映画-Movie Walker > 作品を探す > イノセント15

予告編動画を見る イノセント15の画像

舞台演出家出身の甲斐博和監督による長編デビュー作。父親がゲイだと知り、自分もそうかもしれないと思い始める15歳の中学生・銀と、母親から虐待を受けている同級生の成実。お互いに秘密を抱えたまま二人は旅に出るが、その道程には新たな現実が待ち構えていた。出演は「水の声を聞く」の萩原利久、TV『地獄先生ぬ~べ~』の小川紗良、「夏ノ日、君ノ声」の影山樹生弥、「ディアーディアー」の山本剛史、「つむぐもの」の本多章一、「白ゆき姫殺人事件」の宮地真緒。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東京ではないどこかの町。15歳の岩崎銀(萩原利久)は、野球好きの中学三年生。学校には行かずにブラブラしているミン(影山樹生弥)やユウキ(中村圭太郎)とつるんでいる。ある日、銀は同級生の佐田成美(小川紗良)に突然告白されるが、断ってしまう。不思議がるミンたちだったが、銀は女の子に興味が無さそうである。一方、銀に振られても屈託のない素振りの成美。だが家に帰ると母・律子(宮地真緒)に高校進学を反対され、さらには律子の恋人・神林(木村知貴)にその性を売られようともしていた。成美はバレエを辞め、次第に行き場を失っていく。そんな折、銀は父・大道(山本剛史)が実はゲイだと知り、自分もそうかもしれないと思い始める。重い現実が二人を取り巻いていくなか、成美は町から逃げ出し、東京に住む父・佐田大吾(信國輝彦)の家に行くことを決める。最後のお別れにやって来た成美に対し、銀は突然「俺も行く」と言い出す。お互いに秘密を抱えたまま二人の旅は幸福なスタートを切るが、その道程には新たな現実が待っていた……。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 TOCA.TOKYO
上映時間 88
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
Clip to Evernote
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 甲斐博和
プロデューサー 前信介
脚本 甲斐博和
撮影 本杉淳悟
音楽 岡田太郎TEYO
編集 甲斐博和
録音 内田達也
ヘアメイク MAMI川元麻衣蓼沼仁美
助監督 山之内優
照明 伊藤貴哉
カラリスト 玉田詠空
整音 根本飛鳥
スタイリスト 部坂尚吾
VE 桜田公一

キャスト

岩崎銀 萩原利久
佐田成美 小川紗良
ミン 影山樹生弥
ユウキ 中村圭太郎
佐田大吾 信國輝彦
神林あっくん 木村知貴
バレエの先生 久保陽香
岩崎大道 山本剛史
菊池 本多章一
佐田律子 宮地真緒
WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > イノセント15

ムービーウォーカー 上へ戻る