映画-Movie Walker > 作品を探す > キミサラズ

歌舞伎『与話情浮名横櫛』と肖像画家・柳敬助をモチーフにしたラブストーリー。1950年代の木更津。京介は恋人の海子に、「一流の画家になったら戻って来る」と決意を告げる。20年後、京介は東京で画家を目指し、海子は地元の実業家に見受けされていた。木更津・上総の文化発展のために発足されたかずさ映画製作委員会製作作品。プロデューサー・共同脚本・出演は、「カマチョップ」のカマチ。監督は、「恋人たち」の井川広太郎。出演は、「ドロメ」シリーズの長宗我部陽子。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1950年代の木更津。京介は、「一流の画家になって、これが自分の絵なんだって胸を張れる様な、そんな絵が描ける様になったら直ぐに戻って来る」と、同級生で恋人の海子(長宗我部陽子)に告げる。20年後、木更津に残った海子は地元の実業家―御神本に見受けされ、幼い頃からの憧れである芸者への夢も途中で諦め、自堕落な人生を歩んでいた。京介は東京に身を置き、芸術と商業との狭間に立たされ、厳しい現実にさらされながらも、自身の芸術に対しての頑なこだわりを持ち続け、“自分の納得できる絵”を模索し続けていた。そんな京介の元に、そこにいるはずのない海子が突然姿を現し、驚く京介を尻目にあたかも東京で共に生きてきたかのように生活を始める。お互いに強い想いを寄せるあまり引き起こされたパラレルな世界で、いつしか『キミサラズ』という一枚の絵が描き上がる。一方、木更津の海子の元には、同級生の和田から同窓会のハガキが届く。東京の京介との再会の日が近づくが、現実の世界で二人は再び出会うことができるのか? 『キミサラズ』に込められた二人の想いとは?

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 プロダクション花城
上映時間 84
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 井川広太郎
プロデューサー カマチ岩本光弘
原案 カマチ
脚本 カマチ井川広太郎
企画 カマチ
撮影 木村和行
音楽 UNpro by hideki
美術 菊地実幸
録音 光地拓郎
ヘアメイク 榎本愛子
助監督 迫田寿人
照明 木村和行
整音 UNpro by hideki
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > キミサラズ

ムービーウォーカー 上へ戻る