映画-Movie Walker > 作品を探す > 熊川哲也 Kバレエ カンパニー 「ラ・バヤデール」in Cinema

熊川哲也が芸術監督を務めるKバレエカンパニーが2016年11月19日に上演した古典バレエの名作を映画館で上映。古代の南インド。舞姫ニキヤと戦士ソロルは密かに愛し合っていたが、ソロルを気に入った領主ラジャが娘のガムザッティとの結婚をソロルに命じる。出演は、ベルリン国立バレエ団やハンガリー国立バレエ団で活躍してきた中村祥子、Kバレエカンパニーのプリンシパル・遅沢佑介、浅川紫織、同団の副芸術監督を務めるスチュアート・キャシディ。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

古代の南インド。寺院の舞姫ニキヤ(中村祥子)と高名な戦士ソロル(遅沢佑介)は密かに愛し合い、神に結婚の誓いを立てる。しかしソロルを気に入った領主ラジャは、娘である王女ガムザッティ(浅川紫織)との結婚を彼に命じる。ソロルは、権力と彼女の美しさに抗えず結婚を承諾してしまう。一方、ニキヤに求愛を拒絶されたハイ・ブラーミン〈大僧正〉(スチュアート・キャシディ)はニキヤとソロルの関係をラジャに密告。ガムザッティはニキヤに身を引くよう迫るが、二人は言い争いとなり、ラジャたちはニキヤを亡き者とするため毒殺を画策する。やがてガムザッティとソロルの婚約披露の宴で悲劇が起こる。ソロルに裏切られ、悲嘆に暮れるニキヤは命じられるままに祝いの舞いを踊るが、その最中、仕組まれた毒蛇に噛まれ、絶望の中で死んでゆく。罪悪感に苦しむソロルは幻影の中で再びニキヤと出会う……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 TBS
上映時間 122
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

ニキヤ 中村祥子
ソロル 遅沢佑介
ガムザッティ 浅川紫織
ハイ・ブラーミン スチュアート・キャシディ
ブロンズ・アイドル 井澤諒
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 熊川哲也 Kバレエ カンパニー 「ラ・バヤデール」in Cinema

ムービーウォーカー 上へ戻る