映画-Movie Walker > 作品を探す > 美女と野獣(1975)

1945年にジャン・コクトーによって映画化されたルプランス・ド・ボオモン原作のメルヘン的物語の再映画化。製作はハンク・ムーンジーン、監督はフィルダー・クック。ルプランス・ド・ボオモンの原作をシャーマン・エレンが脚色、音楽はロン・グッドウィン、衣裳はアルバート・ウォルスキーが各々担当。出演はジョージ・C・スコット、トリッシュ・ヴァン・デヴァー、ヴァージニア・マッケンナ、バーナード・リー、ミッシェル・ハーバー、ウィリアム・リルトン、パット・クインなど。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 50% (1)
星4つ 100% (2)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ベル(トリッシュ・ヴァン・デヴァー)は、父のビューモント(バーナード・リー)が城の庭園のバラを折ってしまった償いのために猪の様な顔、蹄のある手の野獣(ジョージ・C・スコット)と暮さねばならなかった。野獣は、ベルに妻になるように頼んだが、ベルは、時々狂暴になり、物を壊す獣そのものの性格が嫌いだった。しかし、見かけとは別にやさしい心をもち、ウソを言わない性格に対して、友情のような感情を抱いていた。そして、野獣に人間らしさを教え、野獣として扱うのではなく、1人の人間として接した。ある日、ベルは家に帰り皆を安心させたい、と野獣に訴えた。野獣は1週間で帰ってくることを条件に、宝石と魔法の指輪を与え、ベルを帰す。家に戻ったベルはビューモントや弟のニコルス(ウィリアム・リルトン)に迎えられるが、2人の姉ルシー(ヴァージニア・マッケンナ)とスーザン(パット・クイン)、それに義兄のアントニー(ミッシェル・ハーバー)はベルの持ってきた宝石と指輪の方に関心を示した。そして、とうとうベルの指輪を盗んでしまう。家の者はみなウソと欲望に満ちていた。野獣への愛が1番大切なことを悟ったベルは唯一の味方であるニコルスの機転で指輪を取り戻し、急いで城に向かう。ベルが着いた時、1週間の期限が過ぎようとしており野獣は涙を浮かべ死にかけていた。『結婚するから死なないで』とベルが叫んだ瞬間、野獣の姿は消え、見たこともないりっぱな男が立っていた。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 Beauty and the Beast
製作年 1975年
製作国 アメリカ
配給 ジョイパックフィルム
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

『美女と野獣』(7作品)

美女と野獣
美女と野獣 (2017年4月21日公開)

ディズニーの不朽の名作をエマ・ワトソン主演で実写映画化したラブストーリー

美女と野獣(2014)
美女と野獣(2014) (2014年11月1日公開)

レア・セドゥ&ヴァンサン・カッセル主演、「美女と野獣」を実写映画化

美女と野獣 ディズニー デジタル 3D
美女と野獣 ディズニー デジタル 3D (2010年10月9日公開)

1991年制作の世界的ヒットを記録したディズニー映画「美女と野獣」の3D化

  • 美女と野獣(1991) (1992年9月23日公開)

    ギリシャ神話以来親しまれてきた、美女と野獣のロマンティックなラヴ・ストーリーをアニメ化した作品。

  • 美女と野獣(1975) (1978年11月13日公開)

    1945年にジャン・コクトーによって映画化されたルプランス・ド・ボオモン原作のメルヘン的物語の再映画化。

  • 美女と野獣(1946) (1948年1月公開)

    詩人ジャン・コクトーがシネマへその触手を伸ばして来るであろうことは当然考えられていたことだが、どんなジャンルにその触手を伸ばしてもコクトーでなければならない功績を残している彼がシネマの世界へ何をもらたすか、これが最も興味深い所であった。

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 美女と野獣(1975)

ムービーウォーカー 上へ戻る