映画-Movie Walker > 作品を探す > 光をくれた人 > レビュー

投稿レビュー(3件)光をくれた人は星4つ

「光をくれた人」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

静かなラストが胸を締めつける (投稿日:5/27)

赦しをテーマにした熱い親娘の愛を描いた秀作。
胸がしめつけられるクライマックスに・・涙する。
タイトルを変えるとしたら 「海から訪れた光」»ガイドライン違反報告

投稿:Iwata Hiroyasu

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

切なかった (投稿日:5/12)

家族愛、夫婦愛、親子愛、それぞれの深い愛
そして罪と赦し
とても重いテーマに胸が苦しくて切ないのに
美しい風景や風の音、海と波、光、雲、雨、土
全てが心情とリンクしていて否応なしに
映像に引き込まれてしまいました

子を持つ母として二人の母の気持ちが
理解出来るので余計に心が苦しくなりました
愛とは何か・・・
抗うことが出来なかった犯した罪
夫の深い愛
そして赦しとは・・・

泣かずにはいられませんでした

とても切ない物語の中で最後に邦題である
「光をくれた人」この題名に納得
最後に救われました

今ある幸せを噛みしめながら
人生について愛について真剣に考える
いい機会を与えて頂きました

とても重いテーマではありましたが
観て良かったと思っています

原作を読みたいと思います


子役が凄く可愛い
そして主役のお二人アリシア・ヴィキャンデルと
マイケル・ファスベンダーは実際に交際されているそうで
二人のラブシーンはとても美しくて
髭を剃るシーンはとても微笑ましかったです

試写会にて»ガイドライン違反報告

投稿:aya2017aya

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

切なくて、泣けた~ぁ。 (投稿日:2/21)

二度の流産に深く落ち込むイザベル。
物静かで切なくて…………………………景色が美しい。
考えさせられて、泣けます。

本当の親元に戻った子に、貴方はグレースよというと、いや私はルーシーよと!
何度も同じことの繰り返しに、じゃ~ぁルーシーグレースにしようと、合体させた名前は以外に自然に聞こえた。
イザベルの死後、年老いたトムを訪れたルーシー(グレース)が、ルーシーグレースを名乗ったのには、なんか感動した。
»ガイドライン違反報告

投稿:barney

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

WalkerTouch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
WalkerTouch
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 光をくれた人 > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る