映画-Movie Walker > 作品を探す > 海辺のリア

海辺のリアの画像

小林政広監督と仲代達矢が「春との旅」「日本の悲劇」に続き三度組んだ人間ドラマ。認知症の疑いがかかった往年のスター桑畑兆吉は家族に騙され老人ホームに入居。脱走し海辺をさすらううちに妻以外の女に産ませた娘と再会し、彼の胸に人生最後の輝きが宿る。芝居をこよなく愛しシェイクスピア四大悲劇の一つ『リア王』と自身を重ねる兆吉を仲代達矢が演じるほか、「リップヴァンウィンクルの花嫁」の黒木華、「蜩ノ記」の原田美枝子、『深夜食堂』シリーズの小林薫、「海よりもまだ深く」の阿部寛らが出演。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

舞台に映画にと役者として半世紀以上活躍し俳優養成所を主宰する往年のスター、桑畑兆吉(仲代達矢)。芝居をこよなく愛した彼も今や認知症の疑いがかかり、長女の由紀子(原田美枝子)とその夫であり兆吉の弟子だった行男(阿部寛)、さらに由紀子の愛人である運転手(小林薫)に遺書を書かされた挙句に高級老人ホームへ送られる。しかし兆吉は施設を脱走し、シルクのパジャマの上にコートを羽織った姿でスーツケースを引きずりながら海辺をあてもなくさまよい歩く。すると、妻以外の女に産ませた娘・伸子(黒木華)と突然再会。兆吉は私生児を産んだ伸子を許せず、家から追い出していた。そんな伸子に、シェイクスピア作の悲劇『リア王』に登場するリアの末娘・コーディーリアを重ねる兆吉。『リア王』の狂気が乗り移りかつての記憶が溢れ出す兆吉の心に、人生最後の輝きが宿る。

見たい映画に
登録した人
11

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 東京テアトル
上映時間 105
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小林政広
脚本 小林政広
エグゼクティブプロデューサー 杉田成道
プロデューサー 宮川朋之小林政広
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 海辺のリア

ムービーウォーカー 上へ戻る