映画-Movie Walker > 作品を探す > 君の膵臓をたべたい > レビュー

投稿レビュー(9件)君の膵臓をたべたいは星4つ

「君の膵臓をたべたい」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

こんな風に生きられたら (投稿日:8/20)

▼ネタばれ(クリックして読む)

泣けました。映画は2回観ました。1回目と2回目のあいだに原作の小説を読みました。
ストーリーの展開から、映画と原索のエンディングの違いまで全部知っているのに、やっぱり2回目も泣けました。
映画だけを観ている方は、ぜひ原作の小説を読んでください。原作を読んだだけの方は、ゼヒ映画をご覧ください。それぞれの良さがきっとわかっていただけると思います。
浜辺美波ちゃんの演じる桜良ちゃんが、とにかくカワイイです。北村匠海くんの演じる「仲良しくん」もよかったです。
この二人に今後注目したいです。»ガイドライン違反報告

投稿:ぎゃま

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

小栗じゃなく、東出昌大だろ! (投稿日:8/7)

ないないないない!ありえないっ!あの「ガム君」&「肉まん君」こと、矢本悠馬が大人になって上地雄輔になるなんてことは…ない(笑)!それが、この映画を観た自分の中の最大のオチでした。まぁ、主人公の「僕」てか、ハルキもそうだけど、将来的に小栗旬になることはないかな。個人的には東出昌大の方があっていたと思う。ヒロインの子は可もなく不可もなく、普通な印象。それが良かったのかもしれない。悲劇のヒロインのわりには笑顔が魅力で印象的でした。あの笑顔は儚げな気持ちの裏返しなのかも知れないけど、「僕」には宝物な笑顔になっていたと思う。ヒロインの残した日記や手紙はお約束的な定番だけど、ホロリとしちゃうね。»ガイドライン違反報告

投稿:スナフキン

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

原作は傑作、映画は凡作 (投稿日:8/6)

原作を見てから映画をみました。
原作と映画には大きな違いがあります。
原作はあくまで高校生時代だけの話なのですが、映画は12年後の世界も描かれていることです。
原作を2時間が描くには語り部が必要とのことで12年後の主人公を誕生させたとのことです。
しかし、そこで2つの残念なことが生じました。
ひとつは本来の二人のストーリーが削られること。
それとこっちが大事なのですが、最後の着地点が違ってしまったこと。

原作はすごく鋭角な金属で書ききったかのような作品で、これまで見たことないものを読んだといったぞくぞくするものを感じます。まるで新しい地平を切り開いて、どこに落ち着くでもない不思議なバランスの中で踏みとどまるかのような話です。
しかし、映画の12年後の世界はこれまでよく作られる、安心した泣ける常套手段を用いた、平凡な話になってしまっています。

この映画の良さはヒロインの浜辺美波につきるのではないでしょうか。彼女はこの世に二人といない美しさと可愛さを兼ね備えた女優さんだと思いますが、なぜか「クラスで3番目に可愛いいヒロイン」にぴったりなのです。

彼女を見るためにこの映画はぜひ見るべきだと思いますが、できたら映画を見る前に原作を読んで、傑作である作品を先入観なしに楽しんでからにしたらと思ってしまいます。

»ガイドライン違反報告

投稿:くまっち

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

二人の新人に注目❗ (投稿日:8/4)

新人二人が良いです。北村匠海って、プロ野球の大谷翔平に似た今どきのシャイな好青年です。(北村一輝とは関係ないとのこと)
浜辺美波って、いかにも芸名ですが、長澤まさみ似の美人です。二人の今後に期待ですね。
この作品と『鎮魂』をつなぐのが小栗旬ですが、役回りの違いに驚きます。現代の語り部ですね❗»ガイドライン違反報告

投稿:ミチさん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

キレイな映画だけど… (投稿日:8/3)

▼ネタばれ(クリックして読む)

不治の病による実らぬ恋ものです。ありきたりにならないようにしたのかも知れませんが、映画の文法の無視がひどすぎます。観た人が一番驚いたであろうあの部分は論外ですが、それ以外にも、他人とコミニュケーションを取るのが苦手な人を一人で生きていける人のように評価して好きになる部分などは無理があると思います。
空元気で明るく振舞う主人公は素敵で、悲しくてもそれを表に出せないというのは分かるような気もします。往年の名曲ジャングルスマイルの『抱きしめたい』を思い出します。
それでも『仲良し君』を振り回すあれやこれやはやり過ぎですね。あんなにブレーキの利く高校生は普通いませんよ。»ガイドライン違反報告

投稿:イナムー216

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

原作から入った人はどう思うかな? (投稿日:7/30)

▼ネタばれ(クリックして読む)

 昨年、本屋で推されていたので原作を読んだ者です。
主人公の高校生が人との関わりを避けて生きているという最初の設定から、同級生の少女と関わるにつれ変化していき、最後にエキセントリックなタイトルに繋がる流れが楽しめました。

