映画-Movie Walker > 作品を探す > ゲキ×シネ「乱鶯」

ゲキ×シネ「乱鶯」の画像

劇団☆新感線の舞台をスクリーンで見せる『ゲキ×シネ』シリーズ第14弾。江戸時代を舞台に、かつては盗賊の頭で居酒屋の板前として働く十三郎を中心とした人情物語を描く本格的な時代劇。古田新太が盗賊の頭だった鶯の十三郎を演じ、稲森いずみ、大東駿介、清水くるみらが客演として出演する。

5/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 2
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

江戸時代。天明5年春。盗賊の頭ながら、人を殺めず、盗られて困る者からは決して盗まないことでその名を知られていた鶯の十三郎(古田新太)は、悪事を企む北町奉行所の与力、黒部源四郎(大谷亮介)の差し金もあり、子分に裏切られて一味は皆殺しとなる。瀕死の傷を負った十三郎は、幕府目付の小橋貞右衛門(山本亨)と、居酒屋鶴田屋を営む勘助(粟根まこと)お加代(稲森いずみ)夫婦によって命を救われる。7年後、勘助が病で亡くなり一人になったお加代を助けて、十三郎は板前の源三郎と名乗り、鶴田屋を繁盛させていた。そこに、御先手組組頭の小橋勝之助(大東駿介)が現れる。勝之助は、火縄の砂吉(橋本じゅん)という盗賊を追っていた。十三郎は、勝之助が自分の命の恩人・貞右衛門の息子であることを知ると、彼に手柄を立てさせようと考える。砂吉が大店で押し込み強盗を企てている情報をつかんだ十三郎は、男まさりの女将のお幸(高田聖子)や女中おりつ(清水くるみ)が働く大店の呉服屋・丹下屋に、自ら潜入することを思いつく。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 ヴィレッヂ(配給協力:ティ・ジョイ)
上映時間 184
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

鶯の十三郎 古田新太
お加代 稲森いずみ
小橋勝之助 大東駿介
おりつ 清水くるみ
火縄の砂吉 橋本じゅん
お幸 高田聖子
勘助 粟根まこと
小橋貞右衛門 山本亨
黒部源四郎 大谷亮介

レビュー

凄みと迫力

投稿者:パライバ

(投稿日:2017/05/05)

今どき3時間超えの映画って滅多にない。舞台の好きなお客さんっ…

[続きを読む]

支持者:0人

『ゲキ×シネ』(15作品)

ゲキ×シネ「乱鶯」
ゲキ×シネ「乱鶯」 (2017年4月15日公開)

いのうえひでのり率いる劇団☆新感線による2016年の舞台「乱鶯」を映像化

ゲキ×シネ「蒼の乱」
ゲキ×シネ「蒼の乱」 (2015年5月9日公開)

劇団☆新感線の舞台を劇場で上映する『ゲキ×シネ』シリーズ第13弾

ゲキ×シネ「阿修羅城の瞳2003」
ゲキ×シネ「阿修羅城の瞳2003」 (2015年4月11日公開)

ゲキ×シネの原点となった03年上演の市川染五郎主演の人気作のデジタルリマスター版

ゲキ×シネ ZIPANG PUNK 五右衛門ロックIII
ゲキ×シネ ZIPANG PUNK 五右衛門ロックIII (2014年3月29日公開)

劇団☆新感線の人気舞台「五右衛門ロック」シリーズ第3弾を映画館で上映

  • ゲキ×シネ シレンとラギ (2013年10月5日公開)

    藤原竜也×永作博美主演の舞台映像を上映、独裁者の暗殺を命じられた主人公の姿を描く

  • ゲキ×シネ 蛮幽鬼 (2010年10月2日公開)

    劇団☆新感線に、上川隆也、堺雅人らを加え豪華出演者が集結した舞台映像を上映

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ゲキ×シネ「乱鶯」

ムービーウォーカー 上へ戻る