戦いに臨む。

    シリーズの中でもかなり毛色の違う作品になっているので、シリーズファンでも賛否が分かれると思われるが、個人的には満足いく内容だった。

    ただし、許容し難い部分もある。グロテスクな表現には耐性があるので首が飛ぼうが腕が飛ぼうが気にならないが、10歳前後の子供が人を殺す場面が何度もあって、そこは観ていて何とも言えない嫌な気持ちになる。同じように子供が人を殺す場面がある映画でキックアスを思い出したが、作風の違いもあって鑑賞時にそれほど嫌な気分にならなかった。本作は子供が人を殺すことについて意識させる意図がみえる。(相手が悪人であろうと)人を殺せば元には戻れないという言葉が劇中で何度か出てくる。その言葉のせいで子供が人を殺す場面を意識せずにはいられない。

    子供が人を殺す。それが許容出来ない人には、本作の鑑賞はお勧めしない。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 5月12日公開  
    M・ナイト・シャマランへの失望
    タグ :
    未設定

     ネタばれ(クリックして読む)

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2016年9月公開  
    DCシリーズへの不満
    タグ :
    未設定

     ネタばれ(クリックして読む)

    • ◆このレビューを 1人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2016年8月公開  
    大味過ぎ
    タグ :
    未設定

     ネタばれ(クリックして読む)

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2016年8月公開  
    王道コメディ
    タグ :
    未設定

    単純明快なストーリーに登場人物たちの馬鹿馬鹿しいやり取り、良い意味で中身が無いので何にも考えずに観ることが出来る王道コメディ映画です。

    第一作に大して思い入れもないですし、批判されている差別云々も気にならない。オバサン達の下品(?)な会話も楽しめましたし、息抜きには丁度良い映画でした。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2016年8月公開  
    上質のSFファンタジー
    タグ :
    未設定

    伏線の張り方も回収の仕方も良く出来ていて非常に面白い。
    アニメだからこそ表現出来るであろう映像も見応えあり。

    予告を観て恋愛ものっぽいので正直観ようかどうか迷っていたのですが、恋愛色はそこまで強くなく、映画館で観ておいて本当に良かったです。

    ただ、物語における肝心要の仕掛けについては、いくら都会と田舎で環境が違いすぎるからといって、主人公たちがその事実に気が付かないのはどうなのかなあと冷静に考えてしまう野暮な自分がいます。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2016年8月公開  
    ツッコミどころ満載
    タグ :
    未設定

     ネタばれ(クリックして読む)

    • ◆このレビューを 4人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2016年7月公開  
    大人向けゴジラ
    タグ :
    未設定

    平成以降の子供向けの娯楽映画「ゴジラVS○○○○」しか観ていない人間なので、鑑賞した直後は過去作とは毛色が違うなという印象でしが、その後で1984年の「ゴジラ」を観てみれば、なるほど過去作へのオマージュ、特撮(ぽい?)映像へのこだわりにあふれた作品でした。ただ、子供が観るには辛いかなという印象。

    ゴジラに対する日本政府の対応、日本経済への影響が語られたり、現存する兵器(自衛隊)しか登場しない、それに加えて日米安保に核兵器の使用などリアリティがあってとても楽しめました。

    色々な役者がほんのちょい役(数秒映り込むだけ)で出てくるので、ウォーリーを探せ的な楽しみ方も出来ると思います。

    あえて気になった点を挙げると、
    ・石原さとみ演じるルー大柴みたいなキャラ
    ・ラストのゴジラとの決戦における御都合主義な展開(無事な路線がゴジラの足元に都合良く残っていたり、ゴジラを押し倒すほどの高層ビルが都合良く残っていたり)

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
My映画館
Myエリア
最近チェックした映画
映画
おすすめ情報
見て良かったランキング
ハクソー・リッジ
ハクソー・リッジ

一晩に75人もの日米の負傷兵を救った衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化

22年目の告白―私が殺人犯です―
22年目の告白―私が殺人犯です―

韓国映画『殺人の告白』が原作の、藤原竜也&伊藤英明主演のクライムサスペンス

LOGAN/ローガン
LOGAN/ローガン

X-MENの一員だったローガンの物語を描く、ヒュー・ジャックマン主演のアクション

WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > Myページ > TUKUYOMI > レビューした映画

ムービーウォーカー 上へ戻る