 映画は、小栗旬と北川景子が原作にない数年後の役で出演しますが、主人公が教師になった理由や葛藤もうまく説明されていて違和感なく観れました。

 ただ、少女の死亡理由が通り魔によるものに変更になったのに違和感を感じたのと、最後の少女宛のメールの既読を確認するシーンは、この小説の重要な部分と思っていたので省略されていて残念でした。

 主人公役は内向的で他人に無関心な所をうまく演じていたと思いましたが、少女役は声がアニメの声優ぽっくてその外見とも相まって、少し違うと感じました。また、主人公に「ガム食べる?」と勧める少年は映画のポイントでいい味出していたと思いました。»ガイドライン違反報告

投稿:kobataka

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

儚く美しい青春映画☆君に伝えたかった想い (投稿日:7/23)

この刺激的なタイトルに惹かれた。
どんなストーリーなのか。
感動なんて、できるのか。
原作を読まずに鑑賞した私。
…結果、ごめんなさい。
初めから終わりまで、泣きっぱなしの115分間。

『ミュージアム』の監禁シーンを撮影中に原作を読んだ小栗さんが、
監禁部屋で泣いたというエピソードを読んだ。
その原作は住野よるさんのベストセラー小説。
2016年本屋大賞第2位。
タイトルに惹かれ、書店で手に取ったことがある。
原作が素晴らしいので、ストーリーや台詞が心に残る。
高校時代と12年後の現在をうまく交錯させ、行ったり来たりする展開。
もうすぐ解体される古い図書館に桜良が現れて笑い声が響くあたりから、
もう涙腺を刺激されていた。

…というより、ヒロイン桜良を演じる浜辺美波ちゃんが素晴らしい。
ドラマ「あの花」でも感じたけれど、雰囲気や声に透明感があって
この桜良の役にぴったり。笑顔がいい。
ほとんどが会話劇で進む。
特に、桜良の台詞が長くて多いから苦労も多かったはず。

高校時代の“僕”を演じる北村匠海くん。
感情を表に出さない、不器用な青年の役がよく似合う。
そういう彼だからこそ、涙を流すシーンに心を揺さぶられるのだろう。

“僕”が偶然知ってしまった、彼女の秘密。
他人に興味がないという、一人ぼっちが平気な僕。
クラスの人気者、人と関わることが好きな桜良。
真逆な2人が次第に心を通わせていく姿が純粋で、
一緒に過ごす数か月のきらめきが眩しくて…
少しでも長く見ていたいと、思わず願ってしまう。

原作にはないという12年後の“現在”…
“一発撮り”をしたという桜良の親友・恭子役の北川景子さんの演技。
号泣する花嫁姿に魅了されて、もらい泣きしてしまった。
大人になった“僕”小栗さんの静かな演技が印象に残る。
声を震わせながら言う台詞と表情が切ない。
そして助演の矢本くん、花恋さん、桜田くん、森下くん、上地さん…それぞれの持ち味を生かした演技。

満開の桜。古い図書館。校舎など…月川監督らしい美しい映像が感動を彩る。
そして、エンディングを飾るMr.Childrenの主題歌「himawari」が感動を盛り上げてくれた。

12年の時を超えて…桜良から届けられる大切な人への想いに
胸を締め付けられて、たくさん泣いた。
…それは、それは、儚くも美しい青春映画だった。

もうすぐ夏休み。
ぜひ中高生に観てほしい。
“君の膵臓がたべたい”…タイトルの本当の意味が分かるとき
これからの生き方が変わるかもしれない。

そうだね。鬱陶しくても、まどろっこしくても…
たくさんの人と心を通わせて、私も生きていこう。»ガイドライン違反報告

投稿:あらりん

評価:5
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

大事なところを~~~。 (投稿日:7/14)

▼ネタばれ(クリックして読む)

桜良は強い!
余命宣告を受けたのに、それを親友たちに知られると、自分に寄り添い、自分がなくなった後も引きずって悲しませたくないからと、相手を思いやって隠し通す。
ただ、一人を除いては………………………。

今回肩こりがひどくって時折寝落ち。
で、やっちまった~ぁ。
元気に出かけるまでは見てたものの………………、その後お葬式だったんで病気で亡くなったとばかり思ってました。
桜良は結局膵臓がんで死んじゃったのかと思いきや、その前に通り魔に刺されて亡くなっちゃうんだよね~ぇ。
ほんの身近な時間、大事な部分を寝落ちしてしまった~ぁ。
でも亡くなってから、桜良が残したメッセージや思い出には泣かされました。
ここは見逃さなくてよかった~ぁ。

»ガイドライン違反報告

投稿:barney

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

オチにビックリ! (投稿日:7/1)

試写にて鑑賞。原作を知らずに行きました。ありがちな若者キュンキュン系かと思ってたんですが、ピュア過ぎて涙・涙でした。作りすぎた感じの涙ものとは違って、浜辺美波+北村匠海の演技が心地よく自然と感情移入していきました。ジャニーズの子じゃないのも良かったと思う。オチに正直えっ?って感じが否めませんが、予想以上に良かったです。カップルちゃん達に見てほしいな♪»ガイドライン違反報告

投稿:6inc

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 君の膵臓をたべたい > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る