映画-Movie Walker > 作品を探す > ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命 > レビュー

投稿レビュー(8件)ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命は星3つ

「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

ナタリー・ポートマンの演技 (投稿日:4/10)

ケネディ大統領暗殺を題材にした映画は数多くあるけど
事件後の葬儀までの4日間を題材にしたところが
ものすごく目新しくって新鮮でした。
とは言うものの、どうしてもケネディ暗殺事件は
暗殺の真相や暗殺犯オズワルドのことなどに興味が多く
正直、葬儀の事はあまり知らなかったので
作品への引き込まれ感はうすかったように思います。
そういった意味では、ナタリー・ポートマンの演技があったから
この作品は成り立っているのかもしれません。
ジャッキーの感情、行動、表情など
乗り移ったかのような演技で迫力がありました。»ガイドライン違反報告

投稿:tom

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

勉強してからもう一度見てみたい (投稿日:4/2)

ケネディ暗殺事件をその前後の国際情勢の大きな文脈、あるいは事件の詳細にせまる情報も、ろくに私は知らない。撃たれた瞬間のあの白黒映像を、何度かテレビで見たことはあるが、その程度である。その辺、事件や歴史に詳しければ間違いなくもっとたのしめただろう。今の世界に照らし合わせても(トランプ大統領の誕生や、金正男暗殺など)いろいろ感じることがあるはずだ。

この映画はとてもよく出来ていると思う。時折実際の映像を組み込んだ(と思われる)リアリティを喚起する造り。ほぼ全編、ジャクリーヌ1人に密着ドキュメントしたようなカメラ。でもべったりしすぎることなく淡々と静かに、少しの距離をもってジャッキーを捉える。
だからこそ、かかってくるのはジャッキーを演じるナタリーポートマンの演技で、これが優れているからこそ、この映画は強い芯をもった映画独自の空気を濃密に持っている。
90分程度の短さで、無駄なく、鋭さと緊張感がある。カメラの近さ(視野の狭さ)や映画自体の短さが、ジャッキーが置かれた当事者としての余裕のなさ、全体を把握できない圧迫感、巻き込まれた運命に対しての逃れられない感じに釣り合っていて、表現として効果的に成り立っている。
音楽も良い。(サントラCDが欲しいと思った)
音響効果も優れていて、暗殺のシーンはゾッとした。自分の膝元に、愛する者の破れた頭を抱えるなんて、悪夢以外の何物でもない。でも現実だったのだ。それを受け止めねばならなかった。

»ガイドライン違反報告

投稿:potewoods

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

「ブラック・スワン」を超えたナタリー・ポートマンの演技! (投稿日:4/1)

 ケネディ大統領の暗殺から葬儀までの4日間!
 夫のこと、子どもたちのこと、そして自分のことを考えて、悩み、決断し、時には狂人的に行動したジャッキーことジャクリーンをナタリー・ポートマンが見事に演じていました。その演技を観るだけでも、この映画を観る価値があると思います。

 まさに彼女の「最高の演技作品」であるといっても過言ではありません。

 ケネディ大統領の暗殺を取り上げた映画は今までいくつもありましたが、ジャッキーを取り上げた作品は初めてのため、知られざる彼女の苦悩を知ることができ、ファーストレディから「元」ファーストレディと変わった環境下で最愛の夫を伝説に変えた瞬間はとても感動しました。それも、ナタリー・ポートマンがその「苦悩」を完璧に演じ、表現しているからこそです。

 本年度のアカデミー賞の主演女優賞を獲得しなかったことが不思議でなりません!»ガイドライン違反報告

投稿:杉ちゃん

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ちょっと期待外れ…かな (投稿日:4/1)

実録の映像がちょいちょい挟まるのでドキュメンタリーのような凄くリアルな感じ。そして違和感なく溶け込んでるナタリー・ポートマンの女優魂を感じた。
歴史ってそれを語り継ぐ人によって創られるんだなと、改めて思った。
思った程の華やかさはなくて、淡々とした映画でした。»ガイドライン違反報告

投稿:Sibyl

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

闇は薄れる (投稿日:3/31)

▼ネタばれ(クリックして読む)

健気に気丈に振舞おうとする脆さを、凄く見事に演じているNatalie Portmanは流石。
犯人は兎も角、この映画に悪意は出て来ない。
史実だからではあるだろうけれど、ジョン・F・ケネディと言う一人の愛すべき人間を失い、それぞれの愛、哀しみ、立場で乗り越えていく、哀しみと愛情に包まれている。
死んだ夫に尽くす妻・・凄いな。魅力的な人だったんですね。

それにしても、夫を失ったファーストレディーたちのその後を思うと、切なくなりますね・・

悲しみの闇は消えない。でも闇は薄れる・・本当に。だから人は進んで行ける。»ガイドライン違反報告

投稿:

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

彼女のイメージが変わりました (投稿日:3/18)

ジャッキーといえば、美しくてファッショナブル、名門ケネディ家へ嫁ぎ、若くして未亡人となった悲劇の人。
そんな外見だけのイメージが覆りました。
信念を貫くことをためらわない、なんて強い女性なんでしょう。

わずか34才、しかも目の前で夫を殺された直後というのに、毅然とした態度を崩さない姿には胸を打たれます。
もちろん感情の起伏はあるし、ヒステリックになるシーンもあるのですが、「自分が大統領夫人としてすべきこと」を見失わない、この強さはどこからくるのか…

ナタリー・ポートマンの演技が素晴らしく、まるでジャッキー自身のようです。
「このとき彼女はこういう表情をしていたに違いない」と思わせる説得力に満ちていました。
時々ドキュメンタリーを見ているような錯覚に陥るほどです。

エマ・ストーン(ラ・ラ・ランド)も良かったけど、個人的な今年のアカデミー賞主演女優賞はナタリー・ポートマンです。»ガイドライン違反報告

投稿:めいべいびー

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命 > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る