Movie Walker Top > Myページ > 門倉カド > レビューした映画

門倉カド
門倉カド
フォローする
映画力パラメーター
0MP
見たい映画 登録数
983MP
983MP
レビュー 登録数
190MP
レビュー への評価
10MP
フォロワーの数

レビューした映画

by 門倉カド
  • 4月1日公開  
    意外にも情操教育に最適?教えられる絆の大切さ。
    タグ :
    未設定

    【賛否両論チェック】
    賛:孤独に戦ってきたバットマンが、新たに出来た仲間を通して、“家族”の大切さを知っていくのが感動を誘う。シュールな笑いも満載で、家族サービスには最適。
    否:当然ながらLEGO(R)なので、世界観の好き嫌いはあり。展開もかなり強引。

     たかがLEGO(R)と侮るなかれ。そのキュートな世界観で描かれるのは、“絆”の大切さという普遍的なテーマです。大切な家族を失って以来、
    「仲間なんて要らない!!」
    と孤独な戦いを続けてきたバットマン。そんな彼が、ひょんなことから養子にとってしまった変わり者の少年・ディックや、一目惚れした新警察署長のバーバラ、そして親代わりだった執事のアルフレッドとの絆を通して、“家族”という大切なものの存在に気づかされていく様が、痛快なストーリーの中にも感動的に描かれていきます。
     ・・・と、テーマはステキですが、勿論このシリーズならではの、シュールな笑いもてんこ盛りです。個人的には、バットマンの基地のパスワードが、
    「アイアンマンのバーカ!!」
    なのが好きでした(笑)。ラストも
    「えっ!?それは反則でしょ!?(笑)」
    という手段が登場しますので、是非ご注目を。
     家族で笑って泣いて楽しめる、ステキなファンタジームービーです。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
My映画館
Myエリア
最近チェックした映画
映画
おすすめ情報
見て良かったランキング
銀魂
銀魂

パラレルワールドの江戸で、なんでも屋の男の活躍を描く人気漫画を小栗旬主演で実写化

忍びの国
忍びの国

織田軍と伊賀忍び軍団の戦いを描いた、和田竜のベストセラーを大野智主演で映画化

ハクソー・リッジ
ハクソー・リッジ

一晩に75人もの日米の負傷兵を救った衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化

WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > Myページ > 門倉カド > レビューした映画

ムービーウォーカー 上へ戻る