Movie Walker Top > 作品を探す > マリー・アントワネットの生涯

ステファン・ツヴァイクの原作を、クローディン・ウェスト、ドナルド・オグデン・スチュワート、エルネスト・ヴァイダの3人が共同で脚色、「ローズ・マリイ(1936)」などの名作を作ったW・S・ヴァン・ダイク・2世が監督した伝記的ドラマ。撮影は「西部開拓史」のウィリアム・ダニエルス。音楽は「哀愁」のハーバート・ストサートが担当した。出演はノーマ・シアラー、「愛情物語」などのタイロン・パワー、名優ジョン・バリモア、「素晴らしきヒコーキ野郎」のロバート・モーリー、ほかにアニタ・ルイズ、ジョセフ・シルドクラウトなど。製作はハント・ストロンバーグ。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

オーストリアの皇女マリー・アントワネット(ノーマ・シアラー)は仏王子ルイ・オーギュスト(ロバート・モーリー)と結婚した。これはルイ15世(ジョン・バリモア)が独断で決めたことで、王子は子供も作れない体であることを彼女に打ちあけた。国王の寵愛を受けているデュバリーの勢力の中で、アントワネットは退屈で不幸だった。そんな時、国王のいとこオルレアン公の煽動から、アントワネットはパリ社交界にうって出た。それからの彼女はオルレアン公相手に人が変わったように快楽を追い始め、デュバリーと対立するまでになってしまった。そしてルイ15世から子供のないのを理由に離婚を言い渡された。彼女はオーストリア大使館に行き、かつてとばく場で知り合ったスウェーデンの貴公子フェルセン伯(タイロン・パワー)に会い、真実の愛を知った。やっと幸福感に浸れた。だが国王が天然痘で死に、オーギュストが16世に即位した。彼女も王位につかねばならなかった。密かにフェルセンに会って苦衷を訴え、一緒にいてくれと頼んだ。が、立派な女王であるためには、公明な生活を送るべきと諭し、アメリカへ去った。やがてアントワネットは王子と王女を生んだ。そして数年後、仏民衆はオルレアン公の煽動にあってフランス革命に突入した。国王も女王も子供らも獄舎につながれた。フェルセンは女王の危機を知って牢獄に駆け付け、脱走計画を実行に移したが、失敗してしまった。ルイ16世はギロチンに消えた。フェルセン公は彼女を救おうと、危険を冒してあらゆる努力をしたが、どうすることも出来なかった。彼女がギロチンにかけられる日、やっと彼女に会った。慰めの言葉を贈るしかなかった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Marie Antoinette
製作年 1937年
製作国 アメリカ
配給 日貿映画
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク delicious livedoorクリップ
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
iPhoneアプリ「ムービーウォーカー」
メールマガジン:週刊MovieWalker

映画上映スケジュールが無料で探せるiPhoneアプリ
»詳しくはこちら

Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > 作品を探す > マリー・アントワネットの生涯

ムービーウォーカー 上へ戻る