現在、緊急メンテナンス中のため、Myページ、レビューのご利用が出来ません。お客様にはご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。
Movie Walker編集部

映画-Movie Walker > 作品を探す > 光に叛く者

マーティン・フレーヴィン作の舞台劇を映画化したもので、「暁の偵察」の監督者はワード・ホークスが監督に当たっている。脚色は同じく「暁の偵察」のシートン・I・ミラーとフレッド・ニプロ・ジュニアとが共同担任し、カメラは「乗合馬車」のテディー・テヅラスと「赤熱の抱擁」のジェームズ・ウォン・ホウが受持っている。主演者は「戦争と貞操」「都会の世紀末」のウォルター・ヒューストンと「アメリカの悲劇」「女学生の日記」のフィリップス・ホームで、映画初出演のコンスタンス・カミングス、「恋愛放送局」のメアリー・ドーラン、「蝙蝠は囁く」のデウィット・ジェニングス、ポリス・カーロフ、アーサー・ホイト、エセル・ウェールスス、ジョン・シーハン等が助演している。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

都の生活に馴れない20才の青年ロバート・グレアムは孤燭の寂寥が耐えがたく思われた。それで彼は一人の娘を誘ってカフェエに行き、踊り且つ飲んだ。その娘がある青年にひどく侮辱されたのを憤慨したロバートはその青年を殴り倒した。打ちどころが悪く相手は即死した。死んだ男は市の有力者の息子だった。地方検事ブレーディはロバートに同情したが法を曲げることは出来ず、ロバートは懲役10年に処せられた。それから6年後彼は苦役と不健康な監房生活に憔悴してしまった。検事をやめて丁度この刑務所の典獄になったブレーディはロバートの成績優秀なので、苦役の代わりに自動車運転手にしてやった。ロバートはやがてブレーディの娘メアリーに恋をするようになったが、現在の境遇を思えば打ち明ける勇気は勿論なかった。しかし二人の心と心はいつしか溶け合った、ロバートは近く減期釈放されることになっていたし彼は未来に輝かしい希望を持つようになった。当時囚人達は脱獄の陰謀を企んでいて、その計画が裏切者の為に発覚してしまった。囚人の間には掟があった。裏切者は死の制裁を与えられた。それを目撃したのがロバートだった。彼は犯人の名を言えと監手達に責められ、典獄に口説かれた。しかしロバートは囚人の掟を守った。そのために彼は土牢に入れられた。その時囚人は暴動を起こした。その騒ぎの中で裏切者を殺した下手人は瀕死の重傷を受け、臨終に自白した。ロバートは自由の身となった。そして父の典獄も何んなに満足したことか。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Climinal Code
製作年 1931年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント支社
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク delicious livedoorクリップ
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 光に叛く者

ムービーウォーカー 上へ戻る