映画-Movie Walker > 作品を探す > ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男

予告編動画を見る ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男の画像

19世紀のアメリカで、リンカーン大統領よりも早く奴隷解放を実現するなど、真の自由を求めて戦った実在の人物、ニュートン・ナイトをマシュー・マコノヒーが演じる歴史ドラマ。南北戦争に疑問を抱き、500人の奴隷と農民たちを率いて100万人の南部軍に反旗を翻す姿が描かれる。監督は『シービスケット』のゲイリー・ロス

4/5
[?]評価方法について
総評価数 10
レビュー 2
投票 8
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 20% (1)
星4つ 100% (5)
星3つ 80% (4)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1862年、南北戦争の最中、南軍の衛生兵ニュートン・ナイト(マシュー・マコノヒー)は、奴隷を20人以上所有する農園の長男は兵役を免除されるという新法に憤る。甥ダニエル(ジェイコブ・ロフランド)が目の前で戦死すると、ニュートンは遺体を家族に渡すため軍を脱走する。故郷ミシシッピ州ジョーンズ郡では、物資を徴収する南軍が女たちを苦しめていた。幼い娘を抱えた母親を脅す騎兵隊を追い払ったニュートンは将校に目をつけられ、妻セリーナ(ケリー・ラッセル)と赤ん坊を置いて逃げることに。ニュートンは、酒場の女主人サリー(ジル・ジェーン・クレメンツ)の手引きで“沼”に向かう。イーキンズ家の使用人レイチェル(ググ・ンバーター=ロー)の案内で沼の奥の湿原に入ると、そこは逃亡奴隷たちの隠れ場所だった。モーゼス(マハーシャラ・アリ)が傷を治療してくれ、ニュートンは逃亡奴隷たちと心を通わせる。反撃を決意したニュートンは銃を手配し、脱走を繰り返したためにつけられたというモーゼスの鉄の首輪を外す。その大きな音を聞いて駆け付けた捜索隊を迎え撃ちにすると、黒人を助けるために白人を撃ったニュートンに逃亡奴隷たちは驚く。1863年、沼の自由反乱軍には逃亡奴隷や脱走兵、元南軍のウィル(ショーン・ブリジャース)やジャスパー(クリストファー・ベリー)も加わっていた。南軍に資産を奪われた村人たちも集まり、黒人と白人が平等な村が生まれた。ジョーンズ郡の自由民と名乗り、騎兵隊から物資を奪い返す反乱軍に、南軍は農場を焼き払うという手で降伏を求める。ニュートンは拒否するが、農場を守ろうと降伏した父親ら4人が見せしめに吊るされる。怒りで一つになった反乱軍は南軍を攻撃し、1864 年にエリスビルの司令部を占拠、さらに隣接する3つの郡を奪う。北軍に援助を断られたニュートンは、北部にも南部にも属さないジョーンズ自由州の設立を宣言する。1865年、南北戦争は終結するが、新たな戦いが始まった……。

見たい映画に
登録した人
29

作品データ

原題 FREE STATE OF JONES
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 キノフィルムズ/木下グループ
上映時間 140
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

ニュートン・ナイト マシュー・マコノヒー
レイチェル ググ・ンバーター=ロー
モーゼス マハーシャラ・アリ
セリーナ・ナイト ケリー・ラッセル
デイビス・ナイト ブライアン・リー・フランクリン
ウィルソン ドナルド・ワトキンス
ジャスパー・コリンズ クリストファー・ベリー
ウィル・サムラル ショーン・ブリジャース
バーバー中尉 ビル・タングレイディ
エリアス・フッド大佐 トーマス・フランシス・マーフィ
ジェームズ・イーキンズ ジョー・クレスト
ダニエル ジェイコブ・ロフランド

レビュー

自由のために立ち上がった勇姿。淡々と語られる奴隷解放の現実。

投稿者:門倉カド

(投稿日:2017/02/08)

【賛否両論チェック】 賛:脱走兵となり、同じように迫害され…

[続きを読む]

支持者:0人

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男

ムービーウォーカー 上へ戻